ヘヴン

ヘヴンの画像・ジャケット写真
ヘヴン / ケイト・ブランシェット
全体の平均評価点:
(5点満点)

64

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ヘヴン」 の解説・あらすじ・ストーリー

イタリア・トリノ。英語教師のフィリッパは高層ビルに忍び込み時限爆弾を仕掛けた。彼女の目的は一人の男を殺すこと。彼女の愛する夫を死に至らしめ、大切な教え子たちを不幸へと導いた麻薬密売人。これまで、男を逮捕するよう警察に訴え続けたが相手にされず、自ら行動に出たのだった。犯行後、彼女は抵抗することもなく警察に逮捕される。ここまでは予定通りのはずだった。ところが、尋問中、彼女は男が死を免れ罪なき4人が犠牲になったことを知らされる。ショックで失神するフィリッパ。その時、刑務官のフィリッポが彼女の身体を優しく受け止めた…。

「ヘヴン」 の作品情報

製作年: 2002年
製作国: ドイツ/イギリス/アメリカ/フランス
原題: HEAVEN

「ヘヴン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ヘヴンの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
97分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
AEBR10164 2003年11月14日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:64件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

46〜 50件 / 全64件

キェシロフスキ脚本の、「愛」の結末は

投稿日:2005/05/08 レビュアー:レビュアー名未設定

映像はキレイ過ぎるといっていいほど「美」。

キェシロフスキ脚本ならではの、主人公の女性の淡々とした芯の強さ、生き様。

ちなみに、キェシロフスキさんは、ポーランドの監督で、
「トリコロール赤白青」シリーズや、「デカローグ」
などを監督しており、日本でも人気のある方です。

しかし、「へヴン」劇中前半で、彼女の生きる目的を果たした後、

愛し合う二人が選んだ結末を描く為に、俯瞰の映像のオンパレード。

確かに美しいが、これでは結末が見え透いていて、ちとつまらない。

でもとにかく「スペース・カム」による俯瞰の映像はとても美しいし、

セットの魅力は否めない。

「スペース・カム」とは、ヘリにカメラをぶら下げて撮影する手法で、カメラワークは思いのまま。高い位置から異動しつつ見下ろす映像を可能とする撮影方法です。

また、後半の主役二人の「無国籍・無宗教」的なルックスは

もはやこの世で生きることを諦めた聖人。

ストーリーは判りやすく、映像も美しいので、全体的に観やすい作品と思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

意外と面白い。

投稿日:2004/12/19 レビュアー:りゅう

あまり期待しないで見たからかもしれなけど面白かったです。
この適度なスリルが逆にいい感じです。
こういうことってあるよなって思うシーンが多くて感情移入
しやすかったのかもしれない。

週末の1本にいいかも。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゆったりとした逃亡劇?ネタバレ

投稿日:2004/05/28 レビュアー:たしぎ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ある男を殺そうと男のオフィスのゴミ箱に爆弾を仕掛けた女。
そこに掃除婦が現れて、爆弾入りのごみを持って展望台に向かう親子が乗ったエレベーターに・・。そして爆発。(迫力はない)

ここまでは、もうハラハラして生き残った子が復讐を始めるのかと 思いきや皆死亡。女は逮捕され、取調室の通訳の男が
スッゴク怪しい こいつが黒幕か?と思いきや何の事はない。
女に一目惚れし 逃亡を手伝うという(笑)
ある意味 物凄く期待を裏切った内容でした。

旦那を愛してたから、爆弾で殺そうと復讐を考えた筈だろうに
あーっと言う間に通訳男と恋に落ち
二人して白いTシャツとジーンズに坊主頭というペアルック?での追い詰められた感じのしない ゆっくりとした逃避行。

罪は償うと言ってたのに逃げるし
簡単に包囲網から逃れるし なんか矛盾も感じるが
とにかく 景色はキレイです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

最後は物足りないが・・・

投稿日:2003/11/21 レビュアー:ふみお

内容は今一だがケイト・ブランシェットが魅力的!そして風景がとても綺麗です。列車の走行を俯瞰したシーンは感動的です。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ラブ・ストーリーだったのですね。

投稿日:2016/07/08 レビュアー:りりらっち

ジョバンニ・リビジくんとやら、キミにはケイトの相手役は無理じゃ…
と思って観ていたら、ラスト近くでケイトから彼のそばに降りてきてくれた。
白Tシャツにジーンズ、そして坊主頭。双子の悪ガキといった風情になってから、ケイトの表情もどんどん柔らかくなっていく。ジョバンニ君も、最初は目と目の近い感じの顔でダメだと思ったが、坊主頭になってからはどんどん男らしい表情になっていく。
2人の心の距離がどんどん近づいていくのが目に見えてわかる感じが、とてもいい。

こんなジョバンニくんのパパだから、世間体や法律よりも、息子とその彼女の幸福を心から願ったりできるんだね。弟もかわいいし、いい家族だ。ママはいないようだが、だからジョバンニくんは年上女性が好みなのかな。

憲兵隊の中の悪玉はなんとかならんのか、と思ったが。アクション映画じゃないし、そいつまでやっつけられたらリアルさゼロになっちゃうし。それにこの映画は、美しくもせつないラブ・ストーリーだったんだね。観終わるまでわからなかったです。なかなか良かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

46〜 50件 / 全64件

ヘヴン

月額課金で借りる

都度課金で借りる