ワイルド・スピード ICE BREAK

ワイルド・スピード ICE BREAKの画像・ジャケット写真

ワイルド・スピード ICE BREAK / ヴィン・ディーゼル
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

28

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

ジャンル :

「ワイルド・スピード ICE BREAK」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

シリーズ

解説・ストーリー

人気カーアクションシリーズ第8弾。誰よりもファミリーを大切にしてきたドミニクの思いも寄らぬ裏切りによってホブスは投獄され、ファミリーは崩壊の危機に瀕する。レティやローマンは、裏切りの背景に謎の女テロリストの存在があると突き止め…。※一般告知解禁日:7月20日

「ワイルド・スピード ICE BREAK」 の作品情報

作品情報

製作年: 2017年
製作国: アメリカ
原題: THE FATE OF THE FURIOUS

「ワイルド・スピード ICE BREAK」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ

コントロール

レギオン

ハミングバード

ユーザーレビュー:28件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全28件

ドムの裏切り?

投稿日:2017/10/14 レビュアー:ミルクチョコ

キューバを訪れていたドミニクが、ある理由から女ハッカー、サイファー(シャーリーズ・セロン)の言いなりとなり、彼女の世界征服の野望の片棒をを担ぐことに。リーダーの裏切りにショックを受けたファミリーは、仇敵デッカード(ジェイソン・ステイサム)を仲間に加え、ドミニク&サイファーを追います。

毎度のことながら、新しい展開を惜しげもなく楽しませてくれます。キューバでの公道での炎のカーレースに始まり、NYでさく裂するゾンビ・カーの暴走、そして氷原での潜水艦とのチェイスまでとは?ありえないアクションが連発します。
前作はポール・ウォーカーの突然の事故死という悲劇を乗り越えた流石の作りでしたが、今作も、彼の不在を感じさせず、ストーリーに彼の存在をしっかりと埋め込む辺りは流石です。
シャーリーズ・セロンの悪役最強でした。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

ワイルド・スピード ICE BREAK ネタバレ

投稿日:2017/07/31 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 俺たちのヴィン・ディーゼルをみんなで奪い合う話。

 シリーズ8作目ともなるとカーアクションのアイデアがなくなってしまいそうですが、まだまだフレッシュで無茶苦茶なカーアクションを見せてくれて、それを見られるだけでお腹いっぱいの作品でした。

 主人公のヴィン・ディーゼルが弱点の家族を人質に取られちゃって、敵のハッカー集団の手先となって、それを阻止するいつメン。

 主人公が敵になるという設定自体はハラハラドキドキするサスペンス要素は皆無で主役が敵になっても緊張感はいっさいないです。それよりもこのシリーズの特徴であるもはやテレビシリーズ化としての今までのカタキ役がみんなファミリーになっていくというのを楽しむ作品で、ジェイソン・ステイサムが文句言いながらも主人公たちの味方となって戦う姿が面白かったです。

 ただ今回は見せ場となるアクションは激しくて漫画みたいな無茶苦茶なアクションで楽しいですが、中盤まであんまりなくて、敵味方にわかれた主人公たちにチームを組んでどういうプランで行くかというブリーフィングの時間が結構長くて退屈に感じてしまいました。そしてあんまり残酷描写のないシリーズだと思っていましたが、今作では結構人の死を笑いにしているカットなんかもあって少し引いてしまう部分もありました。

 ヴィン・ディーゼル演じる主人公の女性問題はみんなスルーしているけど、本当にこれでいいのかな? と心配になるヒロインたちの扱いでした。とはいえ、爆破爆破の連続のアトラクションとしての楽しめる映画で、カーアクションを作ったスタッフさんたちに感謝する映画でした。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ここにきてトーン・ダウン?

