unknown/アンノウン

unknown/アンノウンの画像・ジャケット写真
unknown/アンノウン / ジム・カヴィーゼル
全体の平均評価点:
(5点満点)

86

  • DVD
ジャンル:

「unknown/アンノウン」 の解説・あらすじ・ストーリー

 閉ざされた廃棄工場の中で意識を取り戻した5人の男たち。彼らは全員記憶を失っていた。やがて、わずかな手がかりから彼らのうちの2人が誘拐された人質で、残る3人が誘拐犯であることが明らかとなる。しかし依然として誰が人質で誰が誘拐犯かはわからないまま。誰もが混乱する中、突如鳴り響く電話のベル。それは誘拐犯のボスからで、日没までにはここへやって来るというものだった…。過酷なシチュエーションで生き残りをかけた戦いを繰り広げる5人の男たちをスリリングに描く心理スリラー。監督は長編デビューとなるサイモン・ブランド。

「unknown/アンノウン」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: UNKNOWN

「unknown/アンノウン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

unknown/アンノウンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
85分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCBP71540 2007年07月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:86件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全86件

誰も知らないネタバレ

投稿日:2008/05/16 レビュアー:ナビ助

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

直訳するとこんな感じでしょうか?
まんま邦画と被っちゃいますけど。。。

吸い過ぎると死んじゃうけど、ほどほど中毒症状になると記憶
喪失になるガスが漏出!ご都合主義が過ぎますね!

みんなが記憶を失ってどうやら密室内の構成比率が、被害者2人
誘拐犯3人と判明するもののつまるところ自分が「どっち側か
判らない」という居心地の悪い中でおかしな共同戦線が張られる
展開はちょっとほのぼの系?

ラスト間際で明かされる本当の構成比率は被害者2人、誘拐犯
2人、残る1人はあっと驚く為五郎!(古くてスイマセン)

社長婦人を演じたモナハンの存在感が際立つラストショット!!
見違える程、艶っぽい彼女が与えるディープインパクト!!!
最後の煮え切らない展開にアナタはキレますか?
ワタシはやられちゃいました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うーん若干期待しただけにガッカリ・・・ネタバレ

投稿日:2008/05/03 レビュアー:ミサイル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

冒頭、誘拐犯に身代金を渡すためのシーンは、以前あった映画のスピードじゃんって。
その時点で、ドン引きです。
身代金を持った工事現場風に変装した犯人と追いかける警察。
途中、犯人と警察官の一人がバッタリ!犯人と気づくポイントも、よくある映画のワンシーンです。

登場人物の中の眼鏡の元気なおじいさんは、結局どんな人なのかはっきりしないまま。

やりっぱなしの、突っ込み所満載の映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

舞台劇のような映画

投稿日:2008/05/01 レビュアー:マリコ

ブロードウェイの脚本か何かだったのですか?
映画的な脚本でないので、つまりは映画っぽくない。
演劇だと演出次第で面白いストーリーかも知れません。とか言っても一回しか見ていないし、意外な伏線があることを祈りつつ二回目を見ます。だって、役者が揃っているもの。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「自己の過去」の喪失ネタバレ

投稿日:2008/04/27 レビュアー:月猫

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作品の評価が☆三つだったので、たいして期待していなかったのですが、結構おもしろかったです。

記憶喪失。
自分が誰かもわからない。
名前も過去も、顔すらも。
信じるべきものもわかならない。
自分か他人か。
当然、自分は「善」側の人間のはずだ。
では、誰が味方なのだろうか。

物語はこうして、謎を残したまま進んでいきます。
だけれど、ストーリーが進むにつれ、不安が顔をもたげてくるわけです。

己を信じていいのかだろうか。
もしかしたら、極悪非道な人間だったかもしれない。
過去の自分は、果たして本当に犯罪者ではないのだろうか。

断片的に過去の記憶が戻り、自分の正体を知りはじめる。
仲間と思っていたひとの、実は敵かもしれない、という過去。
そして、そのひとを殺さないといけないかもしれない、という未来。

苦痛です。絶望です。
それ以外にありません。観ている側も悲しいです。

そう。それがラストのどんでん返しまでの感想です。
ラスト、返ったと思ったら、また返った。
思わず、「え〜、そうなのぉ」と呟いてしまいました。
結構意外なラストだと思いました。
後味がいいかは別として。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

まんまと

投稿日:2008/03/14 レビュアー:kote

最後のどんでん返しに えぇ〜っとなった...
誰が悪もんな〜ん?と 集中して観れたし
おもしろかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全86件

unknown/アンノウン

月額課金で借りる

都度課金で借りる