No.179 RANKING

マイティ・ソー

マイティ・ソーの画像・ジャケット写真
マイティ・ソー / クリス・ヘムズワース
全体の平均評価点:
(5点満点)

106

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
ジャンル:

「マイティ・ソー」 の解説・あらすじ・ストーリー

『アイアンマン』『スパイダーマン』などを生み出してきたマーベル社が贈るヒーローアクション。神の世界の戦士・ソーは、その傲慢さから神の国を危機にさらしてしまう。それに怒った父・オーディンは、ソーの力と権力を奪い地球に追放するが…。※一般告知解禁日:8月26日

「マイティ・ソー」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: THOR

「マイティ・ソー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

マイティ・ソーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ117972 2011年10月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
162枚 16人 32人

【Blu-ray】マイティ・ソー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
115分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV117972 2011年10月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
86枚 12人 19人

関連作品

ユーザーレビュー:106件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全106件

神々の世界が美しい

投稿日:2011/11/28 レビュアー:Yohey

神々の世界と現代を行き来するのですが、神々の世界が美しく、設定もいい。いかにもありそうな世界になっていて、ゴテゴテしすぎていないのが良かったです。アメコミ原作ということらしいが、どういうアメコミなんだろうと思ってしまうような作品でしたね。しっかりとした物語な作品なのかな。

映画の方は、少しクスリとさせるシーンが合間合間にあって、これがうまく使われていたので映画としてよく出来ておりました。アクションとしては物足りぬ部分も多々ありますが、まぁ、いいでしょ。ナタリー・ポートマン、美しいなぁ、とか、主人公マッチョやなぁ、とか浅野さん、あんまりしゃべってないなぁ、とかそんなことを思ったらえぇんちゃうかな。

で、これらが最後にはまとまって一つの作品になるらしいので、それが今から楽しみです。ゴテゴテしすぎの作品にならんことを祈りたいですね。

あっ、でも・・・単体として観たときはキャラはそれぞれあるので、もう少ししっかりと作り上げていただくともっと良くなるかなと思いますね。アイアンマンから続くアベンジャーズの話がどう絡んでくるんだろうという部分に興味が湧く作品だったので、それらが無くなって、純粋ヒーローもんとなったときは、もう少ししっかりしてほしいかな、と思った作品でした。まぁ、娯楽作品は色々な切り口があればえぇとは思いますけどね。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

素晴らしいトンデモ超大作

投稿日:2011/11/25 レビュアー:colonpan博士

B級映画が扱ってきた突っ込みどころ満載の題材に予算をかけて大作に仕上げており、
原作マンガを知らなくても北欧神話の新解釈として楽しめます。
もったないのが、あまりに急ぎ足なストーリー展開なため、やりたいことは分かるけど
感情的には置いてけぼりにされてしまうところ。
人間関係が何の説明も脈絡もなしに、いつの間にか勝手に構築されているのです。
主演のクリスと王で父親役のアンソニー・ホプキンス以外は誰がやっても同じであっただろう作品だが、
それでもナタポーはいいよね。ほどよくエロくて、あんな学者いるわけないんだが、
この映画の全てがあり得ない設定とキャラなので全然気にならない。
ナタポーの英語は非常に聞き取りやすくて、彼女だけなら字幕なしで理解できると思います。
もっとも、セリフ自体が少ないんですが。
そう思ってwikiで経歴を見たら、やっぱり純粋なアメリカ人ではなくてイスラエル系だったのね。
しかし、3歳からアメリカにいるわけで、それなのに聞き取りやすい英語なのは育ちがいいから??

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

三河安城的

投稿日:2011/11/23 レビュアー:ビンス

総括的に見ると、そんなに面白くない。
ストーリーが、後半加速度的にグダグダする。
個人的にはそれほど惹かれてなかったが、「アベンジャーズ」のために観た、という感じ。
主観的にだが、ソーがダサイ。
それは客観的に観ても同じなのでは?と、同意を求めてしまう。
それほど決定的にダサイ。
前時代的な赤いマント。
その姿は俯瞰的に眺めると、より一層違和感極まりなく且つダサイ。
そして何よりも衝撃的なのが、彼の武器であるハンマー。
ハンマーって・・・
主役の持つ武器だろうか?
ヴィジュアル的にいかんともしがたい。
ナンバー3辺りのキャラが持つ武器だろう・・という思いが消し去れない。
具体的に言えば小さすぎる。
ハンマーというより、なんだか小槌のようでもあった。
そんなこんななソーのことを頭の中で包括的にまとめてみると。
「笑われたい?」
という答えに直感的に近いスピードで行き着く。
シリアスな笑いとでも言おうか・・・
本人いたってマジメ。
そのズレがひたすら面白い・・・みたいな。
残念ながら、そんなにクスっとすることもなかったけど。
能力的に見ると、ハンマーの力は悪くない。
むしろその破壊力は芸術的に凄い。
ゲーム「三国無双」で大技を出した時のような快感に満たされることもあった。
でもやっぱハンマーて・・・・・

