グランド・イリュージョン 見破られたトリック

グランド・イリュージョン 見破られたトリックの画像・ジャケット写真

グランド・イリュージョン 見破られたトリック / マーク・ラファロ
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

30

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

スーパー・イリュージョニスト・チーム“フォー・ホースメン”が巨大な悪に立ち向かう大ヒット・クライム・サスペンスの続編。監督は「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウ。前回のミッションから1年後。それぞれに姿をくらましていた“フォー・ホースメン”のメンバーたちが再集結した。目的は巨大IT企業オクタ社のプレゼンを乗っ取り、個人情報を巡る同社の不正を暴露すること。ところが、成功目前に天才エンジニアのウォルターによって阻止されてしまい、ホースメンは逃亡を余儀なくされる。しかもウォルターの罠にはまり、身柄まで拘束されてしまう。そして、世界のあらゆるシステムにアクセスが可能になるというチップをオクタ社から盗み出すよう脅迫されるホースメンだったが…。 JAN:4988111851154

「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」 の作品情報

作品情報

製作年: 2016年
製作国: アメリカ
原題: NOW YOU SEE ME 2

「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ジーサンズ はじめての強盗

TENET テネット

ブラッド・ウェポン

オール・ザ・キングスメン

ユーザーレビュー:30件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全30件

ホースメン VS エンジニア

投稿日:2017/01/08 レビュアー:ミルクチョコ

悪を裁くマジシャン集団のスタイリッシュな活躍を描く続編。
とあるハイテク企業の不正を暴露するため、フォー・ホースメンは新たなショーを仕掛けるが、何者かの策略により失敗に終わってしまいます。策略の裏には、天才エンジニアのウォルター・メイブリー(ダニエル・ラドクリフ)の存在があり、フォー・ホースメンは巨大な陰謀に巻き込まれていきます。

ストーリー的には前作との繋がりが組み込まれているので、事前に復習しておいた方が良かったかもしれません。
悪のエンジニアとホースメンとの対決と並行して、マーク・ラファロ演じる捜査官ディランの過去にまつわるドラマが語られます。
今回のホースメンたちは、あざ笑うかのように逃げる前作に比べて、追われる身の立場で描かれているので、スキあらば、ウォルターを陥れようとするものの、考えを読まれて常に劣勢に立たされるので、トリックや騙しの驚きは前作に比べると物足りないように感じました。

それでも、見どころはホースメンによる様々なイリュージョンと、徐々に明らかになる登場人物たちのつながりと意外な過去。トランプを駆使して潜入するシーンと、雨を空中で停止させるマジックも楽しめます。

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

1を超えるか?という期待を少しもちつつ・・・

投稿日:2016/11/14 レビュアー:飛べない魔女

1を超えるか?という期待を少しもちつつ映画館で鑑賞。
封切3日目の日曜日だというのに、お客さんの人数はまばら。
たぶん10人くらいしか入っていなかったのでは?
やはり1を見ていないと判らない部分が多々あるので、観に来る人が少ないのかな?
家の方が田舎だから仕方がないのかな?
とはいえ、アニメの『君の名は』の方は満席になってたからなぁ^_^;

結論は、エンタメ映画としては、面白かったですよ。
1と同じくらい、とまではいかなくても、それに近いくらいは楽しめました。
えええ、うっそー!?というどんでん返しは、1ほどの衝撃はなくても、一応ありました。
1を観てから随分とたっていたので、話のほとんどを忘れていたので、
前日に流し見だけど、復習しておいて良かったです。
忘却の彼方だと、あのどんでん返しも、なんじゃ?と置いてきぼりになるところでしたよ(笑)

本作を観る前には、1を見ていること、又は復習しておくことをオススメ致します。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

ゴージャスで何でもアリの展開ですが楽しめました♪ ネタバレ

投稿日:2016/11/20 レビュアー:みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作は面白かったしフォースメンのメンバーが大好きだったけど、オチはすっかり忘れてた…
たまたまテレ東のお昼にやっていたのを見て復習。(そして再びオチに驚く私(^^;)

今回もゴージャスでスピーディーな展開で面白かった。もう何でもアリですね。
別のことに注目させて大胆にだますのはマジックの基本だし面白いんだけど、催眠術だけはそう簡単にはかからないよね?!と思う(^^;
フォースメンのメンバー、女性が変わっていたんですが、大して影響なかったのが悲しいですね。
ジェシー・アイゼンバーグは、相変わらずすごい早口!デイヴ・フランコは笑顔がお兄さん(ジェイムズ・フランコ)そっくり。 
ダニエル・ラドクリフは強敵のはずなんですが…笑ってしまった(^^; 

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

グランド・イリュージョン 見破られたトリック ネタバレ

投稿日:2016/11/04 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 1人のマジシャンを1人前にするためのある人物のめちゃくちゃ壮大な計画の話。