投稿日:2021/11/11 レビュアー:oyoyo

ディスカスさんのこの映画のページを開くと、上のタブの部分に
「ドゥエインジョンソン主演」って文字が見えるけど、
主演じゃないでしょ(笑)

相変わらずカー・アクションは凄い。
でも、ドキドキワクワクするアクションが無い。
「この映画の見せ場はこれだ!」と言えるアクションが無い。
過去作の、金庫を引きずりながらのアクションや、
車でスカイダイビングするアクション。
空港で離陸する旅客機を相手に奮闘するアクション等。

今作は氷上でのカーアクションが最大の見せ場なんだるけど、
氷の特性である「滑る」アクションがほとんど無い。
そこが期待外れだった。
道の無い、だだっ広い氷原で、ひたすら走りながら戦う。
潜水艦を出すのにこの広い氷原が必要だったんだろうけど、
どうせなら「滑る」カーアクションも見たかった。

ステアリングをきっているのに直進してぶつかる。
ブレーキを踏んでるのにタイヤがロックし止まれない。
カーブでテールが流れてカウンターステア大会になる。
などなど・・・。
敵に囲まれてる状況で高速スピンしながら銃を連射なんてのもあればよかった。

長く苦言を書いたが、言いたい事はたった1つ。
滑るアクションを期待してたが、あまり滑らなかった。
これだけだ。

前作での強敵、ジェイソンステイサムと共闘したのは良かった。

次回作に期待。

70点

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

超絶ハイテンション!!!

投稿日:2017/10/15 レビュアー:カマンベール

超絶カッケイ!!超絶面白い!!
BABY“ブライアン”が可愛い過ぎるゥーッ!!
笑顔に全部(心も身体も)持ってイカれた!!
私もジェイソン・ステイサムに守られたいゼッ!!
ともかく感情移入しまくりだった。
アクション映画はもうこれで決まりだね。
ワーッ!!キャァー!!スゲェーッ!!
面白レーッ!!カッケー!!
キャストのアンサンブルのガタガタも良し。
新加入のスコット・イーストウッド良し、突然登場のお袋さんヘレン・ミレンのドヤ顔も良し。
〈氷上の超絶アクション、最高だった〉

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

記憶に残らないドッカンバッタンCGバトル

投稿日:2017/10/06 レビュアー:Goose

唯一の救いはジェイソン・ステイサムが、赤ん坊をあやしながらエクスペンダブルズさながら華麗に敵を殲滅する愛嬌あるキャラクターになって楽しませてくれたこと。
でも、このシリーズは何かにつけてファミリー(仲間)がこの世で一番大切と説くくせに、以前仲間のハンを東京で殺したよね・・

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全28件

ワイルド・スピード ICE BREAK

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:28件

ドムの裏切り?

投稿日

2017/10/14

レビュアー

ミルクチョコ

キューバを訪れていたドミニクが、ある理由から女ハッカー、サイファー(シャーリーズ・セロン)の言いなりとなり、彼女の世界征服の野望の片棒をを担ぐことに。リーダーの裏切りにショックを受けたファミリーは、仇敵デッカード(ジェイソン・ステイサム)を仲間に加え、ドミニク&サイファーを追います。

毎度のことながら、新しい展開を惜しげもなく楽しませてくれます。キューバでの公道での炎のカーレースに始まり、NYでさく裂するゾンビ・カーの暴走、そして氷原での潜水艦とのチェイスまでとは?ありえないアクションが連発します。
前作はポール・ウォーカーの突然の事故死という悲劇を乗り越えた流石の作りでしたが、今作も、彼の不在を感じさせず、ストーリーに彼の存在をしっかりと埋め込む辺りは流石です。
シャーリーズ・セロンの悪役最強でした。

ワイルド・スピード ICE BREAK

投稿日

2017/07/31

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 俺たちのヴィン・ディーゼルをみんなで奪い合う話。

 シリーズ8作目ともなるとカーアクションのアイデアがなくなってしまいそうですが、まだまだフレッシュで無茶苦茶なカーアクションを見せてくれて、それを見られるだけでお腹いっぱいの作品でした。

