ハート・ロッカー

ハート・ロッカーの画像・ジャケット写真
ハート・ロッカー / ジェレミー・レナー
全体の平均評価点:
(5点満点)

237

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ハート・ロッカー」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ハートブルー」「K−19」のキャスリン・ビグロー監督が、テロの脅威が続く混沌のイラクを舞台に、死と隣り合わせの日常を生きるアメリカ軍爆発物処理班の男たちの姿を力強く描き出した緊迫の戦争アクション。主演は「28週後...」のジェレミー・レナー。2004年夏、イラクのバグダッド郊外。アメリカ陸軍ブラボー中隊の爆発物処理班は、班長の殉職を受けてジェームズ二等軍曹を新リーダーとして迎え入れることに。そして、サンボーン軍曹とエルドリッジ技術兵を補佐役とする3人ひと組の爆弾処理チームは、任務明けまで常に死の危険が孕む38日間を共にしていく。そんな彼らには、狂気と緊張に満ちあふれた数々の試練や悲しみが待ち受けていた…。

「ハート・ロッカー」 の作品情報

製作年: 2008年
製作国: アメリカ
原題: THE HURT LOCKER
受賞記録: 2009年 アカデミー賞 作品賞
2009年 NY批評家協会賞 作品賞
2009年 LA批評家協会賞 作品賞

「ハート・ロッカー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハート・ロッカーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
131分 日 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE73669 2010年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
249枚 16人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:237件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全237件

戦争は麻薬

投稿日:2011/03/09 レビュアー:こうさま

評価74点(100点満点)
ドキュメンタリー風の戦争作品。舞台は2004年イラクのバクダッドに駐留している米軍爆発処理班のブラボー中退の日常を通じてイラク戦争後の実情をリアルに描いている。先任班長が殉職した後に赴任してきた爆発物処理のエキスパート、ジェームズ軍曹、彼は全く死を恐れているようには見えない、平然と「死」ととなり合わせの任務をこなしてゆく、彼は本当の英雄なのか、強がりなのか、それとも「戦争という麻薬」に冒されて死と体面するのを楽しんでいるのだろうか。映像は破天荒な彼の行動に振り回される彼を補佐するチームメートとの葛藤、狂気、緊張を伝えてくれる。「棺桶」という意の原題どうり戦争が終わっても続くテロの恐怖、ましてや爆発物処理なんて本当に「死」と隣り合わせ、いつ死神に手をひっぱられてもおかしくない状況で任務を遂行するジェームズとなんとか安全に任務を終わりたいと任期までの日数を指折り数えるサンボーン軍曹との対比が印象的。この作品は反戦映画でもなさそう。バクダットで自国の戦争でもないのに「死」の恐怖を味あうアメリカの若者達、ちよっと何を伝えたかったかという部分がよくわからないが、それぞれが考えなさいということなのか。束の間のオフを過ごしたジェームズの終わりなき任務が再開されるのだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

終わりなき戦争

投稿日:2011/02/04 レビュアー:じゃじゃまる

アカデミー受賞のお陰で、こちらではアンコール上映していたので見に行きました。

ストーリーのある映画というより、ドキュメンタリー映画のようでした。

今現在のイラクを如実に表している映画です。

イラク侵攻の結果、いま、こうなっているんです。

爆弾あり、テロあり、それが日常。
あまりにも重い現実、辛い現実

そして終わりがないというメッセージのようなラストシーン。

イラクにおける爆発物処理班の、日常といえばそれだけの映画ですが、訴えるものが随所にあります。

こういう日常における兵士の心理、住民の様子など(死んだような目の住人がなんともいえない)、あらゆる場面に、訴えるものがあります。

外人オンチの私はよくわからないのですが、有名な俳優を使ってないそうです。
監督の意思で、リアル感を持たせるため、誰が死んで誰が残るかという予測をつかせないためだとか。

平和でよかった、、と当たり前のことがありがたくなる映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

決死の覚悟

投稿日:2010/12/26 レビュアー:勇光

今の日本には完全に失われてしまっている決死の覚悟を描いた作品。
太平洋戦争終結までは、日本の文化の中にも死を賭して何かをやりとげる気風というのがあったわけだが、今はない。
万民がそんな気風を持っている必要はないが、しかし、1000人にひとりくらいはそういう気分で生きている人がいないと、社会というのは緊張感を失って、よどんでくる。
生死の境目を行ったり戻ったりする主人公は、すっかり神経がおかされていて、死ぬことへの恐怖を感じなくなっているようであるが、実は、サムライというのは、そういう狂気の者だったはず。
日本も、たまには戦争しないと、このままでは腐る一方だ・・・と思わされた。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

こんな戦争もあるのか

投稿日:2010/11/07 レビュアー:makochan

爆弾処理という危険な任務 こんな戦争もあるんだ という驚き
そして いかにも”きな臭い”男だけの世界を女性監督が撮ったという驚き
特異な緊張の時間と日常とのバランスは きっと180度くらい違うんだろうと想像がつく
もはや 普通の生活に戻ることは無理なのではないか
「戦争」という非日常が 日常になってしまったら、、、

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アカデミー6部門受賞は愛国心のなせる業?

投稿日:2010/11/04 レビュアー:哲郎

全編ドキュメンタリー・タッチで、イラクの現実と米兵の過酷な任務をこれでもかというほど見せつけられます。ただ、経験者や現役の兵からは「不正確で、米軍への敬意に欠けている」と不評らしく、やはり内容的に映画として制作した創作部分がかなりあるんでしょうね。
それに、アカデミー賞6部門受賞とのことですが、映画としてそれほどの大作でもないという印象があります。
やはりそこは、イラクで命がけの任務に従事している兵士たちに報いるといいますか、「米軍のやっていることは無駄ではないんだ」という主張が評価された、あるいは評価されねばならないという“愛国心”からの要請が働いているんでしょうねえ。
でもビグロー監督、次回はもう少し話としておもしろく作ってください。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全237件

ハート・ロッカー

月額課金で借りる

都度課金で借りる