ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーションの画像・ジャケット写真
ロスト・イン・トランスレーション / ビル・マーレイ
全体の平均評価点:
(5点満点)

203

  • DVD
  • 映画賞受賞作品
ジャンル:

「ロスト・イン・トランスレーション」 の解説・あらすじ・ストーリー

ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めていた。さらに、息子の誕生日の不在を責める妻からのFAXが届き、時差ボケと共に気分が滅入ってしまう。一方、同じホテルにはフォトグラファーの夫ジョンの仕事に同行してきた若妻シャーロットが滞在中。彼女は新婚にもかかわらず多忙な夫にかまってもらえず、孤独を感じていた。ホテルで何度か顔を合わせた2人は、やがて言葉を交わすようになる…。

「ロスト・イン・トランスレーション」 の作品情報

製作年: 2003年
製作国: アメリカ
原題: LOST IN TRANSLATION
受賞記録: 2003年 アカデミー賞 脚本賞
2003年 ゴールデン・グローブ 作品賞(コメディ/ミュージカル)
2003年 NY批評家協会賞 男優賞
2003年 LA批評家協会賞 男優賞

「ロスト・イン・トランスレーション」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ロスト・イン・トランスレーションの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
102分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AFD10766 2004年12月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
42枚 3人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:203件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全203件

ソフィア・コッポラがタイプです

投稿日:2005/06/24 レビュアー:ハーフ&ハーフ

「ヴァージン・スーサイズ」も中々嫌いじゃないですが、こっちとどっちが良い映画か難しいところです。それは日本が舞台であるのも影響していると思う。

外国人はこんな風に日本人を見ているのだろうかと思うと…頑張らないといけません。日本人は演技ささずに撮った方が、よりリアルな日本人が撮れるのではと思ったのは僕だけでしょうか。

ストーリーは「ヴァージン・スーサイズ」同様今ひとつな感じだが、現代的な不穏な空気と言うかナイーブさがあって。
それがソフィア・コッポラなのか。良い女だと思います。
音楽もデス・イン・ヴェガスとかが、流れてイカスね。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

異邦人から見た日本

投稿日:2005/01/30 レビュアー:ヤルフ

日本人がこの映画を見る上では、lost in translation はないわけです。その代わりに、自分の国がどう描かれているのかが気になるところですが、目に映るのは旅行者の視点で見た表層的な日本の姿でしかありません。たとえソフィア・コッポラが何度も日本に訪れているとはいえ、異国の文化を本質的なレベルで理解するには、その国の言葉を覚え、そこで長く生活することが必要でしょう。ですから、この映画の狙いは日本文化の深層にある面白さではなく、旅行者が異文化に戸惑いながらも、異国の地で孤独や開放感を感じて、同じ境遇の異性とひとときの恋をする、ということにあると思います。

やや気になったのは、日本という国に対するボブとシャーロットの感情がやや複雑であったように見えたことです。彼らは日本語がわからないため、この国の、なかでも東京の刺激的な側面しか見えません。そのため人間ならば誰もが持っているであろう異質なものへの拒絶反応を少し感じたのかもしれません。と同時に、京都などの伝統文化の奥ゆかしさ、ハイテク技術、見えてこない生活者の姿に戸惑い、その多面的な表情に憧れも感じたのでしょう(こんな映画を作るくらいですし)。その上で、心細さから虚勢を張ったり、アメリカ人であるというアイデンティティーを再確認して優越感を感じたりもしたのかもしれません。日本人がこの映画を見たときに受ける何かいやな感じも、そういったことなどが複雑に関係しているのではないかと推測しました。

タイトルは、翻訳の過程で失われたものというような意味ですよね。周りはみんなわかっているのに自分だけがわからない、そういった状況はやはり気になるでしょう。日本語がわかる我々には、それが取るに足らない些細なものでしかないとわかりますが、外国人がこの映画を見ると、そこで何か大切なものを見逃しているのかもしれないという思いを共有できるのでしょう。そう考えれば、この映画がいくつもの賞を受賞していることが理解できます。

日本人には理解しにくい映画ですが、これを楽しむためのポイントは文化も言葉もわからない国にきた異邦人という視点で見る努力をすることではないでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

画像の色合いが好きです。

投稿日:2004/12/21 レビュアー:T♪

自分の居場所を見失ってしまった時の喪失感や浮遊感なんかが、上手く表現されていた。
そんな気分だからこそ、東京のゴミゴミしたところや変な人達が強調されて表現されているのかなあと思いました。
画像の色合いや音楽がよくて、DVDもCDも購入しました。
ビル・マーレイとスカーレット・ヨハンソンの魅力が存分に生かされています。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

