ゾンビ襲来の画像・ジャケット写真

ゾンビ襲来 / ピーター・カッシング

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「ゾンビ襲来」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

『吸血鬼ドラキュラ』を始め、数々のホラー映画に出演を果たすピーター・カッシング主演によるモンスターホラー。蘇った死者たちが人間に襲い掛かる。

「ゾンビ襲来」 の作品情報

作品情報

製作年:

1973年

製作国:

イギリス

原題:

THE CREEPING FLESH

「ゾンビ襲来」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ホビット 思いがけない冒険

ポリスアカデミー777 モスクワ大作戦!!

新シャーロック・ホームズの冒険

サイレントフルート

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

この方こそヴァン・ヘルシング様也

投稿日:2005/01/05 レビュアー:裸足のラヴァース

始めに断っておくがこの映画 ゾンビとはびた一文関係がない なのでイントロにあるように 蘇った死者たちが人間を襲ったりはしない

まずフレディ・フランシス監督とは何者か 名匠ジャック・カーディフの弟子にあたり ジャックが監督した「息子と恋人」で撮影担当 アカデミー賞を取る 撮影が専門だ
最近作では「エレファント・マン」が一番有名だろう 怪奇映画を数多く演出し そのカメラマンとしての美意識は 
「テラー博士の恐怖」「残酷の沼」などのオムニバス映画に優雅に開花し 俺のような一部のマニアに断固として支持されている

この作品は 発見された太古のモンスターの遺骨から 悪の血液を採取し それが凶凶(まがまが)しい災危を呼ぶとゆう マニ教的善悪二元論のストーリーに
ヴァン・ヘルシング役で一世を風靡した ピーター・カッシングが演じる博士の娘が 精神病院で死んだ母親の秘密を探るとゆう
ほぼゴシック・ロマンスの横糸がからむ かなり手のこんだ構成の作品であり 見ごたえ充分 
精神病院長がクリストファー・リーで豪華配役

ゴシック・ロマンス的なるもの ハマープロなどの古い怪奇映画の持つ キッチュかつキャンプな雰囲気にフェチ萌えできるかどうか で人を選ぶ作品だ それ以外の人にはまったく退屈かもね
DVDになった画質はとてもきれいで 充実した映画体験だ

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

中身は良かったと思う。 ネタバレ

投稿日:2005/08/05 レビュアー:レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ゾンビ襲来という題名が良くないだけで、
中身は、昔のサイコチックなホラー映画という感じです。
いったいこの邦題は誰がつけたんだろうか・・・・(汗)
決して人間に襲いかかるわけでもなく、
切り取られてしまった指を取り戻しにくるくらいのものです。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ゾンビ好きは観ちゃだめだよ

投稿日:2006/03/19 レビュアー:上田umanosuke

なんだか変なので観始めて15分でレビューを読んで終わりです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

哀愁の教授・・・

投稿日:2005/01/26 レビュアー:ブルーカメオ

題名とこんなに雰囲気が違う映画も珍しいのではないでしょうか。
襲来って。・・・?
どちらかというと、精神的な部分の人間の弱さを描いたような作品です。「ドラキュラ」では活躍していたヘルシング教授ですが、この作品のカッシング演じる教授はあまりにもかわいそうです。哀愁・・・

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

ゾンビの襲来なくとも秀逸なシナリオと2大スターの共演で見応え十分

投稿日:2017/03/01 レビュアー:伝衛門

ゾンビ検索でヒットした本作品。
ピーター・カッシングとクリストファー・リーの二人の名前を確認した瞬間、レンタルリストに即追加。
フランケンシュタインやドラキュラだけでなくゾンビ映画にも出演されていたのかっ!
驚きと共に興味津々で手にした作品です。

DISCASのイントロには、”モンスターホラー”とか”'蘇った死者たちが人間に襲い掛かる”と
記載されていますが、そんなストーリー展開を期待して観ると肩透かしに遭うこと間違いなし。

ピーター・カッシング演じるエマニュエル教授とクリストファー・リー演じるジェームズ博士との確執、
エマニュル教授と娘との悲劇的なすれ違い、早くに亡くなったといわれている妻に関する秘め事等々、
重厚な人物描写がうまく作品の雰囲気を醸し出しており、
モンスター映画であることを開始80分まで忘れてしまう程!

