親切なクムジャさん

親切なクムジャさんの画像・ジャケット写真
親切なクムジャさん / イ・ヨンエ
全体の平均評価点:
(5点満点)

218

  • DVD
ジャンル:

「親切なクムジャさん」 の解説・あらすじ・ストーリー

「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」に続くパク・チャヌク監督の“復讐三部作”完結編。「JSA」「宮廷女官 チャングムの誓い」のイ・ヨンエを主演に迎え、無実の罪で服役した一人の女性の壮絶な復讐の物語が描かれていく。共演は「オールド・ボーイ」のチェ・ミンシク。 天使のような美貌の持ち主クムジャは、ひょんなことからペク先生に幼い娘を人質に取られ、彼が犯した幼児誘拐殺人の罪を背負わされて投獄される。刑務所では誰に対しても優しい笑顔を絶やさず、“親切なクムジャさん”と慕われていた。しかし、彼女の目的はただ一つ、ペク先生に復讐を果たすこと。そして13年の服役の末、ようやく出所した彼女は、かつて恩を売った囚人仲間のもとを訪ね、ペク先生への復讐へ向けて周到な準備を進めていく…。

「親切なクムジャさん」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本
原題: SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE

「親切なクムジャさん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

親切なクムジャさん デラックス版の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
114分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 D*GNBR7420 2006年03月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:218件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全218件

残酷なくらい「親切」・・!意表をついた作品!

投稿日:2006/07/11 レビュアー:tomoko

子供を殺された遺族を集めて、犯人を順番にジワジワといたぶりながら殺していく・・・13年分の無実の罪で投獄された復讐をこんなかたちで晴らすとは!またタイトルの意味「親切な・・」というのも恩をきせて復讐の片棒をかつがせる魂胆だったとはね・・・過去と現在が交互にでてくるので若干混乱しながら見てました。でも最近、子供が殺されるという事件が最近増えていて、犯人が未成年だったり、成人だったとしても死刑になるとは限らない!「できれば犯人を自分の手で殺してやりたい!」そう思える時代にマッチした映画かな・・?「必殺仕事人」まがいの復讐劇には結構驚きました!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

タイトル負け〜

投稿日:2006/06/17 レビュアー:すずめっこ

作品名が素晴らしいですね。とても魅力的です。

しかしながら中身が伴っていませんでした。最後に追い詰められる犯人のイメージが抱きにくい。これは大変 致命的な失敗です。

韓国でも法は甘いのでしょうか。まぁ、被害者の身内が納得するような刑罰やってる国の方が珍しいのかもしれません。(先進国の中では)

99年に起きた、山口・光市母子殺害事件が映画化されるそうなので、そっちの方が楽しみです。(まだ出来てもないのに比べてゴメン)
もっと強く、もっとうまく、この作品が伝えたかった事を伝えてくれるんじゃないかと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

赤いアイシャドーに意味はあったの?

投稿日:2006/06/12 レビュアー:旭竜

脇のストーリーは面白いが、肝心の復讐劇部分が弱かった。
復讐されるチェ・ミンシクが演じたペクの人物描写がほとんど無いために、観ている側はペクへの憎しみを持てなかった。いや、持たせてくれなかった。これでは感情移入できず、入り込めない。

前半こそ、刑務所のエピソードを独特な映像センスと含みのあるナレーションで「何かあるかもしれない」と思わせるつくりは大変な才能を感じます。
しかし、後半への大きな伏線になるのだろうと期待していた「親切なクムジャさんぶり」も大した意味はなく、13年間良い人を演じ続けていた意味もよくわかりませんでしたね。

もしかしたら、パク・チャヌク監督はいろんなメッセージを仕込んでいるかもしれません。
何度か繰り返し観たらそれを発見できるかも。

「復讐は終わっても、魂は救済されない」は三部作のエンディングにふさわしい言葉と感じた作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

鬼になる

投稿日:2006/06/03 レビュアー:シギョン

予想に違わずえぐかった。お昼時だったんだけど、食欲なくした。暴力シーンとか、実際は、『オールドボーイ』のほうがえぐかったかもしれない。ユーモラスなシーンも多かったのだが、子供を持っている人にはちょっと正視に耐えないようなシーンがあった。

イ・ヨンエの演技は一見の価値がある。ラスト近くの表情は、人間が鬼になる、ということを考えさせるものだった。

ソン・ガンホ、シン・ハギュン、ユ・ジテが、もったいない使い方でちょっとにやり。ユ・ジテは、ほんの数秒の出演でおいしいとこ持ってったなぁ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

やられました!ネタバレ

投稿日:2006/05/16 レビュアー:setsuya

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

一言で、すごい映画ですね。子供が狙われる事件が多い昨今、私たちが犯人に向けて思う事を、この映画は表現している場面があります。ショックでした。見ていて気分が悪くなりました。それに悲しい!でも、そんな事件の犯人を見る度、私ならこうするだろうと思っていました。法律で裁くだけなんて生温いぞと。子供を殺されたら、犯人を同じ様に殺したいと思いますよ。でも、それを実際に映像化されると、本当に良いのか?と思ってしまいます。でも、やっぱり殺したい・・・。複雑ですね。パク先生役のミンシクさんの、もっとひどい変質的な描写(みんなで見るビデオ映像はかなりショッキングでしたが)が多ければ、殺される場面でのカタルシスがあったのかも。ミンシクさんはあまり悪者に見えないで、他の映画の印象もあり、見ていてつらい感じもありました。最初の方は妙にブラックでもコミカルなおかしさがありましたが、後半は、ホラー的怖さではなく、自分の中から引っ張り出されてくるものの怖さというか、生理的に怖いです。処刑の後、みんなで食べるケーキが血に見えて嫌でした。血の量も結構なものがありますので、気の弱い方は体調の良いときに見てください。でも、大変良く出来た映画です。この映画のカラーは、深紅と純白です。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全218件

親切なクムジャさん

月額課金で借りる

都度課金で借りる