300<スリーハンドレッド>

300<スリーハンドレッド>の画像・ジャケット写真
300<スリーハンドレッド> / ジェラルド・バトラー
全体の平均評価点:
(5点満点)

378

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「300<スリーハンドレッド>」 の解説・あらすじ・ストーリー

"斬新な映像が話題を集めた史劇アクション。スパルタ王・レオニダスが300人の戦士と共にペルシア帝国に戦いを挑む。

「300<スリーハンドレッド>」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: アメリカ
原題: 300

「300<スリーハンドレッド>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

300<スリーハンドレッド>の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 解説 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//日本語
3:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 DLR73662 2007年09月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
123枚 6人 2人

300<スリーハンドレッド>のシリーズ商品


1〜 2件 / 全2件

【Blu-ray】300<スリーハンドレッド>(ブルーレイ)

  • 旧作

 無謀なる壮絶な戦いに生身の屈強な男たちが立ち向かう迫力の歴史スペクタクル。100万のペルシア大軍をわずか300人のスパルタ軍が迎え撃つという伝説的な史実“テルモピュライの戦い”を基に「シン・シティ」のフランク・ミラーが著わしたグラフィック・ノベルを斬新なビジュアルで映画化。監督は「ドーン・オブ・ザ・デッド」のザック・スナイダー。主演は「オペラ座の怪人」のジェラルド・バトラー。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英語 1:ドルビーデジタル//英語
2:ドルビーデジタル//日本語
3:ドルビーデジタル//英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 WBRY16103*B 2008年03月19日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 0人 1人

【Blu-ray】300<スリーハンドレッド>コンプリート・エクスペリエンス(ブルーレイ)

  • 旧作

"斬新な映像が話題を集めた史劇アクション。スパルタ王・レオニダスが300人の戦士と共にペルシア帝国に戦いを挑む。

収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・英語・音声解説用字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/英語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
4:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 CWBRY25884 2010年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
26枚 0人 1人

1〜 2件 / 全2件

関連作品

ユーザーレビュー:378件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全378件

ビジュアル系ムービー

投稿日:2008/01/07 レビュアー:JUCE

 一時期音楽ではビジュアル系バンドなるものが流行りましたが、最近ではムービーも内容云々はともかくビジュアル重視で押す映画が多くなってきて、これはこれでひとつのムービーのジャンルを形成してきているんでは無いでしょうか。こうした作品群はいわゆる王道のこれまで映画と言われていた部分とは若干異質な存在のような気もします。従来の映画と芸術祭に出展されるアート系の実験映像の中間のような存在。
 同じくフランク・ミラー原作の「シン・シティ」しかり「ルネッサンス」しかり、そして「ベオウルフ3D」などもこのジャンルに含まれると思います。
 こうした映画が多くなってきた背景にはやはり映画のデジタル化とそれに伴うCM業界の監督の参入が大きく影響していうようです。

 従来の映画と同列で考えるとストーリー的には、なんとも底が浅く、人物描写も平板。
 でも私自信はこの手の映画はキライじゃないです。これらの映画は内容はともかくのビジュアルセンスを観るだけでも私は十分に楽しめます。でもその評価は例えば私が最近高く評価したアルモドバル監督の「ボルベール」を評価するのとはベクトルの方向が全く違った部分での評価なのです。

 ビジュアル系バンドもその後は実力が無いと生き残れなくなったように、いずれはこうした実験映像的作品も淘汰されて行くのかもしれません。言わば映画も過渡期にあたるのかもしれません。

 すっかり横道にそれましたが、本作には深い内容はほとんど無いに等しいです。おそらく史実もかなり捻じ曲げてありフィクションに近いものだと思います。脳内まで筋肉にしてご覧頂くと実に痛快な映画です。「反イスラムをアジテートするプロパガンダ」だとも言われているようですがそこまで深い考えも無さそうな気がします。
 なんだか褒めているのか貶しているのかよく分からなくなってきましたが、大人向けの血みどろファンタジーとしてお楽しみ下さい。(アッ、あくまで自己責任でお願いします)

