64−ロクヨン−

64−ロクヨン−の画像・ジャケット写真
64−ロクヨン− / 佐藤浩市
全体の平均評価点:
(5点満点)

50

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「64−ロクヨン−」 の解説・あらすじ・ストーリー

横山秀夫のミステリー小説を佐藤浩市主演で映画化した後編。三上は警察という組織の中で生きる個人としての葛藤を背負い込みながら、マスコミからの突き上げにあっていた。そんな中で家族の問題も抱えながら、「ロクヨン」事件の真相に迫り…。

「64−ロクヨン−」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「64−ロクヨン−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

64−ロクヨン−のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

64-ロクヨン- 前編

  • 旧作

横山秀夫のミステリー小説を佐藤浩市主演で映画化した前編。かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む。

収録時間: 字幕: 音声:
121分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3264 2016年11月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
44枚 10人 5人

64-ロクヨン- 後編

  • 旧作

横山秀夫のミステリー小説を佐藤浩市主演で映画化した後編。三上は警察という組織の中で生きる個人としての葛藤を背負い込みながら、マスコミからの突き上げにあっていた。そんな中で家族の問題も抱えながら、「ロクヨン」事件の真相に迫り…。

収録時間: 字幕: 音声:
119分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCED3265 2016年12月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
72枚 14人 9人

1〜 2件 / 全2件

64−ロクヨン−のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】64-ロクヨン- 前編(ブルーレイ)

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
121分 日本語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCBD0584 2016年11月25日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 2人 4人

【Blu-ray】64-ロクヨン- 後編(ブルーレイ)

  • 旧作

収録時間: 字幕: 音声:
119分 日本語 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TCBD0585 2016年12月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
48枚 1人 2人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:50件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全50件

榮倉さんかっこいい

投稿日:2017/01/24 レビュアー:土方歳二

良かったです。綾野剛もでています。新宿スワンの人に見えちゃいますね。
しかし、みんな年取ったなぁ。でも、渋くていいです

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作に忠実です

投稿日:2017/01/22 レビュアー:ひろ

原作が抜群に面白かったので非常に楽しみにしていた作品です。
原作は心理描写や場面描写の説明が結構長く、大作になっていましたが、それが映像化されることでリアルにわかりやすく描かれていてなるほどと思わせられるところが多々ありました。
この作品の解釈は原作の言わんとすることに非常に近く感じ、よく推敲されていると思います。また佐藤浩一の演技が素晴らしい。周りを固めるメンバーもいい演技しています。
イデオロギーのぶつかり合い、立場の違いによる軋轢、人が集まることで発生する様々な問題を提示しつつ最後には人間性に賭けていくストーリー展開が感動的です。
後半は種明かしとともに人の心、葛藤が描かれていくはずですが、どういう作品になっているか楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

モヤモヤしていて後味悪し

投稿日:2017/01/19 レビュアー:きーちゃん

 さて、前編に続いて後編が届きました。前編を観た限り結末は容易に想像がつきませんでしたので、興味深く視聴を続けるも、結果はネタバレ禁止ですがモヤモヤしたままで終焉しています。原作とは少し異なる結末を描いているそうですが大きくは違わないだろうと推察しています。

 「64模倣犯」が現れたとする雰囲気はストーリーの流れからはあまり面白くないです。それ程手の込んだ犯罪手法でもなく、ただ被害者家族を振り回しているだけの下らん手法をもう一度とはね。被害者の父親、目崎正人(緒形直人)という人物が登場しますが、「実は彼は・・・」みたいなネタバレも、前段に幸田一樹(吉岡秀隆)を露出させて後に二転三転を図ろうとする見え透いた小細工的構成が下らないです。結論がモヤモヤしていて結局、「被疑者は誰なの?」「実はあいつなんだけど証拠が無いんだよ、それも県警がミスしちゃっててさぁ〜」みたいなところ、ストレス溜まります。で、幸田メモって何なのか最後まで隠してます。あの時唯一被疑者の生の声を知った被害者の遺族、父親の雨宮芳男(永瀬正敏)が、電話帳ひとつで被疑者にぶち当たったことは証拠としては採用できず、モヤモヤの連続です。

 相変わらず主演の佐藤浩市は、スカッとしたシーンは無く、ドサ回りに専念してました。最終、被疑者逮捕に至ったのか至ってないのかこれまた気分の晴れない作品でした。「お前さんそんなの観てたら分かるだろ!」じゃ無くて最後の結末ははっきりして欲しかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作はすばらしい

投稿日:2016/10/13 レビュアー:motoomiful

原作のすばらしさは、二転三転する主人公の心理描写。
映像化は不可能と思っていたが・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

惹きこまれてしまいました

投稿日:2016/10/02 レビュアー:飛べない魔女

以前NHKでやっていた連続ドラマも原作も知らない、予備知識ゼロで観ました。

ものすごく惹きこまれました。

佐藤浩一さんの迫真に迫る演技が凄い!

前編を観たあとに直ぐに本屋に直行。

原作本を購入。

とりあえず、映画に併せて前編が終わったあたりまで読了し、あとは後編を観てから読むことにしました。

総合的な感想は後編の方で。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全50件

64−ロクヨン−