ハート・ロッカー

ハート・ロッカーの画像・ジャケット写真
ハート・ロッカー / ジェレミー・レナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

237

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ハート・ロッカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハートブルー」「K−19」のキャスリン・ビグロー監督が、テロの脅威が続く混沌のイラクを舞台に、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班は、班長の殉職を受けてジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。そして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とする3人ひと組の爆弾処理チームは、任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。そんな彼らには、狂気と緊張に満ちあふれた数々の試練や悲しみが待ち受けていた…。

「ハート・ロッカー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE HURT LOCKER
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 作品賞
2009年 NY批評家協会賞 作品賞
2009年 LA批評家協会賞 作品賞

「ハート・ロッカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハート・ロッカーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE73669 2010年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 16人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:237件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全237件

久々に最低の映画を観ちゃいました。

投稿日:2010/10/27 レビュアー:そらへ

戦争賛美の映画は戦争中の国にとっては仕方ないとは言え、戦争賛美そのものでした。

主人公が兵役を終えても、使命感に燃えて戦場に戻るシーンなんかは、実際に戦場で体の一部を失い、戦友を失った兵士にとっては怒り心頭でしょうね。

戦場を知らない人間にとっては、戦争ってカッコ良いみたいな映画ですけど、実際にまだ行われている戦争をお茶かし過ぎですね。

アメリカ政府の肝入りでしょうから、これで一人でも多くの兵隊志願者が増えれば良いと言う兵士志願者募集映画という感じです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

問題提起

投稿日:2010/10/21 レビュアー:わしえもん

うーん、なんか評判が高かったので期待して
観てみましたが、爆弾処理や銃撃戦などの展開は
ドキドキハラハラするのですが、
日本に住んでいるので、戦争や兵隊とは縁遠く
共感出来るモノがなかったです。

しかも、最後の展開は「?」と感じる終わり方でした。

ただ、こういう世界が今も存在するんだという
問題提起にはなっているため、興味深い内容でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ほんとにアカデミー賞?

投稿日:2010/10/03 レビュアー:ヤルタ

こんな映画がアカデミー賞なんですね。
アバターがカワイソウです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アメリカ的な作品で

投稿日:2010/09/16 レビュアー:ハヴィ

アメリカ的なアカデミー賞

第82回アカデミー賞 最多6部門受賞

イラク戦争の悲惨な実態をアメリカ側から見て、ドキュメンタリータッチで描いた作品だと思います。それと同時に爆発物処理班がどれほど孤独で、死と隣り合わせているか判る作品でもあると思いました。

人それぞれではありますが、平和ボケした日本人の私には単純に娯楽的に映画を楽しみたい訳で、正直『アバター』に大差をつけてアカデミー賞を取るほどの作品とは思えませんでした。

しかしながら作品を観て、一刻も早くイラク、アフガンが平和になって欲しいとだけは願わずにはいられません。


このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりアバターネタバレ

投稿日:2010/09/07 レビュアー:ケイアイ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アカデミー賞は、エンタテイメントはだめなんでしょうねえ。こういう社会派じゃないとなかなか賞はくれないのでしょう。どっちがおもしろいかといわれたら、絶対アバター。内容がないなんて批判はなっとくできない。インデイジョーンズに内容があるのか。
 こういう戦争を扱って、娯楽ではなくて、最前線の兵士の姿を生々しくえがいてくれると、イラクはこういう状態という情報は提供されるし、爆弾処理する仕事の人ってすごく大変だし、あんなロボットみたいな防爆スーツ着てても死んでしまうのか、と思うとすごく貴重な映画ではある。でも、やっぱ映画は娯楽だ。
 戦争は麻薬だ、という言葉で、もうラストは想像できるし、あまりに直接的すぎて、この人また戦場に戻ってくるよって、わかりすぎる。もっと家族との葛藤や、口論があってもいいんじゃない。 
 長さは感じない。見ている間ずっと緊張感はある。でもほとんどストーリーはないのだけれど。戦場カメラマンになったような映画。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全237件

ハート・ロッカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる