魍魎の匣の画像・ジャケット写真

魍魎の匣 / 堤真一

全体の平均評価点: (5点満点)

165

魍魎の匣 /京極夏彦

全体の平均評価点: 

予告編を検索

DVD

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「魍魎の匣」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

京極夏彦原作“京極堂シリーズ”の映画化第2弾。主演は前作「姑獲鳥の夏」に引き続き堤真一。監督は「狗神」の原田眞人。一見バラバラな不可解な3つの事件に隠された“匣(ハコ)”の謎に、“憑物落とし”の京極堂こと中禅寺秋彦が挑む。1952年。“探偵”榎木津礼二郎は、元映画女優の柚木陽子から失踪した娘・加菜子の捜索を依頼される。同じ頃、売れない作家・関口巽は、少女バラバラ連続殺人事件の記事を手掛けるべく、怪しげな新興宗教“深秘御筥教”への潜入取材に向かう。一方その夜、駅のホームで加菜子が電車にひかれ瀕死の重傷を負う。搬送先の病院に駆けつけた陽子は、加菜子を高名な美馬坂医学教授の研究所へ転院させるのだったが…。

「魍魎の匣」 の作品情報

作品情報

製作年:

2007年

製作国:

日本

「魍魎の匣」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本:

原田眞人

原作:

京極夏彦

撮影:

柳島克己柳嶋克己

音楽:

村松崇継

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

223,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

受験のシンデレラ

百年の物語

謎解きはディナーのあとで・スペシャル

アメトーークDVD4

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌

ユーザーレビュー:165件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全165件

何か中途半端で 不完全燃焼 ネタバレ

投稿日:2008/06/19 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

京極夏彦の「百鬼夜行シリーズ」の映画化第2弾。
「憑き物落とし」の京極堂とその仲間たちが、3つの怪事件に秘められた謎を解く。

影に取り巻く薄らぼんやりとしたもの・・・と称される魍魎という存在が、誰しもが心の底に抱えているであろうという闇に取り込まれて落ちてしまうことであり、魍魎というハコに取り付かれてしまった人の悲しくも切ない物語です。

登場人物の心の内面を描くこともなく、関口のもんもんとした狂気もなく、淡々と話は進みます。
関口役が、前作の「姑獲鳥の夏」では、永瀬から、今作では、椎名桔平に変わり、頑張り過ぎたのかな?ちょっと空回りの感じがします。一人歩きしてしまう演技がかえって滑っています。
日本人の内面の曖昧模糊な部分や、憑き物落としについては、その必要性を充分に納得させるように重点が置かれていないままに、テンポの良さとギャグでお茶を濁してしまっています。

昭和初期の街並みと雰囲気をそのまま再現したのは、リアルです。大規模な上海ロケをしたそうですが・・・

少女たちと、ハコに取り付かれた男の心理をもっと見せてもらいたかったのに、映像では無理があるのでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

厄介な観客の思い、匣に収まらず。

投稿日:2008/09/11 レビュアー:ぴよさん

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

匣の中にはみっしりとみっしりと・・ほぅ!木場の恋物語が台無しに! ネタバレ

投稿日:2009/02/22 レビュアー:RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


京極夏彦先生の百鬼夜行シリーズ最高傑作が原作の劇場版実写作品であるが、僕はこの作品を見る前に原作を十何年ぶりかで読み返した後拝見した。読み返すのはもう5度目になるだろうか。そしてこの作品を見終わったときとても複雑な感情に苛まれている自分に気がついた。その複雑な感情がどこから来ているのかと言えば、原作と内容が大きく違っている点、主人公が木場でなく榎木津になっている点、原作を2時間とちょっとという短い時間にうまくまとめ上げられていた脚本の出来の良さという事実・・う〜ん、やっぱり原作のイメージが大きく壊されていた為の憤りがその根底にあるのだ、きっと。いいわけは色々できるがやっぱり原作を愛するものとしてこの作品の内容はおいしいところだけを集約した内容になっており、一番大事な木場修太郎の恋物語が台無しになっているという一点がどうしても気に入らないのだ。

もちろん気に入らない点は書き上げればきりがない。僕はこの実写版のキャスティングが全く原作に合っていないと「姑獲鳥の夏」から思ってきた。今作でイメージに近かったのは敦子(田中麗奈)と鳥口(マギー)だけだ。「魍魎の匣」には京極堂(堤真一)、関口(椎名桔平)、榎木津(阿部寛)、木場(宮迫博之)が当然登場するが、原作では木場が大活躍(大暴走)し、彼の恋物語を主軸に話が展開していくのだ。彼の無骨な恋物語(木場本人も恋だと認識していない)が存在しなければもはやそれは「魍魎の匣」ではない。オープニングを思い出して欲しい。榎木津が久保と知り合いだったという戦場のシーン。これで僕はこの作品の主人公が榎木津である事を察知し、大きく落胆した。実際に木場の登場シーンは少なく、恋物語というよりは映画女優美波絹子こと柚木陽子(黒木瞳)に憧れる木場修太郎程度の描写しかないのである。しかも木場を演じているのはあの宮迫である。演技は悪くはないのだろうが、黒木瞳とのシーンが多く演技の質の違いが浮き彫りになり見てはいられなかった。この「魍魎の匣」が実写化されるという話を初めて聞いたとき、僕は木場役が前作と同じ宮迫なら作れないだろうからキャスティングが変えられるだろうと本気で思っていた。しかし、キャスティングに何ら変更がなかった。あったのは関口役だった永瀬正敏が病気で降板し、椎名桔平に変わったことぐらいだ。何で木場役が宮迫なのだ!?僕には未だに理解できない。その無理のあるキャスティングを監督は脚本でカバーしてしまった。だから主役が木場でなく榎木津なのだ!

