デイジーの画像・ジャケット写真

デイジー / チョン・ジヒョン

全体の平均評価点: (5点満点)

149

デイジー /アンドリュー・ラウ

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「デイジー」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

 「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョンと「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンの共演で贈るサスペンス・ラブストーリー。全編オランダを舞台に、一人の美しい女性と彼女を愛する刑事と暗殺者、皮肉な運命に翻弄される男女3人の愛の行方がスリリングに描かれる。監督は香港のヒットメイカー、アンドリュー・ラウ。画家の卵、ヘヨンは、デイジーの花を贈り続ける名前も顔も知らない男性を想い続けていた。そんなある日、広場で肖像画を描くヘヨンの前に客として現われジョンウ。ヘヨンは、彼こそ彼女が想い続けてきた運命の相手と確信するが…。

「デイジー」 の作品情報

作品情報

製作年:

2006年

製作国:

韓国

原題:

DAISY

「デイジー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

黄金の私の人生

スウォーズマン

約束の地 〜SAVE ME〜

公共の敵

バレット・オブ・ラブ

ユーザーレビュー:149件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全149件

内容は微妙!?でもチョン・ウソンの男前っぷりは健在! ネタバレ

投稿日:2006/11/17 レビュアー:momona

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大好きなチョン・ウソンが出ているのでかなり楽しみだった。
正直、ウソンが出ていれば内容などどうでもよかった。

ストーリー的には予想通りな感じだった。あらすじのまんま。
韓国映画お約束の最後の大どんでん返しは今回はなかった、珍しい。
けっこう最後の大どんでん返しを期待していたので、最後はあっさりだった。
ラスト、フランス映画のようにはっきりしない終わり方だったのが消化不良。

殺し屋役のウソンはジヒョンのことが好きだけど、表に出ることができない。
そんなシーンが切なくて泣けた。
ウソンは不器用な男が似合う。

“殺し屋”というアジアではイマイチリアリティのない役設定も、オランダが舞台ということでまぁなんとか受け入れられる。
それにしてもウソンは顔もいいけど、声もいい。
ちなみにウソンの男っぷりのせいでイ・ソンジェはかわいそうなくらい地味だ。(ちなみにイ・ソンジェの声はちょっと変わってて、途中から忌野清志郎の声に似ていることに気づいた...)

でも見ているうちになんか惹きつけられる。
けど、けっこう早く殺されてしまう。
そこがまたかわいそうだ。
「えぇっ!?そんな簡単に殺されちゃうの!?」
みたいな感じ。

一緒に観た人は、観終わった後、「つまんない」を連呼していた。
私は音楽もけっこう切なくてよかったけど、彼女は音楽も「よくなかった」と言っていた。
個人差があるらしい。
「ウソンがかっこよすぎて全然感動しない」
とも言っていた。

たぶん賛否両論。

でもストーリーはアクションなのかラブストーリーなのかちょっと中途半端だったことは確か。
どっちを求めるかによって感じ方も違ってくる気がする。

あぁ、チョン・ウソン、かっこよすぎてなにをしても泣けてくる。
あの人が泣くと泣けてきます。
チョン・ウソンが好きな人は内容を気にせず観るべき。


評価:★★

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

☆2つ

投稿日:2006/11/13 レビュアー:こうじ

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ごくごく簡潔に・・・。

投稿日:2006/11/08 レビュアー:彼女

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

残念

投稿日:2006/11/05 レビュアー:チョコタン

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

60pts. 【主演】チャン・ジヒョン ネタバレ

投稿日:2013/02/12 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

悲しい恋の物語。

絵描きを目指す美女(チョンジヒョン)が、
デイジーの咲き誇る場所で絵を描いている。

そこには、丸太橋をわたっていくのだが、
その橋から、ある日、落ちてしまう。

それから、そこに行くのが怖くなっていたが、
あるとき、そこ、丸太を2本渡して、
安全な橋につけ変わっていた。

作ってくれた人にお礼として、
デイジーの絵を橋においておき、別の日にそれはなくなっていた。

彼女は、オランダの街で、
祖父の骨董品屋を手伝っていたが、
そのときから、デイジーの鉢植えが、届けられるようになる。

骨董品屋を手伝う傍ら、街で、
似顔絵を書く仕事をしていたが、そこに、
デイジーの鉢植えを持った、同じ韓国人が絵を描いてくれいう。
その人は、絵を描いてもらいながら、主人公を見るより、
後ろの建物を気にしていた。

彼女は、彼に惹かれていくようになる。

というストーリー。


とりあえず、ネタバレすると、
彼女は、なんやかんやあって、
その彼が原因で、声を失うことになる。

そんな彼女を助けるのが、その橋をかけた人だったが、
その人にも、大きな秘密がある。。。

てか、、、もう、見てない人は、読まないでほしいが、








彼は、殺し屋なわけ。

刑事と殺し屋が、一人の美女を取合うという、
構図としては、かなりわかりやすい、
べたな映画。

でも、着想は面白いと思うし、
チャン・ジヒョンなら、いいよなって思う(笑)

ただ、細かいところが、かなり横着すぎる。

町中から、あんな田舎っぽいところへのつなぎがなく、
時系列がよくわからない。

都会と田舎の対比はいいのだが、
そんな簡単に行き来できる感じなのがよくわからない。

まったく、雰囲気が違うところなのに。

ある意味、この構図を大事にするため、
ストーリーありきで話を作っているため、
人間がこうあるというのが置き去りにされている。

発想はいいし、いい男といい女をキャスティングできてるだけに、
残念な映画だと思った。でも、
合格点には達しているとは思う。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

46〜 50件 / 全149件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:149件

内容は微妙!?でもチョン・ウソンの男前っぷりは健在!

