博士の愛した数式

博士の愛した数式の画像・ジャケット写真
博士の愛した数式 / 寺尾聰
全体の平均評価点:
(5点満点)

272

  • DVD
ジャンル:

「博士の愛した数式」 の解説・あらすじ・ストーリー

 第一回本屋大賞に輝いた小川洋子の同名ベストセラーを寺尾聰、深津絵里主演で映画化。監督は「雨あがる」の小泉堯史。80分しか記憶が続かない初老の天才数学者と一組の母子の心温まる交流を優しい眼差しで描く。家政婦をするシングルマザーの杏子は、80分しか記憶が持たない天才数学博士のもとに派遣される。そんな博士とのコミュニケーションは杏子にとって困難の連続。一方で、博士の語る数式の神秘的な美しさに魅了されていく杏子。やがて杏子の10歳の息子も博士の家に来るようになると、博士は彼を√(ルート)と呼び、かわいがるようになる。

「博士の愛した数式」 の作品情報

製作年: 2005年
製作国: 日本

「博士の愛した数式」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

博士の愛した数式の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//日本語
2:ドルビーデジタル//日(視覚障害者用)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ACBR10377 2006年07月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
82枚 3人 5人

関連作品

ユーザーレビュー:272件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全272件

優しい幸福感に包まれて。

投稿日:2015/06/09 レビュアー:カマンベール

小川洋子の原作本も素晴らしいですが、原作の雰囲気を
そっくり残したまま、映像に置き換えられました。

事故の後遺症で、記憶が80分しか持続しない天才数学者の
博士。博士のお世話に雇われた家政婦(深津絵里)と息子のルート。

その3人のユーモラスにして心温まる交流。
人間って相手の心に踏み込まないで、節度と礼節を重んじた
関係・・・距離を保つ・・・って、美しいです。
つつましく生きている家政婦親子。
数学がかろうじて博士を、博士として活かせている。
一度だけ、博士がパニックを起こしたepisodeが、人間的で、
哀しかった。
美しくも哀しい・・・人間も捨てたもんじゃない、と思った
作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ルート(√)は寛大な記号♪ネタバレ

投稿日:2011/10/15 レビュアー:BEEFジャーキー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

博士は記憶障害…(10年前の事故により)。
記憶は80分しかもたない…。
博士の心は、10年間すすんでいない…。

せめて、その10年前の記憶が楽しい記憶ならいいのに…。
博士の場合は、とっても辛く悲しい記憶………。

そんな博士のもとに、ある日、新しい家政婦がやってきた。
(彼にとっては、これまでの家政婦さんも、日々、新しい人だけど…)
博士は、彼女に、数字がいかに素晴しいかを懇々と話す。

その話がとても面白くて……♪
見ている私も、映画の家政婦さんと同じように、ワクワクしながら聞いた♪
(最初は、ちょっと戸惑ったけど(笑))
数字は、数字…、これまで意味なんて考えた事も無かったけど…、
博士の話を聞いていると、なんだか数字がスゴく特別で、スゴく神秘的なものに思えてくるから不思議♪♪

また、数の話だけではなく、物事の考え方というか…
博士の行動、博士の言葉……、何もかもが楽しくて、あったかくて…♪♪
博士の言葉は、魔法のよう♪
さりげない一言一言が、妙に心に染みてくる。
(何でも無い言葉だったりするのに、なんでだろう?…やっぱ、役者寺尾聰ならでは?)

そんな何気ない日常を描きながら物語は進んでいく。
時に、博士の悲しみ、博士の過去なんかに触れて切なくもなるんだけど、
映画全体の空気は、穏やかだ。

最初から最後まで、実に温かくて、穏やかで、そして優しい映画だった。
とてもステキな時間を過ごせました♪♪

*****
とか言いつつ、気になることが……。

それは、終盤あたり…、服からメモを取った事。
これからは、無限の可能性を秘めた白紙の状態からスタートするみたく描かれてて、
とても清々しかったけど……。
ちょっと、無理があるんじゃ…。

だって、博士は毎回(80分ごと)、10年前までの記憶しか無い状態に戻る訳で……。
悲しい記憶は、永遠に悲しい記憶のままなような気がする。
時を隔てないと、心の傷は癒されない…。
ましてや、博士の心は、時を重ねられない……。
永遠に、生々しい傷口のままなような気がする…。
とっても清々しいラストに思いつつも、妙に気になってしまった。

服から、メモ帳をはがしたのは、まずかったんじゃ……。
毎回、混乱に陥りそう……。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

彼がサングラスを外したら・・・

投稿日:2010/05/20 レビュアー:オテラ

寺尾さんって「西部警察」の頃のサングラスが似合う刑事役からイメージが変わってきましたね。あの頃は、お父さん(宇野重吉)の影響から逃れようとニヒルに決めてたんですかね。
でも「ルビーの指輪」なんか歌ってる姿を思い起こしてみると、クールに決めていても、心底では照れ屋で人懐っこい瞳を隠そうと、サングラスをかけていたようにも思えます。

そして、記憶障害の難しい役どころを演じる彼にとって、その人懐っこい瞳が役に立っているようです。彼に見つめられ、数学の話を聞いている内に、杏子とその息子の間に家族愛が生れていくという、少し信じられないようなストーリー展開も、彼のまっすぐで人の本質を見抜くかのような視線を見ていると納得できそうな感じがします。

小泉監督も、寺尾さんのそうした魅力を「雨あがる」で感じ取った
のではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

0の発見を 読みたくなった

投稿日:2009/11/19 レビュアー:イマジン21

 しみじみとした いい映画です。
静かで ワンシーンが 実に丁寧に とられていて。
そういう映画って ともすれば 眠たくなるのですが。
最後まで 引っ張る 力があります。
 今は 亡き 父に あんまり 本を読んでる 姿を 見たことがなかったのですが 唯一 零の発見 という 本だけ 読んでみないか と すすめられたことが あります。
 手元にないので 本屋に 探しにいこ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

数学

投稿日:2009/08/14 レビュアー:さむらい

 「君はルートだ」名言です

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全272件

博士の愛した数式

月額課金で借りる

都度課金で借りる