ピラニア

ピラニアの画像・ジャケット写真
ピラニア / エリザベス・シュー
全体の平均評価点:
(5点満点)

58

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「ピラニア」 の解説・あらすじ・ストーリー

アメリカ南西部の湖を舞台に、独自の進化を遂げたピラニアの大群が若者たちに襲い掛かる恐怖を描いたパニックホラー。毎春恒例のイベントで盛り上がるビクトリア湖周辺で大規模な地割れが発生。その裂け目から何千匹ものピラニアが発生し…。※R15+

「ピラニア」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: PIRANHA 3D

「ピラニア」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ピラニアの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
89分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 PCBE73960 2011年12月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
41枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:58件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全58件

おもしろい

投稿日:2012/07/23 レビュアー:こうじ

久しぶりに面白い映画をみた。
是非一家団らんのときに見てほしい。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

おっぱいより、ピラニア出せ。

投稿日:2012/05/27 レビュアー:チカナン

あらビックリ。
まぁ、それほど期待もしてなかったのだけど、ここまでとは…。
むしろ、おっぱいが見せたいの?って映画です。

俳優女優陣がこの人たちなんで、あれ?思ったよりイケてるのかな〜?なんて思いながら見てたら、もう〜、おっぱいはいいからピラニア襲撃シーン頑張ろうよって感じで…。
男性には別の楽しみ方がある映画かしら?

見せ方がよくないよね。
ジョーズみたいに音楽で、「あー!来るーっ!」ってのも無いし。
ピラニアに襲われてるシーンはバシャバシャいってるだけで、それほど迫力もない。
喰われた後がグロいってだけ。
バカのアレが喰われたシーンは、「え〜…。」って、怖がるべきなのか笑うトコなのか…(笑)

当然内容も思った通りの展開。
いや、パニック映画だし、他にどういう方向性もないか…。

観終わった後に、「はぁ〜、終わった」っていう程度の映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「水面下の恐怖」は何を象徴しているのか?

投稿日:2012/05/21 レビュアー:TOSIZO

 単純に観れば、エログロおバカ映画なのは間違いない。なのに、見終わったあとに胸中を漂う「危うさ」の感覚は何だろう?
 ゾンビ映画は「東西冷戦」の影響を受けていると言われるが、ジョーズやピラニアのような我々の足元に忍び寄る「水面下の恐怖」は何を表しているのだろう。

 「ピラニア」の舞台が余りにも享楽的・退廃的な性の解放区であるが故に、その意味を否が応でも考えずに置けない。

 我々は―日本人は―20年前に同じような光景を目にしてはいなかったか。つい最近、さらにはたった今現在、アメリカで起こりヨーロッパで起こっているパニックは、ヒタヒタと忍び寄り突然襲いかかるピラニアそのものではないだろうか。肥大した男根。胸部を「底上げ」するシリコン。膨れ上がる欲望。見せかけの繁栄。それらが食い千切られ、露わになったときには、すでに防ぎようのない殺戮と鮮血と肉片によって埋め尽くされている。

 エログロと殺人魚の恐怖との奇跡的な組み合わせが、荒唐無稽なスプラッタ・ムービー以上の意味を感じさせることに成功した、名作。時代の遍在的な無意識を見事に描いてみせた、画期的なカテゴリー映画。……と評するのは、過大評価だろうか。観るものが観られるものに新たな価値を与えることができる、相対的な映画鑑賞体験を実感できた者には、忘れられない一作になるだろう。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エロにグロに笑いもついてきます・・ネタバレ

投稿日:2012/02/26 レビュアー:mokoさん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

久しぶりにエロくてかなりグロい笑えるB級映画を楽しむことができました。
もう男子は喜べたでしょう!至る所におっぱい満載。
岸辺のシーンはもう痛々しくてグロすぎたけど、あそこまでやると
後は笑うしかないシーンも・・・保安官の一人が必死にピラニア軍団と
格闘しているんだけど、膝が食われる〜って叫びながらもなおも戦っている
姿は本来勇ましいんだろうけど、なんだか笑えてしまいました。
もう一人おっぱい好きの監督みたいな男・・性格もかなりわがまま。
きっと悲惨な目にあうんだろうと思ったら・・なんと大事なところを
食われちゃった?と思いきや=さぞや不味かったのでしょう。
ラストは何かあると思ったけど意外な結末!
続きがあったらきっと観ます。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

もう、おばか

投稿日:2012/02/01 レビュアー:ぷりん

真剣にみてたのに。もう、おバカ。でも ま、ある意味怖かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全58件

ピラニア