1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. ドラマのDVDレンタル
  5. Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4の画像・ジャケット写真

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4 / ヒュー・ローリー

全体の平均評価点:(5点満点)

51

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

無愛想でアウトローな天才医師、グレゴリー・ハウスが難病に挑む医療ドラマのフォースシーズン第7巻。看護師によるストライキで病院は大混乱。そんな中、ある患者の検査をきっかけに、ハウスが性病だったことが判明する。第13話と第14話を収録。※一般告知解禁日:6月17日

「Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

アメリカ

原題:

HOUSE M.D./HOUSE

「Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

NIP/TUCK −マイアミ整形外科医− <サード・シーズン>

Conversation(s)/カンバセーションズ

ターミナル・ベロシティ

いまを生きる

ユーザーレビュー:51件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全51件

病は気から  ネタバレ

投稿日:2010/10/23 レビュアー:まみもぉ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シーズン1、2と見事な快足。3で少々、名医に対して、喉元過ぎれば的な扱いの不自然さと脚本の粗さに心外な回が続き、チームも解散したし…
ひと段落してしまいました。
時節柄、フィクションでも痛みを抱えた”名医”に会いたくなって、シーズン4…
ちょっとハウス先生お伺いのつもりでしたが、様子が違いました。
これはかなりな復活。面白い…!

『Dr.HOUSE』は、医療ドラマではありません。医療ミステリーです。
医療そのものが「推理」になっています。
舞台はニュージャージー州プリンストンのプレインズボロ教育病院(架空)。
その中の解析医療部門。
グレゴリー・ハウスはその部門部長、感染病専門医、腎臓内科専門医師という設定。
切断余儀ない状態にまでになった足を、自ら猛反対の末、温存したため激痛に襲われる日々。強力な鎮痛剤バイコディン(幻覚作用が出る場合もあり、依存性も強い。)摂取が欠かせない。

傲慢、偏屈で頑固な性格。
軍人の父が日本に駐在している時に出会った、日本の被差別部落出身の医師に感銘して医者を志しました。
「診断が正しければ、その医者がどんな人だろうが関係ない」。
かなりの毒舌ではありますが、差別主義者ではありません。
ただ、病名を究明して行くのがパズル遊びの様に周囲に見えることしばしばで、また人権や道徳を無視した治療法などを行ったりしようとするため、周囲の反感を買いやすい。

病気にかかった体が、単純にその病気と闘い治癒していこうとする…その過程で、健康を取り戻す自律的な機能が別の病気を引き起こすことは多い。
今の症状が治癒のための過程であるか、深刻な合併症を引き起こすものであるのか、原因を探しながら、併発してくる様々な症状もあわせ、どう治療していくか何を投与しどこを切除すべきか…。
「患者は嘘をつく」ことを前提に、医学的知識のみならず、鋭い観察力で患者の心理状態も推測していく…まさに医療ミステリーです。

シーズン4
第一話「Alone」(ひとりぼっちのハウス)
幻覚?と思ってしまいました。ガス爆発で建物崩壊。
重症を負った女性をハウスが診ます。
処置をし、良くなる兆し見えてはまた悪化。原因を探るうち母親や恋人すら知らなかった事実や服用していた薬が明らかとなっていきます。
その患者は助かりますが、知らなかった信じがたい事実を突きつけられても、助かることを祈り続けた愛する娘、恋人は救われませんでした。
ラストのどんでん返し的な命の交換、救われた命と絶たれた命。
「あ…それであの時…」思い返せばつじつまの合う真実。
お見事な45分一話完結。

第二話「The Right Stuff」(40人のサバイバル)
解析医療には、広角な視野からの検討が不可欠。そのためのスタッフ選び。
3人選ぶように言われたハウスですが、候補生は40人。
ユニークな採用競争ゲームスタート。

救えない命の回もあるのですが、
自身の痛みも癒えたような一瞬の錯覚が得られるのも、この作品の魅力です。
ヒュー・ローリーは、前シーズンより時々披露されますが、ピアノとギターがお上手。
無精髭に美しい青い瞳。
”病いは気から。” をハウス先生が言うと 
「Your mind controls your body.」
マインドとボディ…相思相愛ならこの上ないのですけど。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