異国の地で、迷いながら自分探し・・・?日本描写がリアル。

投稿日:2013/11/24 レビュアー:MM3

日本、東京を舞台にしたソフィアコッポラの作品ですが
これまた、ちょっと苦手ではあったんですが、
いろいろと好感が持てる映画だったというか。

サントリーのウィスキーのCMに出るため、
破格のギャラで東京に来た俳優ボブ(ビルマーレイ)と
カメラマンの旦那の仕事についてきた妻シャーロット(スカーレットヨハンソン)が
偶然出会う。

旦那が仕事で忙しく、一人ぼっちのシャーロットも
家庭がギクシャクしている感じのボブも
東京で1人物思いにふけっているところ、出逢った。

もしかしたら、仕事で接点はある可能性もありますが、
おそらく、フツーにすごしていたら出会わなかった二人が
似たような境遇で、
異国での居心地の悪さを感じながらすごしていたので
次第に似たもの同士、打ち解けていく。

まあ、ここでラブストーリーにでもなりそうな展開ですが、
ここはそういうものはない。

お互いに、大胆な行動をとったりせず、
つかの間の時間を楽しんでいるだけ。

それが、ほほえましいんだけど、なんかちょっとだけ切ないんだな。

お互いの心のよりどころとなるべき人は遠くにいて、
どうしていいかわからない、このモヤモヤとイライラ
大切な人よりも今を共有できてる2人がなんだかね・・・・。

舞台となった東京の描写は
ありがちなハリウッドから見たヘンテコ日本ではなく、
リアルな日本。
渋谷・新宿の雑踏やネオン、JRが通るガード
そして、喧騒から逃れるはずのハイアットで
過剰な待遇を受ける・・・・(笑

おもてなし上手な日本人をちょっと逆手に取ったような
出迎えのシーンはちょっと日本人としてはちょっと苦笑い。

日本語で話すシーンに英語字幕がついておらず、
これは、監督の意図で、ホントに異国に来て言葉が分からない状態を
観客にも体験させたかったんだろうか。
(私達は日本人なのでわかってしまいますが・・・)

あと、あの通訳の川崎さんという女性はもう、失笑モノですね。
最近は英語を話す聴くができる人がどんどん増えているので
あんなことがあったら、まずツッコミが入ると思うんだけど、
ここでは、あくまで「意思疎通の出来ない異国人」として描かれてます。

海外からやってくる俳優がこんな思いをしてたら、
さぞ日本の印象悪くなるんじゃないかと思っちゃいましたよ。

なつかしの藤井隆の「Matthew's Besthit TV」なんかも出てきたし、
下手に「和風推し」してない日本描写が
苦々しい場面もあったもののなかなか好感持てました。

終わってみれば、うっすらラブストーリー仕立ての自分探し旅
みたいな印象でしたが、
やっぱり、コッポラ作品、あまり自分には合わなかったな・・・・(すみません)




このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

伝わらないかも知れないけど

投稿日:2009/08/19 レビュアー:ぴ-

観光ついでの軽い気持ち(?)で作ったらしい作品

日本に来た主人公が感じた疎外感、不安、とか、なんだろう、そんなような感覚を表現した作品
そこで出会った年上の男性と恋するんだけど、特にストーリーがどうこうとかではないです

日本ってこうゆうふうに見られているのかーと勉強になります
海外での評価が高いようですが、日本を映した作品はたくさんあれど、確かにこの作品はかなり日本を理解している気がします(理解って言葉にも色々あるけど)

日本語のシーンには字幕が付いていないから、日本語がわからない人達にとっては意味がわからないんだって
彼らの目で見ると、かなり違った映画になるんだろうな〜

作品の前半部分を見て、一日本人としての真っ当な意見を述べると、
ふざけんな!ソフィアコッポラ!?出て来いこのアfjかぅdjw

ってなります笑
やっぱり日本人は理解不能な変態人種なんでしょうか笑

ということで、この作品の感想は本当に人によると思うのですが、私は好きです

つまりはlost in translationなんだよねぇ
もどかしい…

観終って妙に納得して、爽やかな気分になりました

ちなみにあの五月蝿いモデル役はキャメロンディアスがモデルらしい笑

キャメロンも好きだけど…コッポラ、、嫌いじゃない。笑

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全203件

ロスト・イン・トランスレーション

月額課金で借りる

都度課金で借りる