 主人公のヴィン・ディーゼルが弱点の家族を人質に取られちゃって、敵のハッカー集団の手先となって、それを阻止するいつメン。

 主人公が敵になるという設定自体はハラハラドキドキするサスペンス要素は皆無で主役が敵になっても緊張感はいっさいないです。それよりもこのシリーズの特徴であるもはやテレビシリーズ化としての今までのカタキ役がみんなファミリーになっていくというのを楽しむ作品で、ジェイソン・ステイサムが文句言いながらも主人公たちの味方となって戦う姿が面白かったです。

 ただ今回は見せ場となるアクションは激しくて漫画みたいな無茶苦茶なアクションで楽しいですが、中盤まであんまりなくて、敵味方にわかれた主人公たちにチームを組んでどういうプランで行くかというブリーフィングの時間が結構長くて退屈に感じてしまいました。そしてあんまり残酷描写のないシリーズだと思っていましたが、今作では結構人の死を笑いにしているカットなんかもあって少し引いてしまう部分もありました。

 ヴィン・ディーゼル演じる主人公の女性問題はみんなスルーしているけど、本当にこれでいいのかな? と心配になるヒロインたちの扱いでした。とはいえ、爆破爆破の連続のアトラクションとしての楽しめる映画で、カーアクションを作ったスタッフさんたちに感謝する映画でした。

ここにきてトーン・ダウン?

投稿日

2021/11/11

レビュアー

oyoyo

ディスカスさんのこの映画のページを開くと、上のタブの部分に
「ドゥエインジョンソン主演」って文字が見えるけど、
主演じゃないでしょ(笑)

相変わらずカー・アクションは凄い。
でも、ドキドキワクワクするアクションが無い。
「この映画の見せ場はこれだ!」と言えるアクションが無い。
過去作の、金庫を引きずりながらのアクションや、
車でスカイダイビングするアクション。
空港で離陸する旅客機を相手に奮闘するアクション等。

今作は氷上でのカーアクションが最大の見せ場なんだるけど、
氷の特性である「滑る」アクションがほとんど無い。
そこが期待外れだった。
道の無い、だだっ広い氷原で、ひたすら走りながら戦う。
潜水艦を出すのにこの広い氷原が必要だったんだろうけど、
どうせなら「滑る」カーアクションも見たかった。

ステアリングをきっているのに直進してぶつかる。
ブレーキを踏んでるのにタイヤがロックし止まれない。
カーブでテールが流れてカウンターステア大会になる。
などなど・・・。
敵に囲まれてる状況で高速スピンしながら銃を連射なんてのもあればよかった。

長く苦言を書いたが、言いたい事はたった1つ。
滑るアクションを期待してたが、あまり滑らなかった。
これだけだ。

前作での強敵、ジェイソンステイサムと共闘したのは良かった。

次回作に期待。

70点

超絶ハイテンション!!!

投稿日

2017/10/15

レビュアー

カマンベール

超絶カッケイ!!超絶面白い!!
BABY“ブライアン”が可愛い過ぎるゥーッ!!
笑顔に全部(心も身体も)持ってイカれた!!
私もジェイソン・ステイサムに守られたいゼッ!!
ともかく感情移入しまくりだった。
アクション映画はもうこれで決まりだね。
ワーッ!!キャァー!!スゲェーッ!!
面白レーッ!!カッケー!!
キャストのアンサンブルのガタガタも良し。
新加入のスコット・イーストウッド良し、突然登場のお袋さんヘレン・ミレンのドヤ顔も良し。
〈氷上の超絶アクション、最高だった〉

記憶に残らないドッカンバッタンCGバトル

投稿日

2017/10/06

レビュアー

Goose

唯一の救いはジェイソン・ステイサムが、赤ん坊をあやしながらエクスペンダブルズさながら華麗に敵を殲滅する愛嬌あるキャラクターになって楽しませてくれたこと。
でも、このシリーズは何かにつけてファミリー(仲間)がこの世で一番大切と説くくせに、以前仲間のハンを東京で殺したよね・・

1〜 5件 / 全28件