ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・トランスレーション / ビル・マーレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ロスト・イン・トランスレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めていた。さらに、息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXが届き、時差ボケと共に気分が滅入ってしまう。一方、同じホテルにはフォトグラファーの夫ジョンの仕事に同行してきた若妻シャーロットが滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせた2人は、やがて言葉を交わすようになる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN TRANSLATION
受賞記録: 2003年 アカデミー賞 脚本賞
2003年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
2003年 NY批評家協会賞 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 男優賞

「ロスト・イン・トランスレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・トランスレーションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AFD10766 2004年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全203件

美しい時間を切り取る。ネタバレ

投稿日:2008/06/14 レビュアー:もりもり

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

異国での2人の異色な時間を切り取ったお話。


日本を取り上げた外人監督の作品は少なくないですが、それと比べるとかなりいい方ではないですかね。
特に病院の待合室で、おばさんがボブに話しかけてるところ。
後ろでクスクス笑ってるおばさんたちってのはリアルな気がしたのですが…
まぁ、でもそれでも突っ込みどころは満載ですよ。
あんな雑な訳し方をする通訳をかつての映画スターの通訳として遣わすのはおかしいですし、
名刺攻めはさすがにしないでしょう。ビジネスマンじゃないんだから。

一方、外人が日本に来て不思議に思うことってのはあんな感じなんですかね?でも確かにゲームセンターとか選挙カーとかはびっくりするかもな。


海外でよくする経験。
ルンルンで旅行に行ったら、チケット売り場のお姉さんが冷たかっり、街行く人は意外とそっけなかったり、食事の注文の仕方分からなかったり…寂しい思いをする瞬間ってあります。むしろその連続かな。
そんな孤独を分かち合える人と会って、ふたりの時間はキラキラと輝きだす。
そんな美しい時間です。

ボブもシャーロットもアメリカにいれば、すごく幸せな人間のうちのひとり。
夫や奥さんからはとても大事にされて、ボブに関しては子供もいて、それがもっとも大切なものだと自ら言っています。

日本に来て、ひとりで行動して、言葉の壁に阻まれて孤独を感じる。そんな2人が出会ってからバイバイするまでの数日間のキラキラ。愛とかそんなんじゃない。
触れそうで触れられない微妙な距離を保ちながら。

2人が自宅へ戻れば、普段と変わりない愛があふれる幸せな生活へ戻るんです。そのキラキラはきれいな思い出となるだけなんです。

これは「ヴァージンスーサイズ」と同じではないでしょうか。
でも、これはあとで向こうでレビューしよっかな。


私が思うに、人が海外旅行する理由のひとつってこれじゃないですかね。普段の生活から美しい一瞬を求めて異国の地へ行く。そこで異文化に触れてドキドキする。滞在している間はいい意味でも悪い意味でも興奮の連続。
でも帰国すればまたいつもの生活に戻る。旅行は思い出となる。
もっとも、ボブとシャーロットの場合は、自らの意思で海外旅行に来たわけではないし、日本という国は孤独を生み出す要因でしたが。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

海外から見た日本は、こんなにもアホ臭いのか。

投稿日:2008/01/21 レビュアー:lalala

ソフィア・コッポラの色は十分でてきると思うんだけどさ、ヴァージン…がよかったせいでちょっと期待したんだけどがっかり。

異国の孤独感は、僕たちが住んでる東京だからなー感情移入できんだろうっと前半で思っていたのですが、後半ちょっとだけ、そのセンチメンタルな部分を味わってしまったのは、ソフィア・コッポラの力です。TOKYOって寂しい…なんてね笑

キルビルにしてもワサビにしてもサユリにしても、海外の人が日本を舞台に使って映画を見るとさ、日本人から見ると「ちげーよ」って言いたくなる作品ばかり(タルコフスキーの首都高の長回しは別格、あれは最高。戦メリも別格、戦メリは大島か笑) これもちょっとあれ?って思う所がありました。

つーことは、日本人が海外のテーマを撮るときも同じ事が言えるわけです。日本の監督の海外ロケは注意が必要です。

日曜の午後に見たい映画かな。




このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

さすがソフィア!!

投稿日:2007/12/14 レビュアー:あやあきーん

外人から目に映る日本。。。時にこれは違うと
思いますよね。

でもこの作品に登場するのは、納得のいく外国人目線の
日本。
映像も、登場人物から見る日本人に対する戸惑いも。

スカーレットが今とは違うなんだか幼い、ミステリアスというより純粋な少女のようでした。

違う目的で日本に来て、同郷のよしみ??
なにかが惹かれあったのか、二人は距離を縮め、
そこには年齢差もない恋人でもない世界。
でも、友人になってもなぜか淡い恋のような、時になぜか
嫉妬してしむような。

ラブストーリーという部類なのか、ここが印象的!!
というのは、きっと見るかたそれぞれに違うのでは
ないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

つまらなさ度:8

投稿日:2007/09/13 レビュアー:アラアラ

アカデミー賞受賞作品ってことに期待するとハズレることが多いけど、これもそうかな。。。コッポラの娘だもんね。NHKの番組のクールジャパンみたいな、外人が見た日本の面白さや良さが出た映画かと思ったらまったく違ってた。まっ、こちらの勝手の思い込みですが...

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

二人の会話は微笑ましい。心が和みます。

投稿日:2007/08/06 レビュアー:ゼラニウム

マリーアントアネット(全然借りれそうにないので)を観る前にこの作品をまだ観てないのを思い出し、(確かロードオブザリングがアカデミー賞を総なめにした年に脚本賞をとってたな。)遅ればせながら借りました。

 スカーレット・ヨハンソンは百点満点、ストーリーは 合格点ではありますが満点とは いかなかったです。 
 自分自身を見失いそうな 旅行者をつらつらと描いてる感じだけど、なんだか とってつけたような所がチラホラとあって(貸衣装のタキシードは着て帰らないでしょう!)アメリカ人はわかんなくても日本人にはバレテマス。と言いたい箇所、満載。 
 けど、京都のシーンとか東京の下町をスカーレットヨハンソンが散策しているとこは素敵でした。
 なんだかブラリと一人旅がしたくなりました。
 子供と一緒には観れません。食事時に観始めて、慌ててスイッチ消しました。お勧めは寝つきの悪い日、人恋しい夜の鑑賞。 

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

51〜 55件 / 全203件

ロスト・イン・トランスレーション

月額課金で借りる

都度課金で借りる