1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. SFのDVDレンタル
  5. FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>

FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>

FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>の画像・ジャケット写真

FRINGE/フリンジ<サード・シーズン> / アナ・トーヴ

全体の平均評価点:(5点満点)

74

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

「LOST」シリーズのJ.J.エイブラムス製作総指揮による科学サスペンスのサードシーズン第10巻。オリビアの体に乗り移ったベルの意識を別の体に移すという実験が失敗に終わり、ピーターは苛立ちを隠せない。第19話「LSD」と第20話「序曲」を収録。

「FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

アメリカ

原題:

FRINGE

「FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ホワイトカラー シーズン4

NCIS ネイビー犯罪捜査班 シーズン12

レボリューション <ファースト・シーズン>

ジョーズ 2

ユーザーレビュー:74件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全74件

なんでもあり ネタバレ

投稿日:2011/11/23 レビュアー:ホットケーキの誘惑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


今回の事件は、なかなか死ねない女性の話。
夫も子供も死んでしまい、自分も死にたいのになぜか死ねない。
自殺者といっしょに飛び降りたりしてみても、自分だけが生き残る。
結局は、テロリストの仕掛けた爆弾のありかを知り、爆発とともに死のうと試みますが、
FBIに知られてしまい、ひとりで爆弾を抱え逃げる事になります。そして・・・。

「何にでも意味がある」

この言葉が、なんだか深く刻み込まれました。

ところで・・・
さすがフリンジ、なんでもありですねぇ。
死んだはずのベルが、なんとオリビアの意識の中に蘇ります。
見た目はオリビアですが、表情もしゃべり方も違います。
ベルはオリビアに対して、意識が入れる様に準備していたというのですが、全く迷惑な話です。
早くもとにもどしてくださいっ(^^;)

2話目の「保因者」は、向こうの世界で衝撃の展開です!
なんか深く考えると色んな事がどこかにつながっていくヒントなんじゃないかとか深読みしてしまって、
早く続きが観たい様な、ゆっくり見たい様なそんな気分です。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

切ない ネタバレ

投稿日:2011/11/19 レビュアー:ホットケーキの誘惑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


久しぶりに向こうの世界。
同じオリビアでもやっぱり感じが違う。髪の色や形だけじゃなくて、プロポーションも違って見える。
向こうのオリビアの方がモテるよなぁ。可愛いもん。明るいし冗談も言ってよく笑う。
でも私はこちらのオリビアの方が好きだけど。

で、大事件!!!
この間の話で、監視人がピーターに言っていた言葉がひっかかっていたのですが、やはり・・・そうゆう事か・・・。
この先起こる色々な事を想像し、心配で心配でしょうがありません。

2話目では、こちらの世界でも、崩壊の予兆があり、ウォルターは、ウォルターネイトと同じ様に「アンバー」で対処する事を考えます。世界の崩壊を止めるために、ウォルターの思考は向こうと同じ方向を向いているのでしょうか。

こっちのオリビアとピーターは、苦難を乗り越えようやく良いムードに。
でもそれがまた切ないのです。。。あぁ心配。

とにかく内容の濃い1枚でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ちょっと悲しい

投稿日:2011/11/14 レビュアー:ホットケーキの誘惑


とりあえず、タイトルバックは2話ともブルーになりました。

そりゃそうよね。オリビアが帰って来ちゃったんだから、向こうの話はしばらくお休み・・かな。
今度向こうの話になるときは、いよいよ攻撃される時かもしれませんっ

てな事で、通常の(?)フリンジ。
私の中では、すでに恋愛ドラマ的な感じになっています。
切り取られた臓器なんて途中からどうでもよくなって、オリビアとピーターが気になってしょうがありません。

2話目の「運命」
監視人が、がっつり登場します。
ウォルターの犯した罪の深さを、ひしひしと感じさせる話でした。
ちょっと悲しくてなんだか不安になりました。。。

それにしても監視人ってば・・
回りくどすぎる。
アンタ達は、ホントにそれで、バランスを修正しているのか!?
疑問に思う今日この頃でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

進展! ネタバレ

投稿日:2011/11/13 レビュアー:ホットケーキの誘惑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


1話目は、向こうの世界の事件。
"向こうのブロイルズ"の息子が関係しています。
ブロイルズは、オリビアに息子を助けてもらう結果になり、オリビアが記憶を取り戻した事を知りつつ見逃してしまいます。

