墨攻

墨攻の画像・ジャケット写真
墨攻 / アンディ・ラウ
全体の平均評価点:
(5点満点)

163

  • DVD
ジャンル:

「墨攻」 の解説・あらすじ・ストーリー

 戦乱の中国を舞台に、“墨守”という故事で知られる戦闘集団“墨家”の天才戦術家・革離(かくり)の活躍を描いた森秀樹の同名コミックを、中国・日本・香港・韓国の合作で映画化した歴史アクション超大作。主演は「インファナル・アフェア」のアンディ・ラウ。監督は「流星」のジェィコブ・チャン。紀元前370年頃の戦国時代、攻撃をせずに守り抜く“非攻”を信念とする集団“墨家”がいた。その頃、大国・趙が送り込んだ10万の大軍を前に、全住民わずか4千人の梁城は落城寸前の危機に瀕していた。梁王は墨家に援軍を求めるが、やって来たのは粗末な身なりの革離ただ1人だった…。

「墨攻」 の作品情報

製作年: 2006年
製作国: 中国/日本/香港/韓国
原題: A BATTLE OF WITS

「墨攻」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

墨攻の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
133分 日本語 吹き替え用 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/北京語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ASBX3866 2007年07月27日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
27枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:163件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全163件

いいね。

投稿日:2008/01/04 レビュアー:土方歳二

騎馬将軍の女優さんが可愛いですね。
スケールは大きいのですが。
思ったより迫力不足。
所詮は守りの話なので。
でもストーリーも役者もいいですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

良かった!

投稿日:2007/10/19 レビュアー:寝太郎

固定観念など持たないで、素直に見れば面白い映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

革離がかっこよすぎ。ネタバレ

投稿日:2007/10/13 レビュアー:ぎら

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

原作がすごく面白かったので、期待をして見たのですが、ちょっとがっかりです。主役の役者が格好良すぎて、泥臭い革離のイメージが表現しきれていない気がしました。また、日本人にとっては、異国の話ですので、時代背景等の描き方が中途半端なため、ちょっと難しく思えるのではないでしょうか。
また、全体として恋愛部分を強く押し出しているところも残念なところです。もっと、骨太な映画に仕上げて欲しかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待が大きかっただけに...

投稿日:2007/10/08 レビュアー:よしパパ

ざんね〜ん(涙)ビッグコミック連載時にはまって、小説も読んで、それが今まで引きずってたので映像化にはかなり期待してたのですが...やっぱり絵がどうのこうのというよりはストーリーですよね、この作品を生かすために重視しなければならなかったのは。
マンガの革離は、ほんとに大丈夫?って感じだったけど、アンディ・ラウじゃ一人でもなんとかしてくれそうって感じですもんね。
なんとな〜く焦点がぼやけちゃった感じがして、残念でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

脇役の個性と存在感に救われた作品

投稿日:2007/10/06 レビュアー:Tsugu

「10万の敵にたった一人で挑む」ってキャッチコピーに趙雲や呂布の如き猛将が大暴れのアクションバトルを期待してましたが、当然そんな話ではなく、軍師的役割を担った革離(アンディ・ラウ)を取り巻く数奇な運命を描いたスペクタクル巨編。

原作ありきの作品だし、何の予備知識も無い俺としては状況説明がぶつ切りなので、見てるうちに所々でハテナマークが頭の中を駆け巡ってましたが、映像の迫力とテンポ良いストーリー展開のおかげで飽きずに一気に楽しめましたね。いくらコミック原作とは言え、丸っきり史実とかけ離れたようなお話は個人的に馴染めないんだけど、考証面で嘘がバレナイような工夫をしてるようだし、余り違和感無かったな。

見どころはスケールのでかい戦闘シーンって事になりますが、むしろ敵役の巷淹中(アン・ソンギ)の存在感が懐の薄いストーリーの中で光ってた。一本筋の通った彼の戦いの美学、アン・ソンギの抑えた演技は風格、威厳を大いに感じさせるもので作品の中で異彩を放つオーラが漂ってました、素晴らしい。弓の名手、ニッキー・ウーも個性的な演技で魅せてくれます。

作品の締め方が微妙で感動作にはなり得なかったのが、残念。勝者と敗者の位置づけを別の視点で見せてるものの革離の心の叫びや葛藤をストレートに表現しても良かったような気がします。惜しい!。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全163件

墨攻

月額課金で借りる

都度課金で借りる