dot the i ドット・ジ・アイ

dot the i ドット・ジ・アイの画像・ジャケット写真
dot the i ドット・ジ・アイ / ガエル・ガルシア・ベルナル
全体の平均評価点:
(5点満点)

119

  • DVD
ジャンル:

「dot the i ドット・ジ・アイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

ロンドンに暮らす美しいスペイン人美女カルメンは、郊外の邸宅で優雅な生活を送る優しい恋人バーナビーにプロポーズされ、これを受け入れる。幸せを噛みしめるカルメンは、ある夜女友達だけで独身最後のパーティ(=ヘン・ナイト・パーティ)を開いた。そして、パーティの決まりに従い、その場にいる一番セクシーな男性とキスすることになった彼女は、ビデオカメラを手にした青年キットを選ぶ。ゲーム気分の気楽なキスのはずが、唇を重ねた瞬間、彼女はキットこそ運命の男だと確信してしまう。やがて、何かに導かれるように再会する2人だったが…。

「dot the i ドット・ジ・アイ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: イギリス/スペイン
原題: DOT THE I

「dot the i ドット・ジ・アイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

dot the i ドット・ジ・アイの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
92分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 OPSDR279 2005年03月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:119件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全119件

不思議な話し…

投稿日:2005/05/31 レビュアー:hime

今まで見たこと無い感じの作品でした。
ドラマ?サスペンス?
話しが二転三転して、掴みどころのないまま終わってしまいましたがおもしろかったです。
主演の二人初めて見たけどとても素敵でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待しただけに…ネタバレ

投稿日:2005/04/06 レビュアー:ネイビーブルー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジェームズ・ダーシーとガエル・ガルシア・ベルナルの二人のいい男共演ですごく期待してみたのに、がっかりでした。

話の構成もところどころに挟まる映像もすごくよかったのに、肝心の女性に感情移入できませんでした。

だって、結婚して誰かを好きになる事だってあるのに、婚約中に他の男性に心を奪われてもいいんじゃないのかな?
ダメなら、ダメでもっと葛藤とかそういうのがあっていいと思う。
それにあんなに気の強い女性が仕返ししない訳がない。
最後も申し訳ないけどあっさり予想できた結末でそれまた残念。
もっと、儚げな女優さんとかイメージの違う人を持ってきたらよかったのかも。
だけど、ジェームズ・ダーシーの演技には唸らせられました。
俳優ならきっとスクールとかで、必ずやるようなことなんだろうけど、目の当たりに見て本当に上手い役者さんなんだと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ナイス スペイン美女!

投稿日:2005/03/11 レビュアー:Kyoro

ヒロインが短気(自分で言っている)かつ庶民的で、ものすごく好感が持てました。

サスペンスということで、どいつがどいつとと考えながら見ていて、だいたいは分かったけど、最後の最後にこうだ!とまでは予想できませんでした。

ガエルくんの笑顔、とてもかわいい。八重歯?がいい。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

好みもあるが、美男美女の共演と、予想外の展開。

投稿日:2016/06/10 レビュアー:ちゅく

「Dot the i ドット・ジ・アイ」(2003年、イギリス/スペイン、カラー、92分)。

「好み」は、俳優陣への好みと、物語の展開への好みの両方があります。

「サイコ・スリラー」というカテゴリーになっていますが、後半60分過ぎまで、恋愛映画です。不思議な味わいの映画です。

ロンドン。
カジュアルな、フロアの広い料理店。
スペイン人の女性カルメン(ナタリア・ベルベケ)は、恋人バーナビー(ジェームズ・ダーシー)のプロポーズに喜ぶ。
彼は、裕福であった。

結婚が決まった女性が、独身最後のパーティを親しい女友達だけで開く、「ヘン・ナイト」(hen night/めんどりの夜)という習慣。
パーティーの「フランス」風のルールでは、明日の花嫁は、その場にいるもっともセクシーな男性とキスをすることになっている。
付け髭のカルメンは、自信満々のマッチョな男から目を逸らし、小柄なハンサム・キット(ガエル・ガルシア・ベルナル)を選ぶ。

二人のキスは、長く続き、しだいに、店の中は静かになる。まだ、続く。

本当の恋に落ちたように見える。

キットの友人役で、ブレイクする前のトム・ハーディが「トム」役で出演。
もう一人の友人役チャーリー・コックス(「テオ」)とともに、妙に映画オタクっぽい……。

カルメンが、フラメンコを踊る場面は、圧巻。
このナタリア・ベルベケという女優は、本当のダンサーであったのだろう。
彼女を見るためだけに、この映画を見てもいいと思う。

最初から、カルメンやキットをそっと撮った映像が流れる。

最後の30分間くらいは、「サイコ・スリラー」というより、どんでん返しのサスペンス物になる。
ここが好みの別れるところです。

普通の恋愛ドラマで終わっても、よかったのではと思う。
ただ、それでは、この映画は他の多くの作品の中に埋もれてしまう。

そこで、この奇抜な脚本にしたのだろう。
正解かもしれないが、かなり強引である。

この映画を2回目、見ていますが、魅力は、カルメンのフラメンコと、最初の長いキスです。

ナタリア・ベルベケは、その後、どうなったんでしょう。2000年以降、出演映画がないようです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お粗末様でした。

投稿日:2011/04/21 レビュアー:NON

この作品をお好きな方々には申し訳ありませんが、つまらない作品でした。

ヒロインの恋人バーナビーが殺されても何度も生き返るキャラなら笑えるのに・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全119件

dot the i ドット・ジ・アイ

月額課金で借りる

都度課金で借りる