ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュの画像・ジャケット写真
ビッグ・フィッシュ / ユアン・マクレガー
  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ビッグ・フィッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。

「ビッグ・フィッシュ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: BIG FISH

「ビッグ・フィッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD34933 2004年10月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
84枚 2人 3人

【Blu-ray】ビッグ・フィッシュ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR34933*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 1人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:225件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全225件

父の話を久々にじっくり聴きたくなりました

投稿日:2006/12/01 レビュアー:雪見草

 ラスト30分、あたたかい涙がとめどなく流れて止まりませんでした。

 お父さんが語るお伽噺はじつに夢があって素敵なことこの上なく。その映像美、シュールさ、ブラックユーモアのさじ加減、若き頃のエドを演じたユアン・マクレガーの好青年ぶり、現実と幻想の絡み合いかた、すべてが好ましく目に映りました。愛にあふれたとても素敵な映画です。
 見終って、レビューの全部を読ませてもらいながらまた泣けてきて、たくさん投票しちゃいました(^^ゞ)。本当に多くの人に見てもらいたい作品です。

 わたしの父も話し好きで、父の子ども時代や若い頃の苦労話を幼い頃からよく聞かされてきたので、いつしか同じ話が始まると(もう何度も聞いたよ、その話は)とうっとうしがるようになってしまっていました。
 だから、同じホラ話を延々聞かされてきた息子の「真実を聞かせてくれ、本当の父さんを見せてくれ」と言いたくなる気持ちはすごくよくわかる。けれどお父さんのエドは「私はいつも自分そのものだ。それが見えないのはお前が悪い」と言います。わたしもここ数年で、エドの言葉の通りだと素直に思うようになりました。
 この映画を観たら、父の昔ばなしを久々にじっくり聴きたくなりました。父が生きているうちに、生の声で聴かせてもらえるうちに・・・。わたしにとってこの映画は、父を想いたいとき何度でも見返したくなる作品になりました。
 
 ユアンのはまり役をはじめみなさん役柄をしっかり好演しています。スティーブ・ブシェミしかり。なんといってもジェシカ・ラングが素敵です。ホラ話もひっくるめて夫を深い愛情で包み込んできた妻の役を言葉少なななかに表現しきっていたのはさすが!
 夫婦の入浴シーンは涙があふれました。あごをなでる仕草といい台詞といい忘れられないシーンです。年を取ってもこういう夫婦になりたいわぁ。
 

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

でも、みんなに愛されてるパパでいいなあ。ネタバレ

投稿日:2006/10/01 レビュアー:フェネック

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

どこまでが真実で、どこからがホラ話なのか 息子はもとより、見ているこちら側も判らない。でも、周りの人は判ってる感じ。
一言、一度でもパパが「これは嘘。」っていってくれると気が楽なんだろうけど。
ボケ・突っ込みの、突っ込みをしてくれる人がいれば、きっと息子も楽しめたんだと思うよ。ボケも、そればかりでは辛いから。
んで、また、そこからホラが始まってもいいからさ。

正直 ホラ話なのか、本当の事なのかどっちでもいい感じ。

だって悪さをするんじゃなく 人生を楽しむためのホラ話だから・・・。

私って このお話の良さが判ってない?全然?・・・やっぱり。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

個人的に思い入れの深い作品です

投稿日:2006/08/11 レビュアー:オリーヴ

息子の気持ちがよくわかります。わかりすぎて、後に続く言葉がみつかりません。自分に近しい場合、あまり立ち入って語れないものですね。
とても美しいですし、わかりやすく、テーマもしっかりしているので、親は親で、子は子で、いっしょに見るよりは、(少し照れるから)別々に見た方がお互いをおもいやれるかな、なんて思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

親子の対話

投稿日:2006/04/11 レビュアー:DeepBlue213

父と息子の対立と和解といえば平凡なストーリー。
だけど、この父親はとっても話がうまかった。
おかげで息子は大人になっても、なにが真実かわからない。
そのせいで距離を置いていた親子だったが、父親の病をきっかけに溝を埋めようとする。
確かに、同じ話を何回も聞かされていたら嫌になるのもわかる。
でも息子に話を聞かせる父親って、今では貴重じゃないのかな。
心温まるドラマだった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

奇才!

投稿日:2005/11/30 レビュアー:しゃけ

幅広ーーいジャンルを手がけるティム・バートン。
こんな作品も作れるのか・・・まさに奇才。

父の語る夢物語は、空想だけではなかった。
彼の豊かな想像力と、相手を楽しませよう、落胆させないようにしようという
愛情から、尾ひれがついたものだった。
それに気づいていく息子、分かり合っていく過程での父子の想いのみならず、
その全てを分かっている妻(2名)の包容力に涙した。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全225件

ビッグ・フィッシュ