////

投稿日:2010/07/21 レビュアー:エロエロ大魔神

患者を救え!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

Dr.HOUSE 4−1 ネタバレ

投稿日:2010/08/27 レビュアー:はち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第1話 「一人ぼっちのハウス」
 シーズン3の最後にハウスの元を去ってしまった3人。
 彼らを抜きでいよいよシーズン4が始まる。
 ガス爆発に巻き込まれた女性には、秘密の病歴等が次々と発覚する。
 チームがいなくてもへっちゃらさ!と強がるハウスに・・・。

第2話 「40人のサバイバル・バトル」
 チームを作れとカディに命令され、渋々採用試験を決行する。
 夢を目指すため、素性も明かせず検査記録も残せない患者。
 患者の夢を応援するため、四苦八苦するハウスたちの前に
かつての部下たちの幻覚が・・・。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

Dr.HOUSE 4−4 ネタバレ

投稿日:2010/09/12 レビュアー:はち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第7話 「美女と野獣」
 前頭鼻骨脳瘤でチェイスの元に形成手術を受けに来た患者。
 治療費と引き換えにTVクルーが付いて回ることに。
 カメラを意識していつもの検討ができずに・・・。

第8話 「下着争奪戦」
 マジックショーでマジシャンの異変に遭遇した候補者たち。
 採用試験も5人に絞られる。
 ハウスの無理難題と仲間から選ばれることになった候補者の
熾烈な争いが・・・。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

あぁぁぁぁ・・・

投稿日:2010/09/04 レビュアー:3児のママ

ハウスのチーム入りから外れたアンバーはウィルソンと付き合ってたのですね。ハウスがウィルソンへ「バーへ迎えに来い」と電話を入れたのだけど、迎えに来たのがアンバーだった。。そしてその帰りに二人の乗ったバスの事故が起こる。
アンバーを失ったウィルソンがとてもせつないです。。これはハウスのせいなのか・・・ウィルソンはハウスを許せるのかそれとも離れていくのか・・・シーズン5へ続きます。
シーズン5も相変わらず面白いんです!病院では同じような謎解きですが、やっぱりハウスに関わる伏線部分が飽きずに面白いです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全51件

Dr.HOUSE/ドクター・ハウス シーズン4

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:51件

病は気から 

投稿日

2010/10/23

レビュアー

まみもぉ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シーズン1、2と見事な快足。3で少々、名医に対して、喉元過ぎれば的な扱いの不自然さと脚本の粗さに心外な回が続き、チームも解散したし…
ひと段落してしまいました。
時節柄、フィクションでも痛みを抱えた”名医”に会いたくなって、シーズン4…
ちょっとハウス先生お伺いのつもりでしたが、様子が違いました。
これはかなりな復活。面白い…!

『Dr.HOUSE』は、医療ドラマではありません。医療ミステリーです。
医療そのものが「推理」になっています。
舞台はニュージャージー州プリンストンのプレインズボロ教育病院(架空)。
その中の解析医療部門。
グレゴリー・ハウスはその部門部長、感染病専門医、腎臓内科専門医師という設定。
切断余儀ない状態にまでになった足を、自ら猛反対の末、温存したため激痛に襲われる日々。強力な鎮痛剤バイコディン(幻覚作用が出る場合もあり、依存性も強い。)摂取が欠かせない。

傲慢、偏屈で頑固な性格。
軍人の父が日本に駐在している時に出会った、日本の被差別部落出身の医師に感銘して医者を志しました。
「診断が正しければ、その医者がどんな人だろうが関係ない」。
かなりの毒舌ではありますが、差別主義者ではありません。
ただ、病名を究明して行くのがパズル遊びの様に周囲に見えることしばしばで、また人権や道徳を無視した治療法などを行ったりしようとするため、周囲の反感を買いやすい。

