ウルトラマンの画像・ジャケット写真

ウルトラマン / 小林昭二

全体の平均評価点:(5点満点)

60

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ウルトラマン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

第37話:小さな英雄、第38話:宇宙船救助命令、第39話:さらばウルトラマン

「ウルトラマン」 の作品情報

作品情報

製作年:

1966年

製作国:

日本

「ウルトラマン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

西部警察 マシンコレクション −スーパーZ・マシンRS1,2,3篇−

ウルトラマンマックス マックス&DASHのひみつ!

倒産回避請負人 裁きの銀

海峡

ユーザーレビュー:60件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

51〜 55件 / 全60件

投稿日:2011/06/02 レビュアー:gil

村松隊長の判断イイね

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ウルトラマン4 ネタバレ

投稿日:2011/06/02 レビュアー:gil

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オイルSOSでは、ウルトラ水流をウルトラマンがするのだが、ホースが見えていた。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

個性豊かな人々 ネタバレ

投稿日:2008/09/11 レビュアー:なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今回は、ケムラー、テレスドン、ジャミラといった人気怪獣が登場するので見応えがあった。ジャミラの回など、もう何度観たことだろう!そのたびに印象深く思う。それで、今回意外に良かったのが「海底科学基地」で、深海怪獣グジラはあまり名の知れた怪獣とは思われないのだが、これがなかなか良かった。ストーリー自体もフジ隊員の勇猛な行動が見事で、隠れた名作と言えそうだ。
それにしても、個性豊かな俳優さんたちだと改めて感心する。また、怪獣災害が発生しても何となく皆が呑気で、鷹揚な様子であるのは時代の空気であろうか。久々に懐かしい人たちに再会した気分であった。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

古き良き異次元空間 ネタバレ

投稿日:2008/03/22 レビュアー:なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

四次元怪獣ブルトンがおもしろかった、人が斜めになったり逆さになったり、奇妙キテレツな四次元の世界は、今となっては古き良き異次元空間である。この時代、SFといえば「四次元の世界」で、何かわけのわからないことがあるとなんでも「四次元」のせいにするのが流行っていたような気がする。私自身、「夜遊びしていると、四次元の世界に落ちるよ!」などと母親に怒られたのを懐かしく思い出す。
 他も名作揃いで、いかにも胡散臭いザラブ星人や、元気なアボラスとバニラ、珍しく哀愁のこもった怪獣ヒドラなど、生涯忘れることのない我が愛しの怪獣たちだ。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

なつかしー3

投稿日:2007/04/08 レビュアー:urutoroman7

今のウルトラマンも面白いけど、やっぱり昔のは、いいですね。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

51〜 55件 / 全60件

ウルトラマン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:60件

投稿日

2011/06/02

レビュアー

gil

村松隊長の判断イイね

ウルトラマン4

投稿日

2011/06/02

レビュアー

gil

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オイルSOSでは、ウルトラ水流をウルトラマンがするのだが、ホースが見えていた。

個性豊かな人々

投稿日

2008/09/11

レビュアー

なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

今回は、ケムラー、テレスドン、ジャミラといった人気怪獣が登場するので見応えがあった。ジャミラの回など、もう何度観たことだろう!そのたびに印象深く思う。それで、今回意外に良かったのが「海底科学基地」で、深海怪獣グジラはあまり名の知れた怪獣とは思われないのだが、これがなかなか良かった。ストーリー自体もフジ隊員の勇猛な行動が見事で、隠れた名作と言えそうだ。
それにしても、個性豊かな俳優さんたちだと改めて感心する。また、怪獣災害が発生しても何となく皆が呑気で、鷹揚な様子であるのは時代の空気であろうか。久々に懐かしい人たちに再会した気分であった。

古き良き異次元空間

投稿日

2008/03/22

レビュアー

なおぷー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

四次元怪獣ブルトンがおもしろかった、人が斜めになったり逆さになったり、奇妙キテレツな四次元の世界は、今となっては古き良き異次元空間である。この時代、SFといえば「四次元の世界」で、何かわけのわからないことがあるとなんでも「四次元」のせいにするのが流行っていたような気がする。私自身、「夜遊びしていると、四次元の世界に落ちるよ!」などと母親に怒られたのを懐かしく思い出す。
 他も名作揃いで、いかにも胡散臭いザラブ星人や、元気なアボラスとバニラ、珍しく哀愁のこもった怪獣ヒドラなど、生涯忘れることのない我が愛しの怪獣たちだ。

なつかしー3

投稿日

2007/04/08

レビュアー

urutoroman7

今のウルトラマンも面白いけど、やっぱり昔のは、いいですね。

51〜 55件 / 全60件