秒速5センチメートル

秒速5センチメートルの画像・ジャケット写真
秒速5センチメートル / 水橋研二
全体の平均評価点:
(5点満点)

130

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「秒速5センチメートル」 の解説・あらすじ・ストーリー

 小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く…。貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨を切り取った表題作「秒速5センチメートル」の3編を収録した連作短編アニメーション。監督は「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」の新海誠。ありふれた日常の中で繰り広げられる男女の心の機微を美しい映像でリリカルかつノスタルジックに綴る。

「秒速5センチメートル」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: 日本

「秒速5センチメートル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 新海誠
出演: 水橋研二近藤好美花村怜美尾上綾華

秒速5センチメートルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
63分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
APD1215 2007年10月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
403枚 15人 7人

関連作品

ユーザーレビュー:130件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全130件

映画館でも観てみたかったです。ネタバレ

投稿日:2007/11/19 レビュアー:竹之内波太朗

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 劇場用ということでかなり手のこんだ作品(背景等)だと思いました。
 若かりし頃の恋愛というものは、こんな感じではないでしょうか?簡単に初恋の女性と逢えないという現実、昔を振り返る男性、過去を断ち切り現在にいきる女性、しごく当たり前のストーリーなのに面白かったです。ただ、オジサンの僕としては初恋の時期がチト早いような…。それと第3話は主題歌のPVですね。
 初恋の二人のハッピーエンドを望む人にはオススメ出来ませんが僕は好きな作品です。

 

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

3話構成からなる作品

投稿日:2007/10/18 レビュアー:キャップ

背景の美しさは相変わらずの溜め息ものです。
時間を追って三部作毎に別れ、それぞれで切ない展開が待っています。
桜花抄は全体を引越しで離れ離れになる中学生の貴樹と明里の話、鹿児島へ引っ越す前に、先に栃木に引っ越してしまった明里に会いに行く貴樹、しかし途中に降りかかるトラブルに自分の無力さを感じる事となります。
この時代ではケータイ電話が登場せず、手紙や公衆電話といった連絡手段が、良い味を出してくれます。
まだ幼い、拙い恋愛を描いたものですが、最後の方の展開で、ちょっと混乱する描写があったのが気になります。
コスモナウトは主人公を変えて、貴樹に想いを寄せる女の子の視点で物語が進みます。
求められる立場として描かれる貴樹、しかしなかなか距離を詰められない決断力に乏しい性格の花苗、割と王道気味で、肩の力を抜いて見れます。
秒速5センチメートルについては、桜花抄の続き
で、その後の二人が描かれます。ただこれで終わりなのか?感を感じたのが少し残念です。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

新海ワールド全開・・・ネタバレ

投稿日:2018/01/07 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

作品出だしの明里のセリフ桜の・・・秒速5センチメートル・・・で始まる本作。
静かに淡々と進むストーリーは新海監督ならのものでしょう。
空気感や余韻が想像力を描きたてます。
綺麗な作品でした。

圧巻は作中に流れる「One more time, One more chance」(山崎まさよし)の曲とのマッチングですね。
挿入歌とのマッチメイクは見事でした。
作品の本質に見事にマッチしていたと思います。

惜しむらくは、想い合う二人の関係が何となく消滅しまうのも新海監督ならでしょうか?
ハッピーエンドを望む私にはそれが残念でなりません。
何故って?
見終わった自分が幸せになりたいから。

それでも楽しむことができました。
面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

せつな過ぎて胸が苦しくなる作品

投稿日:2016/11/11 レビュアー:飛べない魔女

新海誠監督作品総ざらい第3弾はこれ。
『桜の花びらの散り落ちるスピード』が秒速5センチメートルなんだそうで。
男女の仲も、秒速5センチメートルで近づけたら、いつかは結ばれるのだろうか?

小学校の時にともに転校生としてやってきた貴樹と明里の大人になるまでの物語を
3章に分けて描いている。

・第1章 桜花抄(おうかしょう)東京と栃木に離れてしまった中学時代の貴樹と明里の物語
・第2章 コスモナウト 種子島に引越しをした貴樹と彼に想いをよせる澄田花苗の物語
・第3章 秒速5センチメートル 大人になった貴樹と明里

初恋の味は甘酸っぱいレモン味。
どんなに想いが深くとも、時間と距離には勝てないのか?
あの日のキスが人生で一番大切な思い出になっているというのに、
距離と時間は残酷にも二人を引き裂いて、それでも想いを引きずったまま
大人になっている貴樹が切ない。
そして、貴樹のことを考えて泣きながら眠るという花苗の想いもまた切ない。

最後に『秒速5センチメートル』のタイトルを持ってきたところも衝撃。
そして突然流れる山崎まさよしの「One more time, One more chance」で
もう心は張り裂けそうに切なさで一杯になるのだ。


このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

秒速5センチメートルネタバレ

投稿日:2014/12/27 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 昔の恋をいつまでも忘れられないなよなよしてる男の話の全3話の短編アニメーション。
 
 1話「桜花抄」。
 中坊の主人公の男の子が、両想いの女の子が栃木に引っ越しちゃったんで、会いにいくけど大雪で電車が遅れに遅れる話。

 2話「コスモナウト」。
 主人公の事が好きな別の女の子目線のは話。

 3話「秒速5センチメートル」
 1話の2人が大人になって、いまだに女の子が忘れられない話。

 全編、ハラハラと舞う桜の花びら、降り積もる雪、走る電車、新海誠作品らしい細かい背景の描写や音使いは綺麗だしみとれてしまいますが。うるさいくらいの自分の気持ちのモノローグも全開で見ててだんだんどうでもよくなっちゃいました。
 青春ってこんなきれいな事だけじゃないと思ってしまって、くだらないことだらけな部分が大半で、青春を美化しているだけではないのかとひねくれて見てしまう自分がいました。
 好きな人が待ってるのに電車が動かないのはハラハラドキドキするし、主人公もボソボソとモノローグでその気持ちを語るけど。画面がハラハラドキドキしないから見ててハラハラドキドキの盛り上がりがなかったりして、全体で60分しかないのに恥ずかしい台詞の吐露と短いカットと桜の花びらやロケットの速度に自分の気持ちを重ね合わせたりして、自分が見るのには少し恥ずかしいアニメーションでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全130件

秒速5センチメートル

月額課金で借りる

都度課金で借りる