遊星からの物体X

遊星からの物体Xの画像・ジャケット写真
遊星からの物体X / カート・ラッセル
全体の平均評価点:
(5点満点)

122

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
ジャンル:

「遊星からの物体X」 の解説・あらすじ・ストーリー

氷の中から発見されたエイリアンと南極基地の隊員との死闘を描いた、SFホラーの古典「遊星よりの物体X」のリメイクで、よりキャンベルの原作に近い。10万年前に地球に飛来した謎の巨大UFOを発見した南極観測隊のノルウェー基地が全滅。やがてノルウェー隊の犬を媒介にしてアメリカ基地に未知の生命体が侵入した。それは次々と形態を変えながら隊員たちに襲いかかる……。

「遊星からの物体X」 の作品情報

製作年: 1982年
製作国: アメリカ
原題: THE THING/JOHN CARPENTER’S THE THING

「遊星からの物体X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

遊星からの物体Xの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日本語 英語 中国語 韓国語 スペイン語 ポルトガル タイ 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
UJRD30363 2003年05月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 2人 0人

【Blu-ray】遊星からの物体X(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
109分 日 英 解 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/フランス語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/イタリア語
4:ドルビーデジタル/ステレオ/ドイツ語
5:ドルビーデジタル/ステレオ/スペイン語
6:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNXR1030 2010年04月22日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:122件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全122件

傑作と言われるだけあって、傑作でした。ネタバレ

投稿日:2010/02/20 レビュアー:マリコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

気持ち悪いけれど凄いリアリティのある、でもかなり誇張されたモンスターでしたが、それが現れる時は凍てつく様になってしまいました。
最初のノルウェー隊基地のようになってしまっていくアメリカ隊基地は、南極という酷寒で孤立された地球の地で、ひっそりと廃墟となってしまうのでしょう。
隊員は二人生き残ってしまいましたが、後は地獄が待つのみです。
あの爆発の中、生き残れたのが不思議な二人だし、血液検査をした時血を手に持ってしていたので、あれは大変危険なやり方だと思います。
焼く前に血が飛び散ってしまっていたので、あれで多分全員感染して謎の物体になってしまっていたのではないかというのが私の疑問です。

生き残った隊員が二人というのも、互いに殺しあえる人数で一人より怖い。疑い合うのも都合のいい人数なので、真っ暗闇のラストですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

SFホラーの傑作

投稿日:2010/01/11 レビュアー:ひまこち

原作「影が来る」を最近読んでおもしろかったので
また見たくなってレンタル。

今作はリメイクなんですが、技術が未発達で
普通のモンスター物にせざるをえなかったオリジナルに
比べ、性格や動作のクセまで完全に擬態するエイリアンが
南極の閉ざされた空間で基地に紛れ込んで次々に、
いつの間にか入れ替わっていく、誰が敵か判らない
というハラハラドキドキの原作の良さを特殊メイクを駆使して
抜群におもしろく表現していて、数少ないオリジナルを超える
リメイクの傑作だと思います。

独創的な特殊メイクは公開当時賛否ありましたが、
メイクならではのCGでは出せない匂ってきそうな生々しさが
良いですが、やりすぎた造形は怖いを超えて
滑稽にも見えますが(笑)

しかし「ハロウィン」「エスケープフロムNY]など
独創的で誰も表現しなかったものを低予算ながら作ってきた
のがカーペンター監督のすごいところかとおもいますので、
このエイリアンの変態ぶりも、当時様々なパロディに使われたり
してましたし、後世の映画表現にに大きな影響を与えた
作品なのではと思います。

さらにこの映画のおもしろさは実は特撮ではなく
閉鎖空間で仲間がエイリアンに入れ替わっていく
じわじわと追い詰められていく恐怖感の方で、
その正体を見極める過程のスリリングな展開が最高。





このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何度繰り返し観たことかネタバレ

投稿日:2007/12/11 レビュアー:SAKURA

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

たぶん30回ぐらいは観てるかもしれません(笑)。何度観ても面白いです。製作年度を考えても、かなり秀逸な作品だと思います。一番好きなシーンは、血液に焼けた鉄線みたいなものを押し付けて、人間かどうかを判別するシーン。注意深く隅々まで観ていないと、本当に誰を疑うべきなのか解らなくなってきます。レンタル候補には入っているのですが、枚数が少ないのでなかなか借りられません(泣)。きっとコアなファンが多いからなんでしょうね(自分もその独りですが)。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

10点満点の9点

投稿日:2007/05/06 レビュアー:sunday 777 silence

かなりおすすめの作品です。
個人的なことですが、自分が小学生時代に実際に映画館で見た数少ない作品の一つで、ある意味、今現在になっても忘れることのできない名作の一つです。

この作品が、SFモンスターパニックの原点だと自分では思っているし、この作品があったからこそ現在のSFモンスターパニックがあるといっても過言ではないと思います。
1982年の作品ですが、まったく古さみたいなものを感じないし、当時としてのあの化け物の気味悪さは特筆ものでしょう。

エイリアンがあるのも、この作品があったからかなーと個人的には思いつつも、また忘れた頃に鑑賞しよう!

若かりしK・ラッセルにも感動です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今だ古臭さを感じない傑作SFスリラー

投稿日:2006/07/29 レビュアー:Tsugu

カーペンターのカルトなファンにとっての評価はよく分からないけど一般的にはカーペンターの最高傑作であり、俺的にも数あるSFスリラー中で珠玉の一作。久々に観たくなって借りちゃいましたが、全く色褪せてません。恐怖感は確かに有りますが、むしろ全編に漂うただならぬ緊張感、そしてストーリーが進むにつれて湧き上がってくる絶望的な感覚が普通のホラーとは異なる印象を見る側に与えてくれます。

カーペンターファンには悪いけど、最近の彼の作品を観るに付けて同じ監督が撮った作品とは思えない演出の凄まじさです。予算的にも潤沢では無かったと思いますが、爆発シーンやカメラワーク、セットの質など決して安っぽさは感じられません。エイリアンの造形もかなりグログロ、今時の半端な作品を凌ぐ気味の悪さを堪能出来ますね。そこらへんが公開当時には理解されなかったようで相当バッシングされたようですけど。

リアルタイムで観た口なんで、まだまだ古典なんて言いたくないけど、傑作と言って差し支え無い作品です。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全122件

遊星からの物体X