恋は邪魔者の画像・ジャケット写真

恋は邪魔者 / レニー・ゼルウィガー

全体の平均評価点:(5点満点)

92

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「恋は邪魔者」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

1962年のニューヨーク。新進の女流作家バーバラ・ノヴァクは女性解放を謳った自著『恋は邪魔者』を出版するためこの街へとやって来た。出版社の重役はあまり興味を示さなかったが、ひょんなことからこの本は爆発的にヒット、世の女性たちはすっかりバーバラの主張に感化されてしまう。そのあおりを受けたのが男性誌で原稿を書いている名うてのプレイボーイ、キャッチャー・ブロック。彼はいまや女性の敵として冷たい仕打ちにあってしまう。怒ったキャッチャーは、バーバラの主張が間違っていることを証明するため、身分を偽り彼女に近づくのだが…。

「恋は邪魔者」 の作品情報

作品情報

製作年:

2003年

製作国:

アメリカ

原題:

DOWN WITH LOVE

「恋は邪魔者」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

猟人日記

彼が二度愛したS

リトルマン・テイト

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

ユーザーレビュー:92件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全92件

こういうの大好きです

投稿日:2008/02/27 レビュアー:ムーミンママ

この映画が私のストライクゾーンど真ん中
なんて言ったらバカにされちゃいそうですが・・・
でも、大好きなんです、このテイスト。

もともとバカバカしいラブコメは結構好きなんですが
その上、セットや衣装もめちゃくちゃ可愛くて・・・
「奥さまは魔女」や「ニューヨーク・パパ」なんていう
昔のテレビドラマの雰囲気さながらのレトロな感じも
たまりませんね。

ストーリーは最初っから最後まで読めちゃうオーソドックスな・・・と思っていたら、あらら・・・
なんていうサービスもついてます。

レニー・ゼルウィガーもこれ以上ないくらい可愛いです。
着せ替え人形のような衣装にも注目して下さいね。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

なんか眠くなっちゃた。。

投稿日:2007/02/18 レビュアー:飛べない魔女

ラブコメは好きなんだけど、これはなんか私の好みではなかったようで、眠けとの戦いだった。
レニーは、かわいく見えるときと、ものすごく不細工に見えるときとギャップがあるなあ。基本的には美女タイプじゃないし、庶民的な感じだから好感度もいいんだけれど、このバーバラはなんか鼻につくかんじで好きじゃないかな。結局ずるい女じゃん。。みたいな。。
60年代のカラフルカラーのファッションはかなりステキです。


このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

脚本がどうも、、、、

投稿日:2004/06/15 レビュアー:100万回生きた猫

レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーが主演なので借りてみましたが、、、、この直前に観た「ウエディング・シンガー」の出来があまりにも良くて、同じラブコメとしては数段落ちるように思います。
レニーもユアンも、演技はとてもいいのですが、脚本がどうもうまくないように思います。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

お洒落だけれど、まったく生活感ゼロ

投稿日:2017/12/02 レビュアー:hinakksk

 まるでファッションショーのような映画。とっかえひっかえするカラフルで高価そうなドレスを眺めているだけで楽しいし、男性の衣装もなかなか凝っていて、趣味がいい。

 ただ、コメディとは言え、あくまでも女性は人形のように美しく着飾ったお飾りで、世界の中心は男性だと言わんばかりのストーリーは頂けない。舞台はファッショナブルなニューヨーク、新しそうに見せていて、その実、コンセプトはかなり古風。女性の意趣返しはあるものの、どんな主張をしようが結局、女性の夢は理想の相手との結婚だ、と結論しているようなもの。

 現実感は全然ないのだけれど、スマートで洗練された、憧れのニューヨーク生活を、カタログ風に楽しむにはぴったりの映画なのかも。粋な趣向のエンディングクレジットもお見逃しなく。 