しかし、今作を原作の内容を無視し忘れて見るならばこれはこれで秀作だと思う。あの膨大な内容を2時間あまりでまとめ上げたのだ。その脚本たるや秀逸であると言わざるを得ないだろう。これには心底驚いた。あれだけの内容をそれぞれのエピソードの担当者を作品をコンパクトにまとめ上げるために変更し(鳥口が調べ上げるはずの内容を敦子が調べるとか、事件の捜査を木場ではなく青木中心に行うとか、御筥様潜入捜査を鳥口だけでなく関口、敦子、鳥口の3人でやる等々)一つの作品に仕上げた監督の手腕は評価してもいいと思う。作品の製作コンセプトもきっと原作とは違っているのだと思う。でなければ今作のようなコメディサスペンスなどにはならないはずだからだ。百鬼夜行シリーズがコメディ調であるはずがないしあってはいけないのだ。今作を百鬼夜行シリーズ独特のおどろおどろしい混沌とした世界観を全く無視し、作風をコメディ調に変え、テンポよく物語を進め、膨大な原作をコンパクトに収める手腕は本当に素晴らしいと思う。

だから複雑なのだ!作品を評価してあげたいのだが、原作を著しく変化させ、木場の無骨な恋物語を台無しにしている内容には納得がいかないという矛盾した相反する感情が、僕の心を蝕んでいくのだ!こうやって文章にしてこの複雑な気持ちを書き殴っていると言う事実・・僕はきっとこの作品を十分楽しんでいるのだろう。ひょっとしたら監督もそれを狙っていたのかもしれない・・僕は監督の術中にはまってしまった!?いずれにせよ僕自身は十分に楽しめたようだ。たぶんその判断は間違ってはいないだろう。

さて、原作を知っている僕自身は楽しめたが、原作を知らない人たちにはこの作品はどのように写ったのだろうか?膨大な作品を主なエピソードを抜粋してうまくつなぎ合わせただけだから非常にわかりづらかったのではないだろうか?何故、頼子が加菜子を突き落としたのか?何故、雨宮は加菜子を連れ出したのか?美馬坂と陽子の異常な愛情の裏にあるもの一体何だったのか?これらの疑問全て原作を知らない人が今作を見て理解できたとは到底思えない。これは個人的意見だが、作品を2つないし3つに分けてじっくりと製作した方がよかったような気がするのは僕だけだろうか?

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

世界観の相異

投稿日:2008/05/30 レビュアー:カプチーノ

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

美しく、悲しい運命の少女達は・・・

投稿日:2008/05/25 レビュアー:ハヴィ

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全165件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:165件

何か中途半端で 不完全燃焼

投稿日

2008/06/19

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

京極夏彦の「百鬼夜行シリーズ」の映画化第2弾。
「憑き物落とし」の京極堂とその仲間たちが、3つの怪事件に秘められた謎を解く。

影に取り巻く薄らぼんやりとしたもの・・・と称される魍魎という存在が、誰しもが心の底に抱えているであろうという闇に取り込まれて落ちてしまうことであり、魍魎というハコに取り付かれてしまった人の悲しくも切ない物語です。

登場人物の心の内面を描くこともなく、関口のもんもんとした狂気もなく、淡々と話は進みます。
関口役が、前作の「姑獲鳥の夏」では、永瀬から、今作では、椎名桔平に変わり、頑張り過ぎたのかな?ちょっと空回りの感じがします。一人歩きしてしまう演技がかえって滑っています。
日本人の内面の曖昧模糊な部分や、憑き物落としについては、その必要性を充分に納得させるように重点が置かれていないままに、テンポの良さとギャグでお茶を濁してしまっています。

昭和初期の街並みと雰囲気をそのまま再現したのは、リアルです。大規模な上海ロケをしたそうですが・・・

少女たちと、ハコに取り付かれた男の心理をもっと見せてもらいたかったのに、映像では無理があるのでしょうか?

厄介な観客の思い、匣に収まらず。

投稿日

2008/09/11

レビュアー

ぴよさん

匣の中にはみっしりとみっしりと・・ほぅ!木場の恋物語が台無しに!