このレビューは気に入りましたか? はい 24人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

怪奇イラスト集

投稿日:2007/09/06 レビュアー:勝王

 映画館で見たときの感想。こりゃバカ映画。前編、CGで加工されており、実写というよりアニメに近い感じです。
 首が飛んだり、手足が切られたり、結構残酷な場面があって、首の切り口をスローで見せるなど、スプラッターですが、アニメみたいな映像なのであんまり残酷さを感じません。
 悪役のペルシャ軍は王様からして両性具有みたいなイメージで、軍隊も巨人だったり顔面が崩れた日本の忍者みたいな連中だったり、スパルタを裏切るせむし男は全身がフリークスだったり、もうバケモノばっかりです。王の陣地なんか、顔が半分崩れた半裸の女たちが絡み合って、ベックフォードの「ヴァテク王物語」みたいな感じで、凄いです。泥臭い昭和の紙芝居のイラストを絵巻風に見ているような印象で、私はもの凄く面白かったです。
 その分、リアリティは犠牲になってます。というか、まったくリアリティがありません。いきなり身体障害者は生まれるとすぐ谷に放り投げて殺すというようなスパルタの狂った風習が描かれ、その後は子供たちが殴り合って強くなる反ヒューマニズムな教育。それでいて、そんなムチャな国に、テロと闘う現在の米国を無理やりイメージとして継ぎ足しております。そこがこの映画の決定的にダメなところです。応援したくなくなっちゃうというか、しらけちゃいます。
 300人のスパルタ軍たちは、10万人のペルシャ軍と闘うのに、やたらと「自由」「民主主義」を口にします。自由のため、民主主義のための闘いだ、というわけですが、前半で狂った国であることを存分に見せつけられておりますので、「コンナ国で自由も民主主義もあったもんじゃないだろ」と思ってしまいます。相手がアラブ系や東洋系の異形の人たちで、それに対しヒロイックな白人たちが闘うとなると、どうも9・11以降のテロに対する自由と民主主義の闘いを思い浮かべてしまいます。
 ひょっとしたら、「自由」「民主主義」といって戦っている現在の米国は、ホントは狂った国なんだ、ということがいいたいのでしょうか?いやそんなことはないみたいです。
 現実は数が圧倒的に多い(ペルシャ側)のは米国で、数が少ない(スパルタ側)はイスラム勢力(ゲリラ側)なのではないか、など余計なことも考えて紙芝居風絵巻物を素直に楽しめません。なんか、知能指数ゼロの映画なら面白かったのに、中途半端に知能指数が低いというか。
 しかし、そんな余計なことを考えずに素直に残酷紙芝居を楽しめば良いのかも知れません。動く怪奇イラスト集としては非常に良く出来ていると思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 22人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

格闘する様式美ネタバレ

投稿日:2007/08/27 レビュアー:masamune

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

年に数本は後年へ語り継ぐ映画に出逢うが、本作はソノ資格十分と絶賛したい。300人 vs 1000000人なんて戦国の、真田家 vs 徳川家以上の趣だが、そのヴィジュアルの凄さは「マトリックス」の衝撃を凌ぐ!ハリウッド復権のスペクタクル巨編。

私はFrank Millerの一連の作品は評価しないが、本作を見てテーマが悪かったと思い直す程の出来栄え。「シン・シティ」のグラフィック・ノベルをベースに「テルモピュライの戦い」を描くが、最大のポイントは史実で有りつつ、かなり前(ざっと2500年)と言う古さが良い意味で脚本に作用し、「歴史モノ」と「空想モノ」との境界を見事に捉えた着想の勝利、と思う。
まるでプレイステーション3の様な、超リアルなC.Gはまるでアニメの様だが、其処に汗臭さは無い。このリアル感溢れる映像美と、相反する演出のリアル感の無さ(わざと痛みを感じない)描き方は秀逸。
これだけ殺戮ばかりならウンザリする筈が、爽快感すら感じるのは、リアル感の欠如に尽きる。それが十分に計算されて演出されてる点も小憎らしい(笑)。
戦闘モノで重要な「戦う理由と正義」を丁寧に描き、その高い物語性も評価したい。なぜ無謀と言える数の違いを超越して戦うのか?その答えも思想感の観点から上手く説明してる。単なるアクション映画と格の違いを感じるのは、緻密に計算された脚本の一貫性の成せる業だ。

世紀の映像美は、コントラスト、グラデーション、フォーカス、クオリティ・モデファイの何れを撮っても素晴らしく、其処にはツルツルの触感と言うより、ザラ目の質感とも言える究極の装飾美を目撃できる。
単にコマとしての映像美に留まらず、フィルムの多様なスピード感も凄い!スロー、コマ送り、早回しと変幻自在な編集はダンサブルで、リアル感の喪失を敢えて鮮明にする事で、飛び散る「血」さえ美しく感じる・・・極めて鮮烈なヴィジュアルだ。
更に凄いのは、見せ方の「距離感」だ。此れほどまでの大軍を描く場合、画角を広く撮って全体を見渡す映像を撮りがちだが、それは×。確かに数の多さは確認できるが迫力不足は否めない。逆に接写だとスピード感は得られるが、何をやってるのか解り辛い。
この格闘戦の微妙な「間合い」も実に絶妙で、これは実写では難しいV.F.Xの賜物。近接撮影でも動きが分かり易い甲冑のデザイン一つを見ても、細かいディティールに配慮してるのも憎い。

しかし作品の全てが手放しで褒められるかと言えば、そうでも無い。
特定の宗教国が公式に抗議した事でも分かる様に「歴史劇」としてのリアリティも本作には無い。日本の大河ドラマも史実と異なる演出過多が散見されるが、本作は確信犯的に歴史認識を歪曲化してる。
其処には民主国家を標榜する唯我独尊国と、専制国家を堅持するマイノリティとの国家観の違いまで言及