 前作で潜伏生活に入っていたフォー・ホースメンがまたまた劇場型マジックをやろうとするけど、失敗して大富豪に脅迫されてある物を盗むために頑張るという。

 前作同様、派手派手な映像で次から次に展開していく120分でグッタリする内容でした。劇中のマジックがもはや天草四郎レベルの奇跡のようなものなので、この人たちが宗教団体とかやったら一大勢力になるんだろうな、というマジックの連続でした。

 悪人たちのお金を盗むという【オーシャンズ11】的だったり潜入ものってのも【スパイ大作戦】的なギミックいっぱいのチームで潜入するものとして面白く見れました。

 ただ個人的にはいろんな要素を詰め込みすぎて、手のひらで転がされてました。というのを後から説明するというシリーズですが、後半になるにつれ、もはや誰が誰のためにこういうことをしていたのかよくわからなくなっていきました。アイというグループのお金持ちっぷりが凄いことだけはわかりました。そのため、この手の映画で大事な「やられたった」感は少なくて、もはや何でもアリ状態なので、騙された気持ちよさは感じられなかったです。出てくるマジックが、もはやマジックの範疇を超えているもので、派手で凄いですがそれが映画としての面白さになっているかと考えると謎でした。トランプにチップを隠すシーンとかも何であんなにみんなでトランプを投げ合うのかとか1人が隠してればいいのではないかとか、前作でもあった暗示や催眠術がジェダイマスターよりも強くて、ほとんど反則に近かったです。

 モーガン・フリーマンの立ち位置が結局何だったのだろう? 主人公たちと対立する人たちも全く凄そうに見えなかったり、もう少しハラハラドキドキできる映画が見たかったです。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

命を賭けた脱出イリュージョン

投稿日:2018/10/24 レビュアー:カマンベール

「グランド・イリュージョン」の続編

冒頭のシーンでは、ディラン(マーク・ラファロの子供時代)の父親が、
手足を拘束された状態で、金庫の中に閉じ込められ、水中に投げ込まれる。
ディラン少年は父親の時計で300秒(それがタイムリミットだ!)を数えている。
300秒を超えても父親は脱出して来なかった。

1970年~1979年にかけて日本では引田天功というマジシャンが、
テレビ界を席捲していました。

火薬を多量の火薬をセッティングして、水中や爆発の極限からの
脱出マジックに目を見張ったものでした。

引田天功は火薬の煙や極限の緊張状態から、心臓を悪くして45歳で死亡。
脱出マジックの失敗説もありました。

その後、彼のようなマジシャンは減って(2代目のプリンセス・テンコーがラスベガスなどで活躍したらしいですが、事故には多数見舞われたらしい)最近は小技小ネタのマジックが主流になっているようです。

この映画はディランの父親の死が、1番の伏線になっていて、ラストで綺麗に回収されます。

前半では前回のミッションから一年後の、それぞれ姿をくらましていた
“フォー・フォレスメン”のメルバーが再結集して、巨大なIT企業オタク社の天才エンジニア・ウォルター(ダニエル・ラドクリフ)と、父親の黒幕アーサー(マイケル・ケイン)の悪事を暴きます。

ジャンボジェット機を使った大掛かりなイリュージョンが、
見事にハマるところが、スカッとします。

サディアス(モーガン・フリーマン)とディランの父親との縁も
解き明かされて、次作へと期待を持たせて終わります。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全30件

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:30件

ホースメン VS エンジニア

投稿日

2017/01/08

レビュアー

ミルクチョコ

悪を裁くマジシャン集団のスタイリッシュな活躍を描く続編。
とあるハイテク企業の不正を暴露するため、フォー・ホースメンは新たなショーを仕掛けるが、何者かの策略により失敗に終わってしまいます。策略の裏には、天才エンジニアのウォルター・メイブリー(ダニエル・ラドクリフ)の存在があり、フォー・ホースメンは巨大な陰謀に巻き込まれていきます。

ストーリー的には前作との繋がりが組み込まれているので、事前に復習しておいた方が良かったかもしれません。
悪のエンジニアとホースメンとの対決と並行して、マーク・ラファロ演じる捜査官ディランの過去にまつわるドラマが語られます。
今回のホースメンたちは、あざ笑うかのように逃げる前作に比べて、追われる身の立場で描かれているので、スキあらば、ウォルターを陥れようとするものの、考えを読まれて常に劣勢に立たされるので、トリックや騙しの驚きは前作に比べると物足りないように感じました。

それでも、見どころはホースメンによる様々なイリュージョンと、徐々に明らかになる登場人物たちのつながりと意外な過去。トランプを駆使して潜入するシーンと、雨を空中で停止させるマジックも楽しめます。

1を超えるか?という期待を少しもちつつ・・・

投稿日

2016/11/14

レビュアー

飛べない魔女

1を超えるか?という期待を少しもちつつ映画館で鑑賞。
封切3日目の日曜日だというのに、お客さんの人数はまばら。
たぶん10人くらいしか入っていなかったのでは?
やはり1を見ていないと判らない部分が多々あるので、観に来る人が少ないのかな?
家の方が田舎だから仕方がないのかな?
とはいえ、アニメの『君の名は』の方は満席になってたからなぁ^_^;