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだかなあ・・

投稿日:2008/01/25 レビュアー:さむこ

つまんなかった〜。
この2人が揃ってるのに、このレベルとは・・。
「ミス・ポター」にそなえて、2人の共演作を見ておこうと思ったのに失敗。

レニーの踊りはシカゴと同じようでいて、演出が違うとこんなに寒くなってしまうのか、と愕然。
どっちかっていうと、ユアン・マクレガーのほうが無理なく演じてるのに、なんせ話がどうしようもない。
うーん、これは見なくていいと思います。

どうにか見どころって言ったら、レニーの洋服とかか・・。
それも狙いすぎてる感じが否めません。
なぜまだ売れてない彼女に、あんな豪華な部屋が用意されてたのか不思議だ。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全92件

恋は邪魔者

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:92件

こういうの大好きです

投稿日

2008/02/27

レビュアー

ムーミンママ

この映画が私のストライクゾーンど真ん中
なんて言ったらバカにされちゃいそうですが・・・
でも、大好きなんです、このテイスト。

もともとバカバカしいラブコメは結構好きなんですが
その上、セットや衣装もめちゃくちゃ可愛くて・・・
「奥さまは魔女」や「ニューヨーク・パパ」なんていう
昔のテレビドラマの雰囲気さながらのレトロな感じも
たまりませんね。

ストーリーは最初っから最後まで読めちゃうオーソドックスな・・・と思っていたら、あらら・・・
なんていうサービスもついてます。

レニー・ゼルウィガーもこれ以上ないくらい可愛いです。
着せ替え人形のような衣装にも注目して下さいね。

なんか眠くなっちゃた。。

投稿日

2007/02/18

レビュアー

飛べない魔女

ラブコメは好きなんだけど、これはなんか私の好みではなかったようで、眠けとの戦いだった。
レニーは、かわいく見えるときと、ものすごく不細工に見えるときとギャップがあるなあ。基本的には美女タイプじゃないし、庶民的な感じだから好感度もいいんだけれど、このバーバラはなんか鼻につくかんじで好きじゃないかな。結局ずるい女じゃん。。みたいな。。
60年代のカラフルカラーのファッションはかなりステキです。


脚本がどうも、、、、

投稿日

2004/06/15

レビュアー

100万回生きた猫

レニー・ゼルウィガーとユアン・マクレガーが主演なので借りてみましたが、、、、この直前に観た「ウエディング・シンガー」の出来があまりにも良くて、同じラブコメとしては数段落ちるように思います。
レニーもユアンも、演技はとてもいいのですが、脚本がどうもうまくないように思います。

お洒落だけれど、まったく生活感ゼロ

投稿日

2017/12/02

レビュアー

hinakksk

 まるでファッションショーのような映画。とっかえひっかえするカラフルで高価そうなドレスを眺めているだけで楽しいし、男性の衣装もなかなか凝っていて、趣味がいい。

 ただ、コメディとは言え、あくまでも女性は人形のように美しく着飾ったお飾りで、世界の中心は男性だと言わんばかりのストーリーは頂けない。舞台はファッショナブルなニューヨーク、新しそうに見せていて、その実、コンセプトはかなり古風。女性の意趣返しはあるものの、どんな主張をしようが結局、女性の夢は理想の相手との結婚だ、と結論しているようなもの。

 現実感は全然ないのだけれど、スマートで洗練された、憧れのニューヨーク生活を、カタログ風に楽しむにはぴったりの映画なのかも。粋な趣向のエンディングクレジットもお見逃しなく。 

なんだかなあ・・

投稿日

2008/01/25

レビュアー

さむこ

つまんなかった〜。
この2人が揃ってるのに、このレベルとは・・。
「ミス・ポター」にそなえて、2人の共演作を見ておこうと思ったのに失敗。

レニーの踊りはシカゴと同じようでいて、演出が違うとこんなに寒くなってしまうのか、と愕然。
どっちかっていうと、ユアン・マクレガーのほうが無理なく演じてるのに、なんせ話がどうしようもない。
うーん、これは見なくていいと思います。

どうにか見どころって言ったら、レニーの洋服とかか・・。
それも狙いすぎてる感じが否めません。
なぜまだ売れてない彼女に、あんな豪華な部屋が用意されてたのか不思議だ。

1〜 5件 / 全92件