いまを生きるの画像・ジャケット写真

いまを生きる / ロビン・ウィリアムズ

全体の平均評価点:(5点満点)

103

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

ジャンル :

「いまを生きる」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

映画賞受賞作品

旧作

解説・ストーリー

1959年、バーモントにある全寮制の名門進学校にやって来た新任の英語教師。破天荒な授業を通して、詩の美しさや人生の素晴らしさを説く教師に惹かれていった生徒たちは、彼がかつて学生だった頃に作っていた“死せる詩人の会”という同好会を自分たちの手で復活させる。ドラマの背景となる、初秋から冬にかけてのニューイングランド地方の風景も美しい。 JAN:9999203822797

「いまを生きる」 の作品情報

作品情報

製作年:

1989年

原題:

DEAD POETS SOCIETY

受賞記録:

1989年 アカデミー賞 脚本賞

「いまを生きる」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

デイブレイカー

リミット・オブ・アサシン

フック

バッドトリップ!消えたNO.1セールスマンと史上最悪の代理出張

ユーザーレビュー:103件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全103件

ぜひ見てください!

投稿日:2007/11/06 レビュアー:かっぱ

 すごく好きな映画です。何回も見ました。何回見ても良い。色々考えさせられます。色々書いても私の意見なので、見てください、そして感じてください。私の大好きな映画の一つです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

勇気とは何か!教えられます! ネタバレ

投稿日:2007/11/04 レビュアー:virgo

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

伝統校での自由と束縛。
学校で教えるべきとこは何か、何を教わるべきか。
いろいろなことを教えてくれる名画です。

私が強く感じたことは、”勇気”とは!?、です。
自分に正直に生きることは、なんて勇気がいることなので
しょうか。

ルールに従う勇気、破壊する勇気。
親に立ち向かう勇気。子供と向き合う勇気
そして最後…、
机の上に立つ勇気、立たない勇気。
怒りをぶちまけるのは簡単。
こんな学校辞めてやる!と机をひっくり返し、
気に入らないヤツを殴るのも簡単。
でも笑顔で「ありがとう」ということは、難しい。

ロビン・ウイリアムスは当然ですが、イーサン・ホーク
など当時の若い俳優たちの演技は出色です。

必見の映画です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱり

投稿日:2007/08/11 レビュアー:みろ

ロビン・ウィリアムズはいい俳優だなぁ。。。
後で知ったんですが、この人ドラッグに溺れていたそうですね。
自分のそんな経験があるからこそ、人の弱さを理解できる人間、
という役を見事に演じることが出来るんじゃないかな、と思います。
伝統ある学校に、ロビン・ウィリアムズ扮する
破天荒な教育方針を持つ先生がやってきます。
どんどん生徒が生き生きとしていくさまと、
イギリスの美しい風景が心に残る映画です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

先生役N0.1

投稿日:2007/04/09 レビュアー:ユーリ

心や感性を大事にしてくれる、懐の深い先生に出会うと、今までねむっていた若者の才能や本気がめきめき現れてくる。
それは大変すばらしいことだ。

だけど、名門進学校やこんな所に通わす親はそれを嫌う。
平均点に刈りそろえ、規格品のようなエリートを作り出すことしか考えない。
そしてせっかく芽生えた、詩の心、俳優の才能も無惨に打ち砕打ち砕かれる。
大人の価値感の押しつけに耐えきれず、血の涙を流す子供達。

イーサン・ホークの最後の行動はそんな教育、大人たちへの、ささやかだが力強い抗議として胸に迫る。

とりあえず、あたりまえだが、学校の先生、子供を持つ親には見てほしい。
それにしても先生役N0.1は、やっぱりロビン・ウィリアムズ!

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

こんな親っているのかなあ?

投稿日:2007/03/25 レビュアー:タラちゃん

今時、こんな親っているのかしら?と思ってしまいます。
親が「良い」と思うことは親の生きた時代には通用するかも知れませんが、子どもが生きる時代には、通用しないかも知れないということぐらい、今の親なら分かっています。
「良い大学」「良い会社」が幻想であることも今の親なら分かっています。
バブルとバブルがはじけた現実を見てきました。
今の日本には、こんな悲劇はおこならないと思います。
もし、「良い大学」の幻想をまだ持ち続けている親がいたら、あまりにも、現実を知らなさすぎると言うよりほかありません。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

51〜 55件 / 全103件

いまを生きる

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:103件

ぜひ見てください!

投稿日

2007/11/06

レビュアー

かっぱ

 すごく好きな映画です。何回も見ました。何回見ても良い。色々考えさせられます。色々書いても私の意見なので、見てください、そして感じてください。私の大好きな映画の一つです。

勇気とは何か!教えられます!

投稿日

2007/11/04

レビュアー

virgo

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

伝統校での自由と束縛。
学校で教えるべきとこは何か、何を教わるべきか。
いろいろなことを教えてくれる名画です。

私が強く感じたことは、”勇気”とは!?、です。
自分に正直に生きることは、なんて勇気がいることなので
しょうか。

ルールに従う勇気、破壊する勇気。
親に立ち向かう勇気。子供と向き合う勇気
そして最後…、
机の上に立つ勇気、立たない勇気。
怒りをぶちまけるのは簡単。
こんな学校辞めてやる!と机をひっくり返し、
気に入らないヤツを殴るのも簡単。
でも笑顔で「ありがとう」ということは、難しい。

ロビン・ウイリアムスは当然ですが、イーサン・ホーク
など当時の若い俳優たちの演技は出色です。

必見の映画です。

やっぱり

投稿日

2007/08/11

レビュアー

みろ

ロビン・ウィリアムズはいい俳優だなぁ。。。
後で知ったんですが、この人ドラッグに溺れていたそうですね。
自分のそんな経験があるからこそ、人の弱さを理解できる人間、
という役を見事に演じることが出来るんじゃないかな、と思います。
伝統ある学校に、ロビン・ウィリアムズ扮する
破天荒な教育方針を持つ先生がやってきます。
どんどん生徒が生き生きとしていくさまと、
イギリスの美しい風景が心に残る映画です。

先生役N0.1

投稿日

2007/04/09

レビュアー

ユーリ

心や感性を大事にしてくれる、懐の深い先生に出会うと、今までねむっていた若者の才能や本気がめきめき現れてくる。
それは大変すばらしいことだ。

だけど、名門進学校やこんな所に通わす親はそれを嫌う。
平均点に刈りそろえ、規格品のようなエリートを作り出すことしか考えない。
そしてせっかく芽生えた、詩の心、俳優の才能も無惨に打ち砕打ち砕かれる。
大人の価値感の押しつけに耐えきれず、血の涙を流す子供達。

イーサン・ホークの最後の行動はそんな教育、大人たちへの、ささやかだが力強い抗議として胸に迫る。

とりあえず、あたりまえだが、学校の先生、子供を持つ親には見てほしい。
それにしても先生役N0.1は、やっぱりロビン・ウィリアムズ!

こんな親っているのかなあ?

投稿日

2007/03/25

レビュアー

タラちゃん

今時、こんな親っているのかしら?と思ってしまいます。
親が「良い」と思うことは親の生きた時代には通用するかも知れませんが、子どもが生きる時代には、通用しないかも知れないということぐらい、今の親なら分かっています。
「良い大学」「良い会社」が幻想であることも今の親なら分かっています。
バブルとバブルがはじけた現実を見てきました。
今の日本には、こんな悲劇はおこならないと思います。
もし、「良い大学」の幻想をまだ持ち続けている親がいたら、あまりにも、現実を知らなさすぎると言うよりほかありません。

51〜 55件 / 全103件