ウィンターズ・ボーン

ウィンターズ・ボーンの画像・ジャケット写真
ウィンターズ・ボーン / ジェニファー・ローレンス
全体の平均評価点:
(5点満点)

53

  • DVD
ジャンル:

「ウィンターズ・ボーン」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンダンス映画祭でのグランプリ受賞をはじめ各地の映画祭で評判を呼んだインディーズ系クライム・ヒューマン・ドラマ。残された家族を守るため、行方不明となった父を捜して危険な裏社会へと足を踏み入れていく少女の姿を描く。主演はハリウッド期待の新星、「あの日、欲望の大地で」のジェニファー・ローレンス。監督はこれが長編2作目の新鋭デブラ・グラニック。ミズーリ州の貧しい寒村で病気の母と幼い妹弟と暮らす17歳の少女、リー。とうの昔に家を出ていた父が、自宅を保釈金の担保にしたまま失踪してしまい、自宅差し押さえの窮地に陥っていた。そこで彼女は、自ら父を裁判所へ出頭させるため、その行方を追って危険な裏社会へと乗り込んでいくが…。

「ウィンターズ・ボーン」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: WINTER’S BONE

「ウィンターズ・ボーン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウィンターズ・ボーンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 10DRJ20594 2012年04月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
37枚 0人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:53件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 53件 / 全53件

どんより

投稿日:2012/05/20 レビュアー:テツコ

映画は終始、どんよりムードで進む。失踪した父親を見つけないと担保にされていた家を取られる設定。しかし話はヤバい方向へどんどん進むも、結局父親がどんな悪い事をしでかしたかはなかなか明かされず。人間関係も複雑で、誰が親戚で誰が仕事仲間なのかよくわからん。まぁ話はわかりずらいわな。
主演のジェニファー・ローレンスが地味な役どころ、どこかジュリエット・ルイスの若い頃に似てて笑った(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

観ていてただツライだけ。

投稿日:2012/05/06 レビュアー:なっつ

こんな世界があるのかとただツライだけ。
何も残りませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

え〜と

投稿日:2012/04/08 レビュアー:一点突破

いかにも深読みを誘う演出が好きな方にとっては佳品かな。
弟たちはちゃんと通学している、つまり社会と接点がある
環境なのに学校とか役所とか教会とか福祉団体とかに相談
するって状況もありでしょ(ただし保安官事務所を除く)。
それにしても足りない父親の保釈金を用立てたのは
だれ?そしてなぜ?
後半でその金を娘が手にすることでこちらをいくらか
ホッとさせるためだけの伏線?


このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 53件 / 全53件

ウィンターズ・ボーン

月額課金で借りる

都度課金で借りる