病気にかかった体が、単純にその病気と闘い治癒していこうとする…その過程で、健康を取り戻す自律的な機能が別の病気を引き起こすことは多い。
今の症状が治癒のための過程であるか、深刻な合併症を引き起こすものであるのか、原因を探しながら、併発してくる様々な症状もあわせ、どう治療していくか何を投与しどこを切除すべきか…。
「患者は嘘をつく」ことを前提に、医学的知識のみならず、鋭い観察力で患者の心理状態も推測していく…まさに医療ミステリーです。

シーズン4
第一話「Alone」(ひとりぼっちのハウス)
幻覚?と思ってしまいました。ガス爆発で建物崩壊。
重症を負った女性をハウスが診ます。
処置をし、良くなる兆し見えてはまた悪化。原因を探るうち母親や恋人すら知らなかった事実や服用していた薬が明らかとなっていきます。
その患者は助かりますが、知らなかった信じがたい事実を突きつけられても、助かることを祈り続けた愛する娘、恋人は救われませんでした。
ラストのどんでん返し的な命の交換、救われた命と絶たれた命。
「あ…それであの時…」思い返せばつじつまの合う真実。
お見事な45分一話完結。

第二話「The Right Stuff」(40人のサバイバル)
解析医療には、広角な視野からの検討が不可欠。そのためのスタッフ選び。
3人選ぶように言われたハウスですが、候補生は40人。
ユニークな採用競争ゲームスタート。

救えない命の回もあるのですが、
自身の痛みも癒えたような一瞬の錯覚が得られるのも、この作品の魅力です。
ヒュー・ローリーは、前シーズンより時々披露されますが、ピアノとギターがお上手。
無精髭に美しい青い瞳。
”病いは気から。” をハウス先生が言うと 
「Your mind controls your body.」
マインドとボディ…相思相愛ならこの上ないのですけど。

////

投稿日

2010/07/21

レビュアー

エロエロ大魔神

患者を救え!

Dr.HOUSE 4−1

投稿日

2010/08/27

レビュアー

はち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第1話 「一人ぼっちのハウス」
 シーズン3の最後にハウスの元を去ってしまった3人。
 彼らを抜きでいよいよシーズン4が始まる。
 ガス爆発に巻き込まれた女性には、秘密の病歴等が次々と発覚する。
 チームがいなくてもへっちゃらさ!と強がるハウスに・・・。

第2話 「40人のサバイバル・バトル」
 チームを作れとカディに命令され、渋々採用試験を決行する。
 夢を目指すため、素性も明かせず検査記録も残せない患者。
 患者の夢を応援するため、四苦八苦するハウスたちの前に
かつての部下たちの幻覚が・・・。

Dr.HOUSE 4−4

投稿日

2010/09/12

レビュアー

はち

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第7話 「美女と野獣」
 前頭鼻骨脳瘤でチェイスの元に形成手術を受けに来た患者。
 治療費と引き換えにTVクルーが付いて回ることに。
 カメラを意識していつもの検討ができずに・・・。

第8話 「下着争奪戦」
 マジックショーでマジシャンの異変に遭遇した候補者たち。
 採用試験も5人に絞られる。
 ハウスの無理難題と仲間から選ばれることになった候補者の
熾烈な争いが・・・。

あぁぁぁぁ・・・

投稿日

2010/09/04

レビュアー

3児のママ

ハウスのチーム入りから外れたアンバーはウィルソンと付き合ってたのですね。ハウスがウィルソンへ「バーへ迎えに来い」と電話を入れたのだけど、迎えに来たのがアンバーだった。。そしてその帰りに二人の乗ったバスの事故が起こる。
アンバーを失ったウィルソンがとてもせつないです。。これはハウスのせいなのか・・・ウィルソンはハウスを許せるのかそれとも離れていくのか・・・シーズン5へ続きます。
シーズン5も相変わらず面白いんです!病院では同じような謎解きですが、やっぱりハウスに関わる伏線部分が飽きずに面白いです。

1〜 5件 / 全51件