他のキャラは国際的に見てもバラエティーに富んでいる?
一応アジア系で浅野さんが出演。
しかし、どう贔屓目に見ても、英語がスラスラ喋れないんだろう?と同情的に見ても、浅野さん演じるホーガンは何もしていない。
繰り返しになるが、ホーガンは何もしていない・・・のと同じ。
これで満足できたのか?聞いてみたい気もする。

アンソニ・ホプキンスが偉大なる地位、高みにいることにゲンナリしている。
彼からはもうず〜っと前から何も感じない。
それは「羊たち〜」以降ぐらいからかな・・

ちょっとした会話の中に「アベンジャーズ」や、「アベンジャーズ」に関係する人物にリンクする言葉が登場するので聞き逃しのないように。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

暇を持て余した神々の・・・

投稿日:2011/11/11 レビュアー:ぽるっこ

実はそれほど作品に興味がないのですが、来年公開予定のマーベルヒーロー大集合作品「アベンジャーズ」の為に見てきました。

内容的には、ビックリするほど予告編だけで十分な作品。
「暇を持て余した神々の遊び」くらいの内容です。

強くなったり弱くなったりが、笑ってしまうくらいヒジョーにベタなので、完全に「アベンジャーズ」の為と割り切って見てました。
スーパーマンもそうですが、何でも出来ちゃうとどんなにピンチでも緊張感がなくなっちゃってグダグダになっちゃいますね。

ですが、劇場版は3Dのクオリティがアバター以来のヒットで、オーバーでも控えめでもなく、"3Dならでは"の感じが堪能できるのでヒジョーにもったいない気がしました。

という訳で、作品の見所は3Dで動くナタリー・ポートマンと無駄にエロいメガネっ娘のカット・デニングスを愛でる事なのですが、DVDなんで−1ポイント。

次は最後のアベンジャーズ、「キャプテン・アメリカ」で、予告編はなかなか面白そうなんで、今回はガマンします。

というか、アベンジャースよく知らないんだけど、神様まで巻き込んで物語的に収集がつくんだろうか?
このままだとお気に入りのアイアンマンが活躍する場面があまり出てこないんじゃないかと不安だったりする。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

DVDよりも、劇場の3Dで観たかった。

投稿日:2011/11/10 レビュアー:りらっくま

ソー⇒神の世界では最強の戦士だったが、地球上では神の力は失われている。
新鋭俳優の、クリス・ヘムズワース

ジェーン⇒地球に落ちてきたソーを発見する天文学者。ソーに大きな影響を与えていく。
ブラックスワンでアカデミー賞に輝いた、ナタリー・ポートマン


オーディン⇒神々の王で、ソーの父親。傲慢な息子を地球へと追放をする。
存在感も大きい名優、アンソニー・ホプキンス

ホーガン⇒ソーを護衛する三銃士の一人。
神の世界で起きる怪しい行動に気づきソーを連れ戻しに行く
ハリウッドデビュー作として参加した、浅野忠信


神の世界<アスガルド>では、最強の戦士であったが、強すぎるために
その身勝手さから、神の世界を戦乱の危機に巻き込んでしまう。
父でもあり、神々の王は、ソーの力と最強の武器<ムジョルニア>を奪って地球に追放してしまう。

そこで天文学者ジェーンと出会う。慣れない人間生活を送っていたソー。
ジェーンと接する事で少しずつ、人の弱みや痛みを知るようになっていく。

一方神の世界を征服しようとする、邪神ロキに陰謀により
ソーのもとに巨悪な強敵が送り込まれてきた。
もう、力も武器も奪われているソーは、ジェーンを守る事が出来るのか?

エンド・ロールの後にアレェ〜〜と言うシーンがありますよ!
最後まで見てくださいね・・・次に続く事を予感させられる場面がありました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全106件

マイティ・ソー