2話目は「再会」
タイトルで十分予想できるので、途中でハラハラドキドキがあっても、実のところ心配はしていません。
だってこの段階でオリビアが死ぬ訳ないもんね〜

でもかなりのハラハラです。
この回は、タイトルが赤から青へと変わります。
途中で世界が切り替わる、初めてのパターンです。
でも、世界が切り替わる時には風景の描写がはさまり、例えばツインタワーがなくなったり、飛行船がなくなったりして、
切り替わりがはっきりわかるように工夫されている感じです。

向こうのオリビアは、記憶を完全に取り戻し、自分の世界へ帰ろうと試みますが、失敗して逆に拘束されてしまいます。
だけど少しの間だけこっちの世界に戻る事ができた彼女は、そこでピーターへの伝言を残す事に成功。
ようやくピーターは、それに気付く事ができるって訳です。

遅い・・・遅すぎる。ピーターってば、なんで今頃気付くのか不思議でしょうがない。
ヒントを与えられたピーターは迅速に事を理解するのですが・・・

一方、向こうのオリビアはピンチです。
オリビア同士を交換してしまおうと考えたウォルターネイトですが、同じ質量であれば死んでいてもかまわないと、オリビアの身体を切り刻もうとします。
この状況を一体どうやって切り抜けるのか!?
助かるとわかっていながら手に汗握る展開が繰り広げられます。


このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

あっちもこっちもオリビアは大変だ ネタバレ

投稿日:2011/11/06 レビュアー:ホットケーキの誘惑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


向こうの世界のオリビアは、元々向こうに居たオリビアの記憶や性格を埋め込まれ、向こうのフリンジチームに復帰します。
こちらの世界のオリビアは、ピーターの信頼を完璧に得ようと必死です。

要するにオリビアは、あっちもこっちも元々向こうにいたオリビアの性質がオモテにでている感じなので、なんだか前までのオリビアとは感じが違います。
綺麗になったし、化粧もバッチリ。ちょっと積極的で笑顔も素敵。

今回は、こちらのオリビアが偽物だという事がバレそうになり大あわてです。
焦ったオリビアは・・・あぁ。。。
ピーター。お願いだから早く気付いてくれぇー

「シェイプシフターは電気羊の夢を見るか?」ってなんだ!?と思ったら、
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」ってのがありましたねぇ。
ブレード・ランナーの原作だそうです。

シェイプシフターは、変身可能は有機体。
目的のためある人物になりかわるのですが、そこでの生活をしていく中で、人間的な感情が生まれます。
人間そっくりでありながら人間ではない。なのに大事なものや守りたいものができていく。
そんなちょっとした逸話が、フリンジ好きな私としては嬉しいのです。


このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

46〜 50件 / 全74件

FRINGE/フリンジ<サード・シーズン>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:74件

なんでもあり

投稿日

2011/11/23

レビュアー

ホットケーキの誘惑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


今回の事件は、なかなか死ねない女性の話。
夫も子供も死んでしまい、自分も死にたいのになぜか死ねない。
自殺者といっしょに飛び降りたりしてみても、自分だけが生き残る。
結局は、テロリストの仕掛けた爆弾のありかを知り、爆発とともに死のうと試みますが、
FBIに知られてしまい、ひとりで爆弾を抱え逃げる事になります。そして・・・。

「何にでも意味がある」

この言葉が、なんだか深く刻み込まれました。

ところで・・・
さすがフリンジ、なんでもありですねぇ。
死んだはずのベルが、なんとオリビアの意識の中に蘇ります。
見た目はオリビアですが、表情もしゃべり方も違います。
ベルはオリビアに対して、意識が入れる様に準備していたというのですが、全く迷惑な話です。
早くもとにもどしてくださいっ(^^;)

2話目の「保因者」は、向こうの世界で衝撃の展開です!
なんか深く考えると色んな事がどこかにつながっていくヒントなんじゃないかとか深読みしてしまって、
早く続きが観たい様な、ゆっくり見たい様なそんな気分です。

切ない

投稿日

2011/11/19

レビュアー

ホットケーキの誘惑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


久しぶりに向こうの世界。
同じオリビアでもやっぱり感じが違う。髪の色や形だけじゃなくて、プロポーションも違って見える。
向こうのオリビアの方がモテるよなぁ。可愛いもん。明るいし冗談も言ってよく笑う。
でも私はこちらのオリビアの方が好きだけど。

で、大事件!!!
この間の話で、監視人がピーターに言っていた言葉がひっかかっていたのですが、やはり・・・そうゆう事か・・・。
この先起こる色々な事を想像し、心配で心配でしょうがありません。

