ディパーテッド

ディパーテッドの画像・ジャケット写真
ディパーテッド / レオナルド・ディカプリオ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

375

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ディパーテッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

 大ヒット香港ノワール「インファナル・アフェア」を、レオナルド・ディカプリオ&マット・デイモン主演、マーティン・スコセッシ監督で豪華にリメイクした犯罪サスペンス。警察に潜入したマフィアの男と、マフィアに潜入した警察の男、そんな対照的な2人を待ち受ける皮肉な運命を、重厚かつリアリティあふれる演出でスリリングに描き出す。警察学校を優秀な成績で卒業したビリーとコリン。やがてビリーは、マフィアへの潜入捜査を命じられる。一方のコリンは、マフィア撲滅の特別捜査班に抜擢されるが、その正体はマフィアのボスに育てられたスパイだった…。

「ディパーテッド」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: アメリカ
原題: THE DEPARTED
受賞記録: 2006年 アカデミー賞 作品賞
2006年 ゴールデン・グローブ 監督賞
2006年 NY批評家協会賞 監督賞

「ディパーテッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ディパーテッドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DLR73674 2007年06月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
130枚 6人 4人

【Blu-ray】 ディパーテッド(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
151分 日本語 英語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 WBRY11729*B 2008年03月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
35枚 0人 3人

関連作品

ユーザーレビュー:375件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全375件

ディカプリオのみ!☆☆ネタバレ

投稿日:2007/06/10 レビュアー:hiro

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

長い映画でした・・・。151分って、長すぎませんか。

何の前評判も知らずに、CMを見て「面白そうだな」と思った感覚のみで借りました。
妹と2人、わくわくしながら見始めましたが、30分たってもドラマは起きず、1時間たってもまだドラマは起きない。

いや、これは150分もある大作なんだから、まだこれからなんだって、とそれでも期待していたら、パンパンパンと終わっちゃいました。

うーん。これは・・・。
ディカプリオのみ、良かったです。好きな俳優ではなかったのに、ちょっと見る目が変わりました。演技がちょっとうまくなったなぁ(偉そうですが・・・)と思いました。

対比するマット・デイモンがただのパシリにしか見えず、あまり知性を感じられなかったのがいまいち。あとジャック・ニコルソンが怖くない。もっともっと怖い設定に出来たはずなのに、インパクトが弱い気がしました。なので、それに怯えるディカプリオを見て「え?そんなに怖い?」と思ってしまいました。

デカいはずの仕事もどう「すごい」「デカい」のかが分かりにくく、「ファ○ク」という言葉ばかり耳につく映画でした。
面白いとレビューを書いている人もいるのに、私はいまいちついていけなかった・・・。会社の同僚に「面白いよ」と言われたのに、ついていけず残念でした。

吹き替えた方がよかったのかもしれません。字幕読んでると眠たくなってしまったので・・・。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

これは何かの冗談なのか?

投稿日:2007/06/04 レビュアー:いのだす

これが今年のアカデミー作品・監督賞を受賞して一番驚いたのはスコセッシ自身じゃないのかな。アカデミー賞選考委員もなに考えてんだか。・・・嫌がらせかもしれない。

なにしろヘンな映画だ。とにかく造りが荒っぽい。ストーリーを盛り込みすぎてどーの、という以前にやっつけ仕事。「渾身の」前2作が評価されず、さては監督自棄(やけ)になったか。
出演者もヘンだ。ベテランたちの妙に力んだ大げさな演技は何だ。パロディ映画かNG特集みたい。ジャック・ニコルソンに至ってはただの変態オヤジ。こんな組織のボスいません。いりません。
まじめに役作りしたらしい若手2人(レオとマット)がホント可哀想。完成品を見るまで、まさかこんな映画とは思わなかったのだろうなぁ。

まさにラズベリー賞ものの珍品。騙されたと思って(笑)皆さん見てください。・・・それにしてもマーク・ウォールバーグの七三分け、それだけで絶対ヘンだ。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

★★情緒無用ネタバレ

投稿日:2010/11/18 レビュアー:信長

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

リメイクだとは知らずに観ました。
それなりに面白かったのですが、僕側の事情として、
ディカプリオとマッド・デイモンの見分けがつかないという……荒技のために、鑑賞がしんどかったです(笑)

『インファナル・アフェア』のほうはケーブルテレビで録画してみたものの、
数分で消してしまったものだと思います。
なので、リメイク元を知らないので「あれ?これみたことあるぞ?」とも思わずに普通に観ていました。