投稿日

2006/11/17

レビュアー

momona

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

大好きなチョン・ウソンが出ているのでかなり楽しみだった。
正直、ウソンが出ていれば内容などどうでもよかった。

ストーリー的には予想通りな感じだった。あらすじのまんま。
韓国映画お約束の最後の大どんでん返しは今回はなかった、珍しい。
けっこう最後の大どんでん返しを期待していたので、最後はあっさりだった。
ラスト、フランス映画のようにはっきりしない終わり方だったのが消化不良。

殺し屋役のウソンはジヒョンのことが好きだけど、表に出ることができない。
そんなシーンが切なくて泣けた。
ウソンは不器用な男が似合う。

“殺し屋”というアジアではイマイチリアリティのない役設定も、オランダが舞台ということでまぁなんとか受け入れられる。
それにしてもウソンは顔もいいけど、声もいい。
ちなみにウソンの男っぷりのせいでイ・ソンジェはかわいそうなくらい地味だ。(ちなみにイ・ソンジェの声はちょっと変わってて、途中から忌野清志郎の声に似ていることに気づいた...)

でも見ているうちになんか惹きつけられる。
けど、けっこう早く殺されてしまう。
そこがまたかわいそうだ。
「えぇっ!?そんな簡単に殺されちゃうの!?」
みたいな感じ。

一緒に観た人は、観終わった後、「つまんない」を連呼していた。
私は音楽もけっこう切なくてよかったけど、彼女は音楽も「よくなかった」と言っていた。
個人差があるらしい。
「ウソンがかっこよすぎて全然感動しない」
とも言っていた。

たぶん賛否両論。

でもストーリーはアクションなのかラブストーリーなのかちょっと中途半端だったことは確か。
どっちを求めるかによって感じ方も違ってくる気がする。

あぁ、チョン・ウソン、かっこよすぎてなにをしても泣けてくる。
あの人が泣くと泣けてきます。
チョン・ウソンが好きな人は内容を気にせず観るべき。


評価:★★

☆2つ

投稿日

2006/11/13

レビュアー

こうじ

ごくごく簡潔に・・・。

投稿日

2006/11/08

レビュアー

彼女

残念

投稿日

2006/11/05

レビュアー

チョコタン

60pts. 【主演】チャン・ジヒョン

投稿日

2013/02/12

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

悲しい恋の物語。

絵描きを目指す美女(チョンジヒョン)が、
デイジーの咲き誇る場所で絵を描いている。

そこには、丸太橋をわたっていくのだが、
その橋から、ある日、落ちてしまう。

それから、そこに行くのが怖くなっていたが、
あるとき、そこ、丸太を2本渡して、
安全な橋につけ変わっていた。

作ってくれた人にお礼として、
デイジーの絵を橋においておき、別の日にそれはなくなっていた。

彼女は、オランダの街で、
祖父の骨董品屋を手伝っていたが、
そのときから、デイジーの鉢植えが、届けられるようになる。

骨董品屋を手伝う傍ら、街で、
似顔絵を書く仕事をしていたが、そこに、
デイジーの鉢植えを持った、同じ韓国人が絵を描いてくれいう。
その人は、絵を描いてもらいながら、主人公を見るより、
後ろの建物を気にしていた。

彼女は、彼に惹かれていくようになる。

というストーリー。


とりあえず、ネタバレすると、
彼女は、なんやかんやあって、
その彼が原因で、声を失うことになる。

そんな彼女を助けるのが、その橋をかけた人だったが、
その人にも、大きな秘密がある。。。

てか、、、もう、見てない人は、読まないでほしいが、








彼は、殺し屋なわけ。

刑事と殺し屋が、一人の美女を取合うという、
構図としては、かなりわかりやすい、
べたな映画。

でも、着想は面白いと思うし、
チャン・ジヒョンなら、いいよなって思う(笑)

ただ、細かいところが、かなり横着すぎる。

町中から、あんな田舎っぽいところへのつなぎがなく、
時系列がよくわからない。

都会と田舎の対比はいいのだが、
そんな簡単に行き来できる感じなのがよくわからない。

まったく、雰囲気が違うところなのに。

ある意味、この構図を大事にするため、
ストーリーありきで話を作っているため、
人間がこうあるというのが置き去りにされている。

発想はいいし、いい男といい女をキャスティングできてるだけに、
残念な映画だと思った。でも、
合格点には達しているとは思う。

46〜 50件 / 全149件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

デイジー