フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットの画像・ジャケット写真
フルメタル・ジャケット / マシュー・モディン
全体の平均評価点:
(5点満点)

133

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フルメタル・ジャケット」 の解説・あらすじ・ストーリー

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

「フルメタル・ジャケット」 の作品情報

製作年: 1987年
製作国: アメリカ
原題: FULL METAL JACKET

「フルメタル・ジャケット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フルメタル・ジャケットのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

フルメタル・ジャケット

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で’・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21154 2002年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 1人

フルメタル・ジャケット デジタルリマスター版

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//ポルトガル
3:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRY18470 2008年07月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 4人 1人

1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】フルメタル・ジャケット(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語・北京語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
WBRY18627*B 2009年11月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 6人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:133件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全133件

Shoot meネタバレ

投稿日:2008/06/10 レビュアー:ムギワラネコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

戦争を描いた映画は大好きなジャンル。
その中でも、「フルメタル・ジャケット」は不動の一位です。

オープニングは、あまりにも有名なハートマン軍曹の登場。
下劣極まりなく、かつ淀みなく、新兵へのマインドコントロール第一歩として、人格を踏みにじって潰してしまう有り難い訓示。
その後も、訓練中にかける言葉や合図の声の通り具合、さすがホンモノ、迫力です。
ですが、字幕でしか理解できないニュアンスのかすかな違いがあるだろうことを思うと、ちょっと自分が残念。

この映画は、とかくこのハートマン軍曹が取り上げられがちですが、自分にとってはそれよりも、この作品が「戦争による狂気」を、取り分け過剰演出することなく描いていることが、何よりの魅力です。
何も出来なかった新兵が、立派な殺戮マシンに育て上げられ、逃げまどうベトナム民間人を笑いながら撃ち続けるモンスターになってしまうことさえ、笑いを交えて描かれています。だからめっちゃ怖いんです。

自分にとってのキューブリックは、「あるシーンが鮮明に、脳の奥深くにべたっとプリントされる」という作品であり、だからこそ何度も観てしまいます。

この作品では、どこがプリントされたかというと、まずは、厳しい訓練やいじめに耐えきれなくなった兵士が、狂気に転じて「フルメタル・ジャケット」をぶっ放すシーン。ピッカピカに磨き上げられたトイレの壁に、「ほほえみデブ」の鮮血が飛び散ったところ。

そして一番印象的なのは、ラスト近く。
複数の米兵相手に、たった一人で立てこもっていた優秀なスナイパーであるベトナム女性兵士(民兵?)の最期。
瀕死の重体で、最初は何やらベトナム語を呟いていたけれど、周囲を米兵に囲まれ、最早これまでと覚悟をし、絞り出すような声で、「Shoot me・・・」と訴えるシーン。
このシーンを初めて観たときは心拍数が上がるほど、底知れぬ恐怖を感じ、以降、戦争の話を見聞きするたび、プリントされた映像が出てくるのです。

その直後の「ミッキーマウスマーチ」がラストシーン。
やっぱりキューブリックが好きです。

10点中10点です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

とてもおもしろかった

投稿日:2008/04/16 レビュアー:ウーベ

星★★★★★です!

キューブリックって本当に戦争が嫌いなんだなと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何を言いたいか良く分からん ☆☆★

投稿日:2008/02/21 レビュアー:ハチロー

ベトナムものと言えば
「プラトーン」がまず上げられます。
次いで「ハンバーガーヒル」
この作品は非常に地味ですね。
「プラトーン」は戦場の狂気みたいなものを描いておりました。
狂気だけの「地獄の黙示録」と言う作品もありましたね。

まあ描くアメリカ軍隊は同じような物です。
士気を高めるためにえげつない言葉を使います。
前半は兵学校時代の落ちこぼれデブの葛藤を描いてます。
実際軍隊にはこのような気のふれた落ちこぼれが存在したのでしょうね。
後半はひよっこ兵の実戦です。
女一人の敵狙撃兵に翻弄されます。

何を言いたいか良く分からん作品です。
観るのに3ヶ月掛かりましたから。
あまり面白くなかったんでしょうね。
ベトナムものではアメリカ人が国を守るとか大義名分の無いもともと他国の戦争です。(背後にソ連との戦いみたいな社会主義vsみたいな思想と武器や軍事品と言った経済的なものもありますが)
アメリカ国民としては大事な若者の命をかける戦いで無かったような描き方が多いですね。「ランボー」とか。
この作品はその辺が薄いです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

星:2.5点 「ハ〜フメタル・ジャケット」ネタバレ

投稿日:2008/01/30 レビュアー:Miching Mallecho

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

う〜ん。どうなんでしょ。正直イマイチでした。
この監督って、部分的にはすごくいいものが撮れても
作品全体としてまとめられないことが多いと思います。
"変質+偏執"って感じが強すぎるっていうか。
この作品でも、前半と後半の出来にむらがあって、
前半と後半のつながりもあまりうまくいってないのでは。
前半は、ちょっと長過ぎてしつこい感じはしますが、
まあ観てて面白いです。特に鬼教官と微笑みデブがいい。
でも前半最後のトイレのシーンはどうなんでしょ。
微笑みデブの狂気顔のショットは、
1987年なのにまたこれか〜、って感じもしてしまいます。
馬場の16文で「オオ〜!」ってうならないといけないみたい。
32文のドロップ・キックだったらビビって拍手ですけど。
お約束の域を出ないし、物足りません。
「馬場うごけ〜!」「もっと違う技みせろ〜!」って気分になります。
後半は、売春婦とのやりとりとか笑えましたが、
それ以外はなんか面白くありませんでした。
主人公ジョーカーがキャラ的に弱すぎるのが原因でしょうか。
興味をかきたてられるようなキャラじゃありませんでした。
前半、鬼教官と微笑みデブに全部もっていかれてたので、
後半になってそろそろがんばるかってことになってもtoo lateです。
それに、撮り方がきまってる割に、撮れてるものが貧弱な感じもします。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

喪失ネタバレ

投稿日:2007/10/11 レビュアー:シュウジ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画が始まってから暫く何十分もの間、延々と軍曹が生徒に口汚く罵る訓練シーンが続くのには面食らってしまったが、こんなものは、まだ序の口であった。

 軍事学校で徹底的に自己を喪失させられて、戦争をするためだけの道具に創り上げらる。

 そして、いざ戦場で戦っているうちに殺人鬼が出来上がる。

 銃撃戦で仲間が殺され、「お礼参り」に向かってからのシーンは、とにかく恐ろしいほどリアルで、「私を撃って」と乞う彼女を私は正視できなかった。

 この映画は戦火での兵士の姿と戦場の悲惨さを徹底的に映している。
 しかし、一切涙を流す姿を見ることはできない。


 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全133件

フルメタル・ジャケット