こういうのを観ていると、24って本当に先駆けなんだなぁと思いますね。
刑務所に入ってた履歴を作るために本当に刑務所に入るとか。そんなの書類上どうとでもできるもんじゃないのか?
と思います。

ラスト、囮の方が警察リストから消されていましたが
何不自由無く殉職扱いされてたのが不思議でした。

もう、なんというか
パンパンパンパン簡単に人が死んでいく。
この断末魔のなさが逆に感動します。
邦画も人を殺すときにこれぐらいふんぎれてほしい。


何をしても
死んだら終わり

それが身に沁みる映画です。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ニアミスネズミーランド。

投稿日:2010/02/14 レビュアー:天才芸人

とにかくこれでもかと
「ファック!」「ファック!」言いまくる超お下品映画。
でもお下品なのはセリフの話で、
内容はドロドロ特濃ストーリー。
ちなみに原作というか元作(?)は未鑑賞です。


双方の組織に「ネズミ」がいることの緊張感、
マフィアのボスのキレっぷり、
一人の女性の立ち位置、途中退場者の行く末、
そしてテンポの良い演出と上質な演技。
これでもう面白くないわけがありません。
観る前は「2時間半はちょっと長いなぁ」と思ってましたが、
途中もまったく飽きず、かなり早く時間が過ぎた印象。
マフィア絡みのサスペンスとしては、
「極上」と言って差し支え無いのでは。


ただ一つ気になったのが…
一回ポコチンはっきり映っちゃってましたよね。
あれっていいんですかね?w

あと、終わり方については、
少しだけ、なんか「楽な方に逃げたなぁ」と言う気がして
そこがちょっとだけ引っかかりました。
ネタバレなので詳しく書けないんですが、
落とし前の付け方としては、まあやりやすい方に行ったな、と。
それが少しだけもったいなかったかな。
あそこで「ムムッ!」となるエンディングがあったら、
満点付けてたと思います。


演技については、
ジャック・ニコルソンのキレっぷりもよかったですが、
しっかしやっぱりディカプリオですよ!奥さん!
もうファックファック言う悪ガキやらせたら
この人を超えられる人はいない気がしてきました。
潜入捜査官、っていうポジションがまたよく似合う。
普段はワルだけど内には熱い物を秘めている、みたいなのが。
ほんっと演技お上手です。ディカプリオ。
まだ「タイタニック」のイメージで「甘ちゃん俳優だろ」とか
思ってる人がいたら観てみてほしい。

もっとも僕は「タイタニック」観てないけどね!
ね!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やっぱりだめだった。

投稿日:2009/07/29 レビュアー:takako

アマゾンで、3本3000円のdvdがあって、最後の一つをどうしたものか思ってた時に、この映画、結局見てないし、もう2年も経ったからもういいかと、時効かと思って思い切って購入してみました。

だめだった。

この原作映画を見たのは新作DVDで。だからいつだったかしら??その前からトニーの大ファンで。私のお気に入りはロンゲストナイトだったり、シクロだったりします。そして衝撃のインファナルアフェア。その当時アイドルだったアンディーラウがトニーの映画に出るのかとびっくりした記憶もありますが、衝撃のラストにオーマイゴッ!!!!。

マーティンスコセッシがフィルムノワールにたけているのも知ってる。レオがマットがすばらしい俳優だって知ってる。ジャックニコルソンだって私のフェイバリットアクター。

でも、この映画はいけない。許せない。なぜに脚色賞をとれてしまうのか??賞が取れるのは原作が何か足りてないからのか??何を脚色してこういう映画ができてしまうのか。私には許せない。

何が一番許せないって、本来レオを助けるはずの警部役の人。ごめんなさい、いろいろな映画であなたが活躍しているのを知っています。でもレオの上司にあたるならば、ジャックニコルソンのライバルにあたるならば、あなたはあなたのままではいけない。

そして、時代設定。この原作映画、ほぼ10年以上前の作品になるわけで、ハイテク技術の定義もことなるはずでしょう。ガラス窓を使ってモールス信号を送っていたトニーが頭をちらつきます。アメリカのあなた方よ、いつ、どこにいらっしゃるのか??

精神科医の設定に対して、女優さんに対して、何もいえない。何もいうまい。私はアメリカ人じゃないと認識するのみ。

原作映画の続編に対しても、別になくてもよかったのではないかと(だって1の最後で主要登場人物が死んでるわけだし)信じて疑わない私。だからこそ、1だけでもレオに、マットに、観てほしかったと思う、そしたら絶対に違う人物になってたんじゃないかと思う、悲しい作品。なぜに??

さて、この買ってしまったDVDどうしましょ。だれかオリジナルと交換してください。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全375件

ディパーテッド