フルメタル・ジャケット

フルメタル・ジャケットの画像・ジャケット写真
フルメタル・ジャケット / マシュー・モディン
全体の平均評価点:
(5点満点)

133

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「フルメタル・ジャケット」 の解説・あらすじ・ストーリー

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

「フルメタル・ジャケット」 の作品情報

製作年: 1987年
製作国: アメリカ
原題: FULL METAL JACKET

「フルメタル・ジャケット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フルメタル・ジャケットのシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

フルメタル・ジャケット

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で’・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLR21154 2002年12月13日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 2人 1人

フルメタル・ジャケット デジタルリマスター版

  • 旧作

S・キューブリックが「シャイニング」以来、久々にメガホンを取った作品で、G・ハスフォードの原作を基にベトナム戦争の狂気を描く。徴兵された若者が、次第に戦闘マシーンとして人間性を失っていく様を冷徹な視点で追っている。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//ポルトガル
3:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DLRY18470 2008年07月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 4人 1人

1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】フルメタル・ジャケット(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語・北京語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:リニアPCM/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
WBRY18627*B 2009年11月17日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 6人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:133件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全133件

兵士って、すぐに出来上がるものじゃないんですね

投稿日:2010/05/24 レビュアー:Kavi

戦場を描いた80年代の反戦映画
「プラトーン」、「ハンバーガー・ヒル」、「フルメタル・ジャケット」の3つの中で、
一番印象の薄かった作品だったかな。
でも、それは幼かった当時の感想。

でも、大人になった視点で観ると、
本作品が一番考えさせられる映画かもしれない。

訓練学校での熾烈な訓練から、ベトナムの戦場まで、
青年達の変化を描いているのがこの作品。
一人のフツーの人間を、迷いを抱かせない大量殺人鬼に仕立てる
戦争の狂気を描いています。

戦場では、ハンパな覚悟や迷いがあっては、
自分がすぐに殺されてしまう。
だから、この徹底的な訓練が必要なんですね。
自己を完全に否定して、新しい概念を刷り込む手法は、「洗脳」の基本。
殺人マシーンとして洗脳されて、戦場に送り込まれる兵士たち。
観ていて、いろいろと複雑で、メビウスの輪のような疑問が出てきました。
これがキューブリックの世界ですね。

余談ですが、鬼軍曹はテクニカル・アドバイザーとして参加していた本物らしいです。
だから、ああもポンポン、下品で辛い台詞が出てきたそうです。
日常に使っていた台詞のようです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「体験的」映像で反戦を訴える

投稿日:2009/11/23 レビュアー:レイモンド・ウダ

 軍隊に入隊して「地獄の特訓」を受け、やがてベトナムの実戦に送り込まれる兵士たち。この映画はその一人の兵士の目線で見た「体験的ベトナム戦争映画」である。スタンリー・キューブリック監督作品というだけで注目を集め話題性に事欠かないが、確かに独特な雰囲気が全体に流れている。この作品と「地獄の黙示録」「シン・レッド・ライン」の3つが個性派戦争映画の代表だと思うが、見比べてみるのも一興。

 兵学校で鬼の教官(リー・アーメイ)が若者たちをしごく様子が長く描かれるが、このパートの結末が何ともやるせない。現実にこんなことも起こったのだろう。映画のタイトルがここで精神に異常を来す兵士(今も大活躍のヴィンセント・ドノフリオが別人のようなツルツルの太っちょの若者を演じています)の言葉として語られるのが印象的。

 主人公が前線を経験する最後のパートは、(ベトナム戦争映画では珍しい市街戦で)戦友たちが次々に倒れていく様子が実にリアルで、あまりにも冷静に淡々と実戦とはこういうものなんだよ、と語られるようで、アメリカ人の愛国心が如何に強くても、戦争することが本当に国のためになるのか?を考えさせるには十分な出来上がりになっていると思う。こういう手法の反戦映画というのもいかにもスタンリー・キューブリックらしい。

 個人的には大好きな映画ではないが、ベトナム戦争映画としては秀作である。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

必見!放送禁止用語連発教官!

