Vフォー・ヴェンデッタ

Vフォー・ヴェンデッタの画像・ジャケット写真
Vフォー・ヴェンデッタ / ナタリー・ポートマン
全体の平均評価点:
(5点満点)

244

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の解説・あらすじ・ストーリー

アラン・ムーアとデヴィッド・ロイドによって80年代に発表されたコミックをベースに、「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が脚本化したサスペンス・アクション。独裁国家となったイギリスを舞台に、反ファシズムを掲げテロ行為を繰り返す謎の男“V”と、その戦いに巻き込まれていく一人の女性の葛藤と成長を描く。テレビ局で働くイヴィーはある日、外出禁止時間に表を歩いていたところを運悪く秘密警察に見つかってしまう。そんな絶体絶命の危機を、彼女は“V”と名乗る謎の仮面男に救われる。しかしVは、たった一人で独裁政権に反旗を翻すテロリストだった…。

「Vフォー・ヴェンデッタ」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: イギリス/ドイツ
原題: V FOR VENDETTA

「Vフォー・ヴェンデッタ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

Vフォー・ヴェンデッタの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 DLR82919 2006年09月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
50枚 0人 1人

【Blu-ray】Vフォー・ヴェンデッタ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
132分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 WBRY11701*B 2009年07月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:244件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全244件

照れくさいが面白い!ネタバレ

投稿日:2007/01/16 レビュアー:みなさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

最初はどうなるかと思った。(笑)Vというキャラクターの造形があまりに大時代がかっていたからだ。冒頭、装飾華美なセリフをまくし立て始めた時は正直、目がテンになった。いまどきのセリフじゃあ、ない。シェークスピアじゃあるまいし、尻のあたりがこそばゆくて仕方なかった。(セリフは衒学的だが、振り付けられた動作ほどには物腰が優雅ではないのが難点)それでも、ナタリー・ポートマンの熱演に支えられて物語りの構築が進むといつの間にか、その世界に引き込まれていた。

独裁者による圧制、市民のほう起、革命という現在ではやや古いタイプのストーリーは、いま流行りなのだろうか。『リベリオン』なんかが印象に新しい。自家中毒気味の政治や混沌とした世界情勢への不安の現れか。反体制の活動を描く映画は、人間らしい自由を勝ち取って終わるのが常道だが、残念ながら本作でそのカタルシスを味わうことは出来ない。

予定調和のようなラストはいただけないが、Vのセリフに馴れれば楽に観ることが出来る。

ディスクには『スーパーナチュラル』の第1話が収録されており、こちらもなかなか面白かった。
お得な一枚である。

オススメ!!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「復讐」に身震いするほど胸を熱くするモノ☆すべては自分のやり方で