結論は、エンタメ映画としては、面白かったですよ。
1と同じくらい、とまではいかなくても、それに近いくらいは楽しめました。
えええ、うっそー!?というどんでん返しは、1ほどの衝撃はなくても、一応ありました。
1を観てから随分とたっていたので、話のほとんどを忘れていたので、
前日に流し見だけど、復習しておいて良かったです。
忘却の彼方だと、あのどんでん返しも、なんじゃ?と置いてきぼりになるところでしたよ(笑)

本作を観る前には、1を見ていること、又は復習しておくことをオススメ致します。

ゴージャスで何でもアリの展開ですが楽しめました♪

投稿日

2016/11/20

レビュアー

みなみ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

前作は面白かったしフォースメンのメンバーが大好きだったけど、オチはすっかり忘れてた…
たまたまテレ東のお昼にやっていたのを見て復習。(そして再びオチに驚く私(^^;)

今回もゴージャスでスピーディーな展開で面白かった。もう何でもアリですね。
別のことに注目させて大胆にだますのはマジックの基本だし面白いんだけど、催眠術だけはそう簡単にはかからないよね?!と思う(^^;
フォースメンのメンバー、女性が変わっていたんですが、大して影響なかったのが悲しいですね。
ジェシー・アイゼンバーグは、相変わらずすごい早口!デイヴ・フランコは笑顔がお兄さん(ジェイムズ・フランコ)そっくり。 
ダニエル・ラドクリフは強敵のはずなんですが…笑ってしまった(^^; 

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

投稿日

2016/11/04

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 1人のマジシャンを1人前にするためのある人物のめちゃくちゃ壮大な計画の話。

 前作で潜伏生活に入っていたフォー・ホースメンがまたまた劇場型マジックをやろうとするけど、失敗して大富豪に脅迫されてある物を盗むために頑張るという。

 前作同様、派手派手な映像で次から次に展開していく120分でグッタリする内容でした。劇中のマジックがもはや天草四郎レベルの奇跡のようなものなので、この人たちが宗教団体とかやったら一大勢力になるんだろうな、というマジックの連続でした。

 悪人たちのお金を盗むという【オーシャンズ11】的だったり潜入ものってのも【スパイ大作戦】的なギミックいっぱいのチームで潜入するものとして面白く見れました。

 ただ個人的にはいろんな要素を詰め込みすぎて、手のひらで転がされてました。というのを後から説明するというシリーズですが、後半になるにつれ、もはや誰が誰のためにこういうことをしていたのかよくわからなくなっていきました。アイというグループのお金持ちっぷりが凄いことだけはわかりました。そのため、この手の映画で大事な「やられたった」感は少なくて、もはや何でもアリ状態なので、騙された気持ちよさは感じられなかったです。出てくるマジックが、もはやマジックの範疇を超えているもので、派手で凄いですがそれが映画としての面白さになっているかと考えると謎でした。トランプにチップを隠すシーンとかも何であんなにみんなでトランプを投げ合うのかとか1人が隠してればいいのではないかとか、前作でもあった暗示や催眠術がジェダイマスターよりも強くて、ほとんど反則に近かったです。

 モーガン・フリーマンの立ち位置が結局何だったのだろう? 主人公たちと対立する人たちも全く凄そうに見えなかったり、もう少しハラハラドキドキできる映画が見たかったです。

命を賭けた脱出イリュージョン

投稿日

2018/10/24

レビュアー

カマンベール

「グランド・イリュージョン」の続編

冒頭のシーンでは、ディラン(マーク・ラファロの子供時代)の父親が、
手足を拘束された状態で、金庫の中に閉じ込められ、水中に投げ込まれる。
ディラン少年は父親の時計で300秒(それがタイムリミットだ!)を数えている。
300秒を超えても父親は脱出して来なかった。

1970年~1979年にかけて日本では引田天功というマジシャンが、
テレビ界を席捲していました。

火薬を多量の火薬をセッティングして、水中や爆発の極限からの
脱出マジックに目を見張ったものでした。

引田天功は火薬の煙や極限の緊張状態から、心臓を悪くして45歳で死亡。
脱出マジックの失敗説もありました。

その後、彼のようなマジシャンは減って(2代目のプリンセス・テンコーがラスベガスなどで活躍したらしいですが、事故には多数見舞われたらしい)最近は小技小ネタのマジックが主流になっているようです。

この映画はディランの父親の死が、1番の伏線になっていて、ラストで綺麗に回収されます。

前半では前回のミッションから一年後の、それぞれ姿をくらましていた
“フォー・フォレスメン”のメルバーが再結集して、巨大なIT企業オタク社の天才エンジニア・ウォルター(ダニエル・ラドクリフ)と、父親の黒幕アーサー(マイケル・ケイン)の悪事を暴きます。

ジャンボジェット機を使った大掛かりなイリュージョンが、
見事にハマるところが、スカッとします。

サディアス(モーガン・フリーマン)とディランの父親との縁も
解き明かされて、次作へと期待を持たせて終わります。

1〜 5件 / 全30件

同シリーズ作品を借りる