ダーティハリー

ダーティハリーの画像・ジャケット写真
ダーティハリー / クリント・イーストウッド
全体の平均評価点:
(5点満点)

66

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「ダーティハリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

サンフランシスコ。屋上プールで泳ぐ女性が何者かに狙撃されるという事件が発生した。捜査にあたるのは、いつも汚い仕事をまかされることから“ダーティハリー”なる異名をつけられたハリー・キャラハン刑事。やがて“さそり”と名乗る犯人から「十万ドルを渡さなければ市民を殺し続ける」という脅迫が届いた。予告通り、次々に無差別殺人を繰り返す“さそり”だったが、ハリーと相棒のチコはついに犯人の正体に迫る……。

「ダーティハリー」 の作品情報

製作年: 1971年
製作国: アメリカ
原題: DIRTY HARRY

「ダーティハリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ダーティハリー 特別版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
118分 英語・スペイン語・ポルトガル語・日本語・中国語・ハングル語 英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21516 2002年10月31日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 1人 1人

【Blu-ray】ダーティハリー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/モノラル/日本語
4:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
CWBRY11524 2010年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全66件

最近の刑事物と比べるとかなり地味。犯人も間抜けなのでは?!

投稿日:2007/04/12 レビュアー:チキンハート

面白さ:★★★☆☆
対象年齢:高校生以上(字幕です。ちょっとHな場面あります。当然暴力場面も)
食事中に見られるか:無理でしょう

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お勧め

投稿日:2006/11/20 レビュアー:ぶぶたん

屋上のプールで泳いでいた女性が狙撃されるという事件に乗り込んだ
通称ダーティーハリーという刑事の物語。
よくある刑事ものの火付け役ではなかろうかと思うほど古い作品だが
アクション、内容、演出ともに面白い。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダーティハリー

投稿日:2017/05/02 レビュアー:リュウ

アクション映画を変えたとされているクリント・イーストウッドの代表作。有無を言わさずマグナム44で犯人をぶちのめしていく型破り刑事・ハリーの戦いが繰り広げられる。敵をさっさと倒していく一番先駆けの作品だと思われる。見ていて本当にスカッとする。どっちが勝っても意味がない戦いより、正義が悪を倒す事の爽快感を味わえる。身代金のバッグを片手に方々を走り回されるシーンもあるが、さすがハリーはただでは済まないところがまた面白い。被害者が増えていく中、自由の身である犯人に怒りを募らせるハリーの最後の一撃の爽快感が最高。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ダーティハリーネタバレ

投稿日:2014/10/16 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 サンフランシスコ警察の殉職した方たちの碑のアップから始まり、そこから狙撃しようとしている男が女性を狙って銃撃シーン。現場にやってくる主人公ハリー・キャラハン。
 このオープニングから最高のツカミでした。

 現場に落ちてたメモから犯人は自らスコーピオと名乗り、大金を要求して断れば殺人を予告する。そしてその予告通りに黒人が殺されて、主人公の刑事が立ち向かう話。
 たまたま居合わせた銀行強盗犯をバズーカみたいな拳銃で狙撃してやっつけて決め台詞を決める主人公のカッコよさったらないです。銃声もカッコよくて、主人公が撃つたびに物凄い銃声なのも迫力ありました。

 スコーピオの犯罪と同時に銀行強盗だったり自殺志願者を「さっさと飛び降りろ」と説得何だか何なのかわからない笑える事件が挟まれていきます。
 そしてスコーピオの要求したお金を持って街を走る主人公。そこでボッコボコにされるけど、犯人の足に思いっきりナイフを突き刺す。この時のスコーピオの絶叫が凄いことになってます。

 何と言ってもこの映画の魅力は悪役のスコーピオの極悪非道っぷりでイッちゃってるのが怖いです。クライマックスでスクールバスをカージャックして子どもたちにひたすら歌えと脅すのも狂ってますが、1番怖いのが人気のない場所で黒人さんにお金を渡して何をするのかと思いきや、自分を思い切り殴らせるという。このひたすら殴られ蹴られするシーンも一体何をしているんだろう? と不気味なシーンでした。
 主人公も法的な手続きをせず犯人を撃っちゃって拷問して自供させたりするのがとんでもないです。スタジアムで犯人の撃たれた足を踏みつけて人質の居場所を吐かせようとするシーンで、カメラがグイーンとスタジアムの全景まで引いていくカットとか印象的でした。

 無茶苦茶な捜査のため証拠にならず無罪となった犯人。再び犯行を繰り返し、とうとうキレた主人公。スクールバスを橋の上から見下ろすシーンのカッコいいこと。いつの間にそこに立っていたんだと突っ込んではダメです。
 1971年という時代でもう刑事アクションが完成されてしまっているある意味、罪作りな映画でもあると思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

9/10点

投稿日:2014/05/01 レビュアー:スパイクロッド

我が人生の師匠ともいえるイーストウッドのカッコよさはやはり特大級で、
仕草、言動、信念、そのすべてにしびれまくってしまいましたし、
純粋なる善と純粋なる悪との対決、要するに神と悪魔との対決を象徴的に描き出していた点も要チェックで、
これは実は神による裁きを描いた作品だったわけですね。

神の命を受けて地上の罪を裁く黒い天使ダーティハリー、う〜んカッコいい!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全66件

ダーティハリー