投稿日:2006/11/21 レビュアー:ケイ

さて朝夕の寒さが厳しいこの頃、でも、夜の月や朝の富士山は一番キレイな季節ですよね〜〜〜・・・
ところで、この作品はね、現実社会の偽善と歪みををブラックな虚像を通して鋭く反映させた佳作的作品デスネ。ただ部分的にやり過ぎなのでは???と思われる人に対するギリギリの制裁シーンもあり「V」が単なる狂人としてしか感じられない展開もあるが、しかしそれはその人間の一部を見るか全体を見るかという、観るものの考え方、気質、年齢などいろいろな理由に左右される基点なのかも。また、「V」のイヴィーに対する拷問(制裁)は現実社会の中の「辛い経験を通して強くなれ」的な偽善を反映している恐ろしいシーンで、とても虚像の世界だけの出来事ときめつけられないような生々しい展開だったネ。。。もちろんイヴィもまた味方、友人であることを利用して優位に立とうとしたことが「V」の行動になんらかの影響を与えたことは否めない。結局すべての思考、行動には誰かの思考、行動が絡み合いすべてが影響しあってなんらかの展開が起きるということだ。すべてが、どんなことも、誰でも皆同じように・・・。そこに偽善がある限り。しかしながら、この作品の「黒」の質感はとても美しい。「白」と「黒」の対比、「明」と「陰」の対比が優れている。始まりの鏡像の対比・・・出会うことでお互いを自己認識できるという展開の伏線だと。そして浄化に辿り着く終盤の展開へと続く。また、この作品は吹き替えだけでなく、字幕で「V」の生声も堪能するべし。この俳優の流れるような詩的な、歌うような話し方は聞き逃さずにしっかりと堪能しなさい!!!そう、最後まで仮面をはずさない演技は、声や仕草で「V」の存在を前に出さなければならず、はなはだ勇木がいる役だったカモ・・・だがその結果、顔は見えなくても鳥肌が立つようなかっこいいキャラを生み出し、「V」の「復讐」への強い意志を満喫できた。ひとつ文句をつけるとすれば、刑事(警視?)が事務所?のような場所でだらだらと事件について語り続けるシーン・・・それまでのスピード間あるバランスがちょこちょこ途切れてしまい、ちょっとムカっとする展開ダネ。うん×2。まあ、早送りなどする黄にならない完食必至の世界を持つ希少作品なのは間違いナシと。はいはい。あ、これはイギリス、ドイツ作品・・・ふうん・・・ま〜〜〜TVドラマ・スペシャル系映画ばかりのこちら日本作品に比べて、やっぱりあちら外国映画はホントに「映画」的だと。ナノデやっぱり響いてくるツボが違うね、全然。うん×3。まあ、オススメ、予約して、とは積極的には言えないが、機械があったらひとつ観賞経験してみてもイイカモ???ネ。興味津々の皆様はじっくりでもお気楽にでも、頭カッラッポででも、人それぞれの好みでそれぞれのドラマをぜひ×3お楽しみくださいませ。ではでは皆さん、今日はここまで。。。どうぞお願いせます〜〜〜・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

結構好きでした

投稿日:2006/11/03 レビュアー:すぅさん

あらすじも把握せずに観たので、始めは?となったりもしましたが、結構面白かったです。オペラ座の怪人と近未来マンガを融合させたら、こうなるかな・・といったところでしょうか。

Vは常に仮面で、ニィっと笑った顔なのですが、これで色々な感情を表現できてるのが不思議だし、紳士的な所作が素敵でした。
あと、簡単に好きだの何だのとならない所も、個人的には良いです。

国民を、テロに対する「恐怖」で支配していき、それで「この政府は必要なんだ」と思わせる・・なんて、思わず今のアメリカを連想してしまいましたが、あまり深く考えず、普通に楽しみました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待せずに見たら

投稿日:2006/11/01 レビュアー:nagare

 意外と面白かった……

 ナタリー・ポートマンとヒューゴ・ヴィーイングを見たいがために見ました。ヒューゴの素顔が最後まで出てこなかったのは、ちょっと驚きました。

 内容よりも、映像が楽しかった、という感じです。内容は賛否両論だと思いますが、なかなかシュールで好きです。時間が長いのですが、それを忘れさせるくらい、展開にリズムがありました。
 何がいい、とハッキリいえないけど、妙に「好き」と思える映画でした。

 何だろう?? Vのエプロンして料理している姿が妙に可愛くて印象的。とりあえず、Vの身のこなしが素敵でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

 

投稿日:2006/10/04 レビュアー:ぴぐぽぐ

これは、全くなんの予備知識もなく見ました。
何度か寝ました。

ダメだった。
ナタリー・ポートマンが何で坊主頭にまでなって頑張ったのかしら?とおもわせる内容でした。でも、坊主になってもあんな格好でも、美人は美人だね〜。

これは原作漫画か?と思ったらやっぱり。
後からレヴューよんで、Vがヒューゴだったと知ってびっくり。あの、炎の中のむきむきのもかしら?

いろんなVが語呂合わせのように出てくるのが面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全244件

Vフォー・ヴェンデッタ