遊星からの物体X

遊星からの物体Xの画像・ジャケット写真
遊星からの物体X / カート・ラッセル
全体の平均評価点:
(5点満点)

122

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
ジャンル:

「遊星からの物体X」 の解説・あらすじ・ストーリー

氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。

「遊星からの物体X」 の作品情報

製作年: 1982年
製作国: アメリカ
原題: THE THING/JOHN CARPENTER’S THE THING

「遊星からの物体X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

遊星からの物体Xの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 英語 中国語 韓国語 スペイン語 ポルトガル タイ 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30363 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 0人

【Blu-ray】遊星からの物体X(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日 英 解 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/イタリア語
4:ドルビーデジタル/ステレオ/ドイツ語
5:ドルビーデジタル/ステレオ/スペイン語
6:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1030 2010年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:122件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全122件

結構、ドキドキしました。

投稿日:2005/05/10 レビュアー:msd

なんか気持ち悪く変身する宇宙人を見てて
「ザ・フライ」を思い出しました。
あんな変な「生き物」がどうやってUFOを造ったり
操縦できたの・・・爆   知能指数かなり低そうですが・・・

この映画には、むさくるしい、おっさん達しか出てませんね。
若い男、女は無しで・・・でも
結構、ドキドキでした。
最近の映画に飽きた人は見る価値ありますね。
「エイリアン」+「キューブ」=この映画みたいな感じです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

怖いですねー

投稿日:2004/10/20 レビュアー:ひろぽん

いや、よくできてますよ。
昔テレビで深夜に観ました。
いやー、怖かったですねー。
ホラー映画で馬鹿な主人公のせいでドツボにはまるのが我慢ならないんですが、これはよかったです。たしか^^;

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ホラーSFの好きな方は必見!ネタバレ

投稿日:2004/08/07 レビュアー:maki

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

この映画は古いので今20代くらいの方には認知度が低いと思います。しかし、宇宙から来た化け物と戦う様は製作年度の古さを意識させません。最近はCGや物量を駆使した映画が多いですが、ホラーにSFをミックスしたタイプの映画としてはこれは先駆者として知らない方は必見です!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今だにカート・ラッセルの大ファンだ。

投稿日:2004/04/13 レビュアー:ペイジ

この「遊星からの物体X」はアメリカで『E.T.』と比べられ、評論家から無茶苦茶にけなされ、ジョン・カーペンターがハリウッドから干された、いわくつきの作品である。

だが、そんなことがあろうとも、自分はこの作品の大ファンだ。
当時テレビで、この予告を見た時のショックを今だに憶えているぐらいだ。
カート・ラッセルのカッコ良さにもしびれたもんだ。
多分、ジョン・カーペンターの作品は日本人の感性に合っているんじゃないだろうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今時のCGに負けてない

投稿日:2004/04/11 レビュアー:MSZ-006C

この映画は古い映画ではありますが、甘く見てはいけません。
今時のCGを駆使した映画と比べても、それほど見劣りはしないはずです。
ジョン・カーペンター監督による恐怖映画はいろいろありますが、その中でもこの映画は1番の傑作ではないでしょうか。
南極観測基地と言う閉鎖的で、簡単には助けを呼ぶ事も出来ない場所で未知の生物と遭遇し、倒さなければならなくなります。
しかも、「物体X」は相手を取り込み吸収すると、相手の姿になる事が出来るために観測隊全員が誰も信じられなくなります。
そして、次第にしかも確実に一人づつ餌食になっていく心理的な怖さが押し寄せてきます。
「物体X」を倒してしまわなければ、南極から出てしまった「物体X」に世界中が取って代わられてしまうという結論に。
かくして、最後の戦いを挑みますが主人公たちが生き延びる可能性は・・・。
見ても損はない、楽しめる1本です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全122件

遊星からの物体X