墨攻

墨攻の画像・ジャケット写真
墨攻 / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
ジャンル:

「墨攻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離(かくり)の活躍を描いた森秀樹の同名コミックを、中国・日本・香港・韓国の合作で映画化した歴史アクション超大作。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。監督は「流星」のジェィコブ・チャン。紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった…。

「墨攻」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 中国/日本/香港/韓国
原題: A BATTLE OF WITS

「墨攻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

墨攻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX3866 2007年07月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全163件

☆4つ

投稿日:2007/09/25 レビュアー:こうじ

昔、絵はあまり好きでは無かったのですが
内容にに惹かれ全巻読んだマンガです
好きなマンガだったのでかなり期待してました
期待は裏切られませんでした

ストーリーは大国から今まさに滅ぼされ様としている小国を
墨家の天才戦術家こと主人公の革離が助ける事になった事から
始まる戦系・史劇

アンディ・ラウがどのように革離を演じるのか
とても興味があった作品
マンガ同様に良い感じで孤独感や虚しさが伝わって来ました
戦闘シーンも結構迫力ありました
しかし、許せんですなあ・・・まあ皆が思う事でしょうが
うーんスッキリ出来ませんなぁ
テロップで5年もですもんねぇ長すぎるのでは
とは言え、ほんのちょっぴりスッキリ出来たかな
ラストの隊長と2人の兵士が・・・この作品の意図が感じれて良かったなぁ

テンポは飽きずに観れたので良い筈

小が大を喰らう戦術、是非観て下さい
借りても良い作品

出来れば完結では無く続編も作って欲しいです

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヒューマンな映画です・・・ネタバレ

投稿日:2007/09/15 レビュアー:たっちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

戦略とか大好きなので楽しみにして観ました。戦闘シーンとか、よく撮れてて迫力がありました。でも意外にヒューマンな映画で感銘を受けるとこもありました。期待以上に結構、好きな映画で、評価は、ほんとは3.5だけど、★★★★☆。

墨家というのは知らなかったのですが、戦闘集団でありながら平和主義なんですね。決して自ら攻めず(非攻)、自分だけでなく他の人も平等に愛する(兼愛)という考えは、平和に対する考え方として、正しいと思います。テロなど、世界情勢が不安な今、世界が非攻兼愛なら良いのに、と思います・・・。
でも映画の結末にあったように、所詮、その思想は綺麗ごとと思う人の方が多いですよね。程度の大小はあるけど、あの王様のように人間なんて自分が一番大事なんだと感じます。けど、もし墨家の心があれば、あの王様も、まともに死ねたとも思います。

そして、革離自身が途中で悩むシーンがありますが、それが胸を打ちました。理想と現実とのギャップ、それを悩みながら埋めていくことが成長であり、人生の苦悩と日々の大切さを少し感じられる良い映画だったと思います。

それとアンディ・ラウはカッコいいですね。自分も短髪で髭をはやしたくなりました。格好を真似るだけでなく、彼の人としての魅力を学べたら良いな〜と、つくづく思いましたね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

超かっこいいネタバレ

投稿日:2007/09/09 レビュアー:ふぁんたじすた

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

“墨守”や“墨家”というのは全然知りませんでしたが、この革離という人物の活躍と人柄にとても引き込まれる作品でした。

知的戦略と厚い人望とアンディ・ラウの渋さはかっこいいの一言です。まさにHEROといった感じですし、その他の武将も魅力的な面々が揃っているのでとても面白い作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

漫画が原作と聞いて納得

投稿日:2007/09/03 レビュアー:redrose

評価:★★☆☆☆(2つ)

恋愛シーンがあったり、将軍がアホだったり、首領が自己中だったり、見ていてあまりもに設定が貧弱で変な歴史?と、歴史事実に基づいて作られた映画だと思い込んで見ました。

漫画が原作と聞いて納得しました。

サラウンド6.1chの迫力はありますが、それ以外に良いところは無かった映画です。

お勧めはできない映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作は漫画なの

投稿日:2007/08/22 レビュアー:無駄口

 作品を見ていてずーと感じていた疑問は、こんな話だったけ。で、見た後に原作(酒見賢一)を読み返してみてさらに頭の中は?で一杯に。友人と話していてようやく原作が漫画だと知りました。残念ながら未読。

 原作から想像していたのとは、かなり感じが違う。こんな甘い話だっけ。作品自体はそれほど面白くは無いな。演技としては、アン・ソンギとウー・チーロンが良い。男の矜持と言うか、生き様が格好良くえがかれていた。男とはかく在りたいものです。

 アンディ・ラウはイメージが違うな、墨家って感じじゃないもんな。そこで気づくべきか。実際最後は墨家らしくないし。

 結局この作品は何を伝えたっかたのかな。分からずじまい。 俺的に分かったのは、香港の女優さんはやっぱりきれいだなってこと。今後ファン・ビンビンの動きに目が放せそうもありません。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全163件

墨攻

月額課金で借りる

都度課金で借りる