投稿日:2009/05/01 レビュアー:アマギン

ベトナム戦争とありますが、あくまでも戦争を舞台に
しているだけで、そこに徴兵された“若者の変わり行く様”
を見ることができた作品でした。

前半三分の一は、戦場ではなく海兵隊訓練所での物語。
訓練教官にシゴカレたくる新米海兵隊員の過酷な訓練模様を
見るわけですが、これが強烈に迫力ありです。
訓練教官のハートマン軍曹がとにかくいかつい。
登場してまもなくその雰囲気にどっぷりつかり、
息抜きできる場所なんぞ全くありません。
言葉がとにかく汚い!よくもまぁここまでズバズバと
汚い言葉が思い浮ぶもんだなぁと関心してしまいました。
そんじゃそこらの作品では、ここまでのマシンガン罵声
に太刀打ちできません。鑑賞前にある程度の“悪口”を
考えて見てみてください。大抵の方はハートマン軍曹に
白旗あげるはずです!

この作品は二部構成と言われていて、上記訓練場にて
一度目の結末を迎えます。戦争の背景を知らなくとも
とにかく強烈な印象を受ける前半だと思います。
若者がどのように変貌するのか、どこまで理性を保った
状態で戦場へ向かうのか。じっくりと見ていただきたいです。

戦場へ物語が移行後(こちらが第二部)は、更に勢い増して
スピーディーに話が進むかと思いきやそうでもなく、
交戦シーン以外の描写が多かったように思います。
「プライベート・ライアン」のような血生臭い描写から得る
反戦物語ではなく、主人公の行動や発言によって見るものでした。

第二部で印象深いのはラスト。まさかまさかのデスマーチ。
子供の心は何も恐れぬ野生心。ラストに主人公の発するセリフが
、不気味にも正反対な音楽を毒づけます。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

天才監督の描く反戦映画ネタバレ

投稿日:2008/12/30 レビュアー:ナビ助

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

難解な作品も多いキューブリック監督にしてはとても簡潔に
オードソックスに戦争の真実を描いています。
声高に反戦を叫ぶよりリアル戦場の惨状と無駄死にしていく
若者の姿を晒した本作を見せれば「国策で徴兵」してる国の
嘘がおのずと見えてくるのでは?と思うのですが。。。
埋もれた名作が続々DVDリリース。
いい兆候ですね。
アメリカの景気は悪いけど映画産業にはこれからも沢山元気を
与えてもらいたいと願う今日この頃。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

that'sキューブリック。印象的なシーンの連続。ネタバレ

投稿日:2008/12/26 レビュアー:ta-k

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

中学生だったある日、
学校へ行くと男子達がみんな、
「サー、イエス、サー」って叫んで遊んでた。
この映画がテレビで放送された翌日のこと。
自分は観てなかったし、吹き替えでどのようだったのかは
今では知りようがないが、
当時の中学生には、それだけ印象的なシーンだったんだろうな。

この年になって、やっと初見。
さすがのキューブリックですね。
すごい映画だった。

まず、隠語、俗語、暴言、戦争言葉、字幕の古さなどから、
なかなか、意味が頭に入らない場面が多かったのは確か。
でも、何かを感じ取るには、観るだけでも十分な映画で。

前半の45分、延々としごきのシーン。
すごい。45分後のあのシーンを印象づける為の45分。
だけでもなかった。最後まで見ると違う感じも。
青年を狂気に追い込む、っていうだけで無いんだ。
あの前半のために、最後に襲ってくる虚無感があるんだ。
そういう気がした。
洗練された軍隊、精鋭達のそれ故の虚しさ。

んで、that'sキューブリックっていう感じの、
最後の「ミッキーマウスマーチ」。
まちがいなく、自分の頭に焼きつきました。

監督の「完全主義」ってのが、まざまざと見せつけられますよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全133件

フルメタル・ジャケット