(500)日のサマー

(500)日のサマーの画像・ジャケット写真
(500)日のサマー / ズーイー・デシャネル
全体の平均評価点:
(5点満点)

128

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「(500)日のサマー」 の解説・あらすじ・ストーリー

運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を、青年の心情に寄り添ってリアルに綴る異色のロマンティック・コメディ。主演はジョセフ・ゴードン=レヴィットとゾーイ・デシャネル。監督は新鋭マーク・ウェブ。グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマーに一目惚れしてしまう。やがて、ぎこちないながらもサマーとの距離を縮め、ついに晴れて交際へと漕ぎ着ける。このバラ色の時間がいつまでも続くと信じて疑わないトムだったが…。

「(500)日のサマー」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: (500) DAYS OF SUMMER

「(500)日のサマー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

(500)日のサマーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日 英 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXBR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
165枚 9人 11人

【Blu-ray】(500)日のサマー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 FXXR38650 2010年07月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
59枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:128件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全128件

現実はこんなもの

投稿日:2010/07/13 レビュアー:はなびらもくれん

500日のトムとサマーの物語

ん・・・・
なかなかいいんじゃないかと

でもね
映画くらいは、と思っちゃう
現実的なんだもん・・

ある日何かが違うって気付くのよ
気付いたらもうダメなんだな


映画の雰囲気もいい感じ
でも好みの問題かも

超リアルで現実的な映画を御好みな方
お勧めです

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

恋すると男も女も切ないのねネタバレ

投稿日:2010/07/09 レビュアー:lucy

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジョセフ・ゴードン=レヴィットが好きで公開前から期待してました。
しかもヒロインはズーイー・ディシャネル。海外ドラマ「bones」の
ブレナン博士(通称:ボーンズ)役のエイミー・ディシャネルの実妹。
イエスマンのヒロインでしたね。似てる!

彼女との500日をランダムに見せる、まるで彼女との日々を綴った日記を
ランダムに開いたページから読んで行く様なお話。
主人公のトムからの目線で描かれていて、彼を通して見る彼女は時にミューズ
であり時にデビル(と言うより魅了的なヴァンパイアのよう)。
サマーに翻弄されながらも運命だと思ったトム。
突然彼女が去り間もなく彼女は違う男性と婚約、結婚。
頭の中で何が間違っていて何が正解だったのか、答えのない自問自答を
繰り返しながらもサマーの居ない毎日を送っていた。
ある日、偶然再会して彼女から「正解」を聞く。

「あなたは運命の人じゃない」

トムが彼女を「理屈じゃなく」運命の人だと思った事と同じように
サマーは「理屈じゃなく」運命じゃないと思った。

私のボキャブラリーのない言葉では言い表せない切ない恋愛の
雰囲気が上手に映像になってます。さすがMarc Webb!!
監督のMark WebbはWeezerの「Perfect Situation 」や
My Chemical Romanceの「Ghost Of You 」「I Don't Love You」
を手がけた方です。確かGreenDayもやってたような。
劇中の音楽も良くサントラ購入〜
個人的にはキャメロン・クロウ監督にとってのペニーレインと
重なる印象を受けました。

とてもキュートで切ないけど、恋ってこんな感じ!
一瞬でもこんなに愛されるって羨ましいです。
人を好きになって一喜一憂する感覚が体験したい方に是非!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何かのレビューで高評価だったので

投稿日:2016/07/31 レビュアー:ひろ

観てみました。
サマーという女性との500日のエピソードを前後脈絡なく見せつつ
トムという男性からの目線で描くことでああ、恋は盲目で一方的な
もんだなあと感じさせてくれる。相手がどう思うかが全てなのに自
分がどう思うかが全てになってすれ違っていく。
でもトムの気持ち、男性なのでよくわかります。
二人の気持ちが長く揃って続いていくってことは偶然の所産、ある
いは奇蹟、巡り合うべくして巡り合うことなのかもしれません。

恋愛をこのように客観的に描いてみせ、なるほどね、そうだなあと
思わせるユニークでとても面白い作品でした。
そしてラストが素晴らしい。人生そんなに捨てたもんじゃないって。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ある男と女の何でもない日常を遊び心たっぷりに描く

投稿日:2015/05/08 レビュアー:ひゅう助

友達以上、恋人未満。この関係にどれだけ男が悩まされるか・・・。

くっついたり離れたりを繰り返して、結局女に裏切られる。

甘くて切ないラブストーリーでした。

・・・というか、こんなひどい女いねーだろ!!!とか思ってみたり。

あんだけ引っ張って、「ごめんね、友達としてしか見れないの」だと!この○カ女!!!

まあそんな感じです。

えー映画としてはけっこう楽しめました。

マーク・ウェブ監督が描く遊び心満載の映像に酔いしれる快感がいいね。

☆4つ。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

運命の人でなくても特にセックスしない理由はないネタバレ

投稿日:2014/08/04 レビュアー:number 6

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

運命の人はいる。
ポジティブなことだ。
困ったことは運命の人でなかったために、主人公は振られることになる。

運命の人がいるということはサマーは信じていなかった。
だが、実際には運命の人に会うことになる。

サマーは感情を大事にしすぎているように見えるが、その結果として幸福を掴むことになる。
ADHDっぽい人に見える。

びっくりしたのは「運命の人でない」と感じたら無理に一緒にいる必要はないということ。
運命の人でなくても特に邪険にする必要もない。
「すごく好き」じゃなくても普通にセックスしていいんだ。
それでも特に誰も罰せられない。

感情ドライブを最高の価値としてこの映画では描かれている。

まだこの先には罠があって、感情ドライブの先に何があるかはわからない。
すぐに離婚してしまうかもしれないし、旦那はとんでもないヤツかもしれない。

それでもやはり「運命はある」ということをこの作品は語っている。
まあその本質が「すごく人間として相性がよい」ということだけだとしても。

この作品の言いたいことは2つだけだ。

1、運命の人はいる

2、しがらみを気にせずに直感を信じて自分から声をかけること
  (たとえ、彼女、彼氏がいても)

運命の人などいないと思っていたが、実はそうではないのだ。
だが、そのチャンスは実にはかないので、ちょっとしたチャンスを捕まえない限り、永遠に飛び去ってしまう。
直感を信じること。

--------------------

直感を一切信じない、という立場もあると思う。感情ドライブは盲目であり、利益をもたらす保証はあまりない。
合理性に基づけば、感情に流されずに人間関係も決定されるべきだ。
人間は生物であり、そんなに合理的ではないので、理屈通りにいかないのが困るところだが。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全128件

(500)日のサマー