エマニュエル教授が唱える”悪は病気であり、その病原菌は精神異常者からも発見されている”という説と、
彼の行動のギャップが面白く、それをふまえたラストのオチを高く評価したい。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

ゾンビ襲来

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

この方こそヴァン・ヘルシング様也

投稿日

2005/01/05

レビュアー

裸足のラヴァース

始めに断っておくがこの映画 ゾンビとはびた一文関係がない なのでイントロにあるように 蘇った死者たちが人間を襲ったりはしない

まずフレディ・フランシス監督とは何者か 名匠ジャック・カーディフの弟子にあたり ジャックが監督した「息子と恋人」で撮影担当 アカデミー賞を取る 撮影が専門だ
最近作では「エレファント・マン」が一番有名だろう 怪奇映画を数多く演出し そのカメラマンとしての美意識は 
「テラー博士の恐怖」「残酷の沼」などのオムニバス映画に優雅に開花し 俺のような一部のマニアに断固として支持されている

この作品は 発見された太古のモンスターの遺骨から 悪の血液を採取し それが凶凶(まがまが)しい災危を呼ぶとゆう マニ教的善悪二元論のストーリーに
ヴァン・ヘルシング役で一世を風靡した ピーター・カッシングが演じる博士の娘が 精神病院で死んだ母親の秘密を探るとゆう
ほぼゴシック・ロマンスの横糸がからむ かなり手のこんだ構成の作品であり 見ごたえ充分 
精神病院長がクリストファー・リーで豪華配役

ゴシック・ロマンス的なるもの ハマープロなどの古い怪奇映画の持つ キッチュかつキャンプな雰囲気にフェチ萌えできるかどうか で人を選ぶ作品だ それ以外の人にはまったく退屈かもね
DVDになった画質はとてもきれいで 充実した映画体験だ

中身は良かったと思う。

投稿日

2005/08/05

レビュアー

レビュアー名未設定

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ゾンビ襲来という題名が良くないだけで、
中身は、昔のサイコチックなホラー映画という感じです。
いったいこの邦題は誰がつけたんだろうか・・・・(汗)
決して人間に襲いかかるわけでもなく、
切り取られてしまった指を取り戻しにくるくらいのものです。

ゾンビ好きは観ちゃだめだよ

投稿日

2006/03/19

レビュアー

上田umanosuke

なんだか変なので観始めて15分でレビューを読んで終わりです。

哀愁の教授・・・

投稿日

2005/01/26

レビュアー

ブルーカメオ

題名とこんなに雰囲気が違う映画も珍しいのではないでしょうか。
襲来って。・・・?
どちらかというと、精神的な部分の人間の弱さを描いたような作品です。「ドラキュラ」では活躍していたヘルシング教授ですが、この作品のカッシング演じる教授はあまりにもかわいそうです。哀愁・・・

ゾンビの襲来なくとも秀逸なシナリオと2大スターの共演で見応え十分

投稿日

2017/03/01

レビュアー

伝衛門

ゾンビ検索でヒットした本作品。
ピーター・カッシングとクリストファー・リーの二人の名前を確認した瞬間、レンタルリストに即追加。
フランケンシュタインやドラキュラだけでなくゾンビ映画にも出演されていたのかっ!
驚きと共に興味津々で手にした作品です。

DISCASのイントロには、”モンスターホラー”とか”'蘇った死者たちが人間に襲い掛かる”と
記載されていますが、そんなストーリー展開を期待して観ると肩透かしに遭うこと間違いなし。

ピーター・カッシング演じるエマニュエル教授とクリストファー・リー演じるジェームズ博士との確執、
エマニュル教授と娘との悲劇的なすれ違い、早くに亡くなったといわれている妻に関する秘め事等々、
重厚な人物描写がうまく作品の雰囲気を醸し出しており、
モンスター映画であることを開始80分まで忘れてしまう程!

エマニュエル教授が唱える”悪は病気であり、その病原菌は精神異常者からも発見されている”という説と、
彼の行動のギャップが面白く、それをふまえたラストのオチを高く評価したい。

1〜 5件 / 全7件