ウェールズの山

ウェールズの山の画像・ジャケット写真
ウェールズの山 / ヒュー・グラント
全体の平均評価点:
(5点満点)

51

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ウェールズの山」 の解説・あらすじ・ストーリー

ヨーロッパが第一次世界大戦で荒廃していた1917年のある日、ウェールズの小さな村に2人のイングランド人がやって来た。彼らの目的は村の自慢である“フュノン・ガルウ”という山を測量する事。しかし測量の結果、この山が地図に載るには6メートル足りないということが分かり村は大騒動になるが……。小さな村に起きた大きな事件に巻き込まれる村人たちを、1人1人生き生きと描き、心温まる描写でコミカルに展開してゆく。

「ウェールズの山」 の作品情報

製作年: 1995年
製作国: イギリス
原題: THE ENGLISHMAN WHO WENT UP A HILL BUT CA

「ウェールズの山」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ウェールズの山の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
D*VWDR4131 2002年11月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
21枚 0人 0人

【Blu-ray】ウェールズの山(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
96分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
1000266369 2012年04月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全51件

おヒュー様がお好きなら!

投稿日:2010/01/26 レビュアー:Alkant Ftlndes

原題が物語の要旨となっていますが、ウェールズという、イギリスの中では辺鄙であり、文化的にも独立心の強い地域で、中央からやって来たイングランド人が主人公というところがミソでしょうか。まだ若さを残すH・グラントが主演してます。主人公が多数派に属しているが、脛に傷を抱えてやって来る。マイノリティの土地で新たな自分の価値に気付いていく流れです。この枠組みは3D大作「アバター」や、昔のアカデミー大作「ダンス・ウィズ・ウルブス」に似ています。今作品では、物語の舞台であるウェールズの田舎町に住む人々の物語が編み込まれていますが、成功しているかはナゾです。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白い

投稿日:2008/06/25 レビュアー:kosmo4546

面白いから、楽しいから、いい映画。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

オシャレな映画☆

投稿日:2007/07/01 レビュアー:CATNAP

H・グラントのちょっと困ったような顔が好きです(笑)

オススメです(^_^)/
イギリスのユーモアが、いかんなく発揮されている作品です。

ラストのラストがシャレてます?

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

かえって真実味

投稿日:2007/05/25 レビュアー:tomo

英国ウェールズの自然が美しく描かれている。
しかし作品としては盛り上がりに欠ける。
測量士と現地の女性との恋愛、老牧師の死、心を病んでいた青年の立ち直り、好色男の熱意、そしてこれでもかと繰り返されるフィナーレを告げるような高い音楽、これらの要素が有機的に結合していないために作品に一体感がない。 
実話らしいのだから、このようなステレオタイプの要素を盛り込まず、純粋に史実に基づいて描いた方が、かえって真実味があってよかったのではないか。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ヒュー・グラント、まだつぼみ。

投稿日:2006/11/29 レビュアー:ms.daisy

ヒュー・グラントは大好きな役者さんの一人です。まあ最初の出会いはありきたりに「ブリジット・ジョーンズの日記」なんですけどね。それからいろいろと彼を紐解いていったんですが、やっぱり若かりし頃のヒューはだめだ。彼独特のしゃべり口もなんかまどろっこしく感じてしまいます。

彼の魅力が開花したのは中年になってから。しかも『すけこまし』がいい。

要するに、彼はやっぱりラブコメなんですっ!

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全51件

ウェールズの山