ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュの画像・ジャケット写真
ビッグ・フィッシュ / ユアン・マクレガー
全体の平均評価点:
(5点満点)

225

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ビッグ・フィッシュ」 の解説・あらすじ・ストーリー

出産間近の妻とパリで幸せに暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワードは自分の人生を幻想的でマジカルな話として語り、聞く人を魅了し楽しい気分にさせる名人だった。ウィルも子どもの頃はそんな父の話を聞くのが大好きだった。しかし3年前の自分の結婚式で喧嘩して以来、父とは不和が続いていた。そんなある日、母から父の病状が悪化したとの報せを受け、ウィルは妻を連れて実家へと向かう。しかし、病床でも相変わらずホラ話を繰り返す父と、父の本当の姿を知りたいと願う息子の溝はなかなか埋まらなかった…。

「ビッグ・フィッシュ」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: BIG FISH

「ビッグ・フィッシュ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ビッグ・フィッシュ コレクターズ・エディションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
RDD34933 2004年10月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
84枚 1人 3人

【Blu-ray】ビッグ・フィッシュ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
125分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
BRR34933*B 2008年08月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
32枚 1人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:225件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全225件

信じたくなる、夢のある楽しい物語ネタバレ

投稿日:2008/08/01 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

* 最初は、<父親の話は、どれが真実でどれが作り話なんだろう?>というこの映画の息子と同じ目線で、父親の話を聞いていました。ところが、気づけば、どっぷりファンタジーの世界にいるではありませんか!?父親の語る話が楽しくて楽しくて…、<これからどんな出来事が、そしてどんな出会いが語られるのだろう?>とワクワクしました。ありえない、面白いエピソードだらけで楽しめました。

 そして、最後のお話…それは父の死に方についてのお話でした。ここでの語り手は、ほとんど息子…。そうです!ここにきてようやく、冷めた目で、一方的に聞くばかりだった息子が、物語に参加するのです!親子で一緒に作った最後の物語…とてもステキなお話でした。
 悲しいはずの死というものが、なんだか楽しい死に感じるから不思議です。これからも、きっと、父親は物語の中に生き続けるのでしょう。何と言っても、息子という語り手がいるのですから…。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

うーん

投稿日:2008/07/16 レビュアー:ハヤコ

毒が少なめで
お子さまにも安心で見せられますが
ティムバートン特有の
切なさが少なかったなぁ

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生を楽しむ秘訣でしょうか…ネタバレ

投稿日:2008/03/12 レビュアー:さすらいのウィン

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

幻想的でとても美しい映画でした。

ごく普通の人生でも、違った見方をすればいくらでも素敵なものに感じられるということを知った気がします。

いつも脚色めいたことばかり話す父にイライラする主人公のジレンマも分かるし、人生を空想めいたおとぎ話のように語るけど常に前向きで明るく楽しい父親の気持ちも理解できる、そんな映画でした。

このお父さん、決して『人生ここがつらかった』『あそこが苦しかった』って言わないんです。な〜にほんのちょっと修行したのさ♪てな感じですべてを受け入れてる。そこが素敵でした。人生を常に楽しんで生きているんです。そして周りの人を楽しませたいと思っている。だからこそ皆に愛されるのかな。

あるがまま、を語ってくれないのは子供の気持ちとしては複雑でしょうが…。ウム、時には空想ぬきでそのままの話も聞きたい。幻想的な物語の裏には残酷とまではいかないけどハッとするような?真実も混じっていたりするんですよね。