2話目では、こちらの世界でも、崩壊の予兆があり、ウォルターは、ウォルターネイトと同じ様に「アンバー」で対処する事を考えます。世界の崩壊を止めるために、ウォルターの思考は向こうと同じ方向を向いているのでしょうか。

こっちのオリビアとピーターは、苦難を乗り越えようやく良いムードに。
でもそれがまた切ないのです。。。あぁ心配。

とにかく内容の濃い1枚でした。

ちょっと悲しい

投稿日

2011/11/14

レビュアー

ホットケーキの誘惑


とりあえず、タイトルバックは2話ともブルーになりました。

そりゃそうよね。オリビアが帰って来ちゃったんだから、向こうの話はしばらくお休み・・かな。
今度向こうの話になるときは、いよいよ攻撃される時かもしれませんっ

てな事で、通常の(?)フリンジ。
私の中では、すでに恋愛ドラマ的な感じになっています。
切り取られた臓器なんて途中からどうでもよくなって、オリビアとピーターが気になってしょうがありません。

2話目の「運命」
監視人が、がっつり登場します。
ウォルターの犯した罪の深さを、ひしひしと感じさせる話でした。
ちょっと悲しくてなんだか不安になりました。。。

それにしても監視人ってば・・
回りくどすぎる。
アンタ達は、ホントにそれで、バランスを修正しているのか!?
疑問に思う今日この頃でした。

進展!

投稿日

2011/11/13

レビュアー

ホットケーキの誘惑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


1話目は、向こうの世界の事件。
"向こうのブロイルズ"の息子が関係しています。
ブロイルズは、オリビアに息子を助けてもらう結果になり、オリビアが記憶を取り戻した事を知りつつ見逃してしまいます。

2話目は「再会」
タイトルで十分予想できるので、途中でハラハラドキドキがあっても、実のところ心配はしていません。
だってこの段階でオリビアが死ぬ訳ないもんね〜

でもかなりのハラハラです。
この回は、タイトルが赤から青へと変わります。
途中で世界が切り替わる、初めてのパターンです。
でも、世界が切り替わる時には風景の描写がはさまり、例えばツインタワーがなくなったり、飛行船がなくなったりして、
切り替わりがはっきりわかるように工夫されている感じです。

向こうのオリビアは、記憶を完全に取り戻し、自分の世界へ帰ろうと試みますが、失敗して逆に拘束されてしまいます。
だけど少しの間だけこっちの世界に戻る事ができた彼女は、そこでピーターへの伝言を残す事に成功。
ようやくピーターは、それに気付く事ができるって訳です。

遅い・・・遅すぎる。ピーターってば、なんで今頃気付くのか不思議でしょうがない。
ヒントを与えられたピーターは迅速に事を理解するのですが・・・

一方、向こうのオリビアはピンチです。
オリビア同士を交換してしまおうと考えたウォルターネイトですが、同じ質量であれば死んでいてもかまわないと、オリビアの身体を切り刻もうとします。
この状況を一体どうやって切り抜けるのか!?
助かるとわかっていながら手に汗握る展開が繰り広げられます。


あっちもこっちもオリビアは大変だ

投稿日

2011/11/06

レビュアー

ホットケーキの誘惑

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


向こうの世界のオリビアは、元々向こうに居たオリビアの記憶や性格を埋め込まれ、向こうのフリンジチームに復帰します。
こちらの世界のオリビアは、ピーターの信頼を完璧に得ようと必死です。

要するにオリビアは、あっちもこっちも元々向こうにいたオリビアの性質がオモテにでている感じなので、なんだか前までのオリビアとは感じが違います。
綺麗になったし、化粧もバッチリ。ちょっと積極的で笑顔も素敵。

今回は、こちらのオリビアが偽物だという事がバレそうになり大あわてです。
焦ったオリビアは・・・あぁ。。。
ピーター。お願いだから早く気付いてくれぇー

「シェイプシフターは電気羊の夢を見るか?」ってなんだ!?と思ったら、
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」ってのがありましたねぇ。
ブレード・ランナーの原作だそうです。

シェイプシフターは、変身可能は有機体。
目的のためある人物になりかわるのですが、そこでの生活をしていく中で、人間的な感情が生まれます。
人間そっくりでありながら人間ではない。なのに大事なものや守りたいものができていく。
そんなちょっとした逸話が、フリンジ好きな私としては嬉しいのです。


46〜 50件 / 全74件