投稿日

2009/02/22

レビュアー

RUSH

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


京極夏彦先生の百鬼夜行シリーズ最高傑作が原作の劇場版実写作品であるが、僕はこの作品を見る前に原作を十何年ぶりかで読み返した後拝見した。読み返すのはもう5度目になるだろうか。そしてこの作品を見終わったときとても複雑な感情に苛まれている自分に気がついた。その複雑な感情がどこから来ているのかと言えば、原作と内容が大きく違っている点、主人公が木場でなく榎木津になっている点、原作を2時間とちょっとという短い時間にうまくまとめ上げられていた脚本の出来の良さという事実・・う〜ん、やっぱり原作のイメージが大きく壊されていた為の憤りがその根底にあるのだ、きっと。いいわけは色々できるがやっぱり原作を愛するものとしてこの作品の内容はおいしいところだけを集約した内容になっており、一番大事な木場修太郎の恋物語が台無しになっているという一点がどうしても気に入らないのだ。

もちろん気に入らない点は書き上げればきりがない。僕はこの実写版のキャスティングが全く原作に合っていないと「姑獲鳥の夏」から思ってきた。今作でイメージに近かったのは敦子(田中麗奈)と鳥口(マギー)だけだ。「魍魎の匣」には京極堂(堤真一)、関口(椎名桔平)、榎木津(阿部寛)、木場(宮迫博之)が当然登場するが、原作では木場が大活躍(大暴走)し、彼の恋物語を主軸に話が展開していくのだ。彼の無骨な恋物語(木場本人も恋だと認識していない)が存在しなければもはやそれは「魍魎の匣」ではない。オープニングを思い出して欲しい。榎木津が久保と知り合いだったという戦場のシーン。これで僕はこの作品の主人公が榎木津である事を察知し、大きく落胆した。実際に木場の登場シーンは少なく、恋物語というよりは映画女優美波絹子こと柚木陽子(黒木瞳)に憧れる木場修太郎程度の描写しかないのである。しかも木場を演じているのはあの宮迫である。演技は悪くはないのだろうが、黒木瞳とのシーンが多く演技の質の違いが浮き彫りになり見てはいられなかった。この「魍魎の匣」が実写化されるという話を初めて聞いたとき、僕は木場役が前作と同じ宮迫なら作れないだろうからキャスティングが変えられるだろうと本気で思っていた。しかし、キャスティングに何ら変更がなかった。あったのは関口役だった永瀬正敏が病気で降板し、椎名桔平に変わったことぐらいだ。何で木場役が宮迫なのだ!?僕には未だに理解できない。その無理のあるキャスティングを監督は脚本でカバーしてしまった。だから主役が木場でなく榎木津なのだ!

しかし、今作を原作の内容を無視し忘れて見るならばこれはこれで秀作だと思う。あの膨大な内容を2時間あまりでまとめ上げたのだ。その脚本たるや秀逸であると言わざるを得ないだろう。これには心底驚いた。あれだけの内容をそれぞれのエピソードの担当者を作品をコンパクトにまとめ上げるために変更し(鳥口が調べ上げるはずの内容を敦子が調べるとか、事件の捜査を木場ではなく青木中心に行うとか、御筥様潜入捜査を鳥口だけでなく関口、敦子、鳥口の3人でやる等々)一つの作品に仕上げた監督の手腕は評価してもいいと思う。作品の製作コンセプトもきっと原作とは違っているのだと思う。でなければ今作のようなコメディサスペンスなどにはならないはずだからだ。百鬼夜行シリーズがコメディ調であるはずがないしあってはいけないのだ。今作を百鬼夜行シリーズ独特のおどろおどろしい混沌とした世界観を全く無視し、作風をコメディ調に変え、テンポよく物語を進め、膨大な原作をコンパクトに収める手腕は本当に素晴らしいと思う。

だから複雑なのだ!作品を評価してあげたいのだが、原作を著しく変化させ、木場の無骨な恋物語を台無しにしている内容には納得がいかないという矛盾した相反する感情が、僕の心を蝕んでいくのだ!こうやって文章にしてこの複雑な気持ちを書き殴っていると言う事実・・僕はきっとこの作品を十分楽しんでいるのだろう。ひょっとしたら監督もそれを狙っていたのかもしれない・・僕は監督の術中にはまってしまった!?いずれにせよ僕自身は十分に楽しめたようだ。たぶんその判断は間違ってはいないだろう。

さて、原作を知っている僕自身は楽しめたが、原作を知らない人たちにはこの作品はどのように写ったのだろうか?膨大な作品を主なエピソードを抜粋してうまくつなぎ合わせただけだから非常にわかりづらかったのではないだろうか?何故、頼子が加菜子を突き落としたのか?何故、雨宮は加菜子を連れ出したのか?美馬坂と陽子の異常な愛情の裏にあるもの一体何だったのか?これらの疑問全て原作を知らない人が今作を見て理解できたとは到底思えない。これは個人的意見だが、作品を2つないし3つに分けてじっくりと製作した方がよかったような気がするのは僕だけだろうか?

世界観の相異

投稿日

2008/05/30

レビュアー

カプチーノ

美しく、悲しい運命の少女達は・・・

投稿日

2008/05/25

レビュアー

ハヴィ

1〜 5件 / 全165件

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

魍魎の匣