でも最後には息子も父のことを理解します。

美しい物語でした。

う〜ん…好みはあるでしょうが私はぜひ!と言いたいくらいオススメでした☆

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

男の子”だった”方にネタバレ

投稿日:2008/02/17 レビュアー:まゆまゆ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

おすすめの映画でしょうか。
子供の頃留守がちだった父親に、自分や家庭よりも大事なモノがあるんじゃないかと疑問を抱くことから、あんなに楽しみにしていた寝物語どころか父の話すこと全てが作り話であり、目の前の父は本当の姿を見せてくれていないのでは?と次第に距離をおいて行った息子。
父の死期を前に、本当のことを語って欲しい、と懇願する息子。
ビリー・クラダップが控えめながらもそんな息子の切なさを伝えて来ます。
父親はアルバート・フィニー。子供がそのまま大人になったような彼の演技に正直息子のウィルじゃないけどイラッとしてしまったりしました。
若い頃の役にはユアン・マクレガー。前向きで人の好い彼と、彼の語り口どおりに再現?された様々な出来事や人との出会いは楽しめました。夢のある映像だったと思います。
スティーブ・ブシェミやダニー・デヴィート、ヘレナ・ボナム・カーターなどの脇役も随所随所で存在感のあるキャラクターを見せてくれますが、私は特に母親役のジェシカ・ラングが良かったです。母親として、よりも妻としての存在感。深い愛情と器を感じました。彼女の愛情が旦那を支えて来たであろうことはきちんと伝わって来たのです。

俳優陣が「内」の演出をし、ティム・バートン監督は「外」の演出をする・・・。そんな映画だったと言えるかな。

最後の語り役は息子のウィル。ずっと盛り上がることなく淡々と進んで来た物語が最後にグッと締まりましたね。とてもドラマティックでした。 

ただ全体的に見た個人的な感想としては、強く惹き付けられることなく終わってしまいました。
おすすめするとしたら優しい気持ちになりたい方、ですかね。

「Bye,for now.」 今は、お別れ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

自分の人生もこんなウソ物語にできたなら。バートンの泣ける名作

投稿日:2007/10/07 レビュアー:ひらり

私も子どもの結婚式には子どもが生まれた時の話を…と思っていたので、息子ウィル(ビリー・クラダップ)の一言は辛かったですね。
もう、そこから感情移入のスイッチオン!

結局、映画も本も、語られる物語は創られたウソなんですよ。
でも、人はウソだとわかっていても笑い、涙し、感動します。
今までのバートンなら、明らかなウソを観せて「ウソの中から現実を見つけてごらん」だったのに、この作品はウソと現実が見事に寄り添った作品となっています。
ウソ物語の素晴らしさは今までの作品でわかるけれど、現実シーンの物語も素晴らしくて、父と子の葛藤に弱い私は、後半、涙腺崩壊状態に…。
(涙腺崩壊シーンは<ネタバレ>↓で…)

「素敵なウソ話」と「現実そのままの面白くない話」
面白くない現実の中にある素敵な幸せを見つけ出す感性。
どうせ、ウソつくなら人を幸せにするウソをつきたい。
天才(と私は信じている)ティム・バートン監督の映画を創る姿勢と映画の楽しみ方が伝わる作品です。

ウルウルでエンドテロップの歌詞を追いかけながら、自分の人生もこんな物語(ウソ)にできたなら幸せだろうなぁと…。


アカデミーは作曲賞のみ、ゴールデン・グローブと英国アカデミー、放送映画批評家協会は作品賞含め、複数の部門で候補(どまり)、キネ旬ベストテンは10位の評価でしたが、私はフィニーとブシェーミに助演、それに脚色か脚本賞もあげたい作品でした。










<ネタバレ>
ウソと現実が見事に寄り添った涙腺崩壊シーン。
その1
パジャマのままバスタブに沈み込んで、目を開けると水中から妻の姿がゆらめいて見える。その姿を見た妻も服を着たまま一緒にバスタブに入る。
(ラストBig Fishとなる父の伏線でもあったこのシーンで、涙…)
その2
葬式の参列の車から大男の黒い靴がアップで映されたとき。
(5mの怪物巨人じゃなかったけれど、涙止まらず…)

だって、現実は結構辛かったと思うよ。
愛する人のためとはいえ、ライオンに頭つっこんで、像のふん掃除の毎日だよ。
一目惚れから6年もついやして結ばれるんだよ。
ようやく結ばれたのに、ベトナムの最前線で戦争だよ。
家族と離れて広い国土を車でセールスして廻るんだよ。
大好きだった街が無くなってしまうんだよ。
それなのに、最期のときまで息子とわかりあえないんだよ。

私は、幸せな気分になれたり、元気をくれるウソの物語が大好きです。だから『ビッグ・フィッシュ』も、何度も観たい作品となりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全225件

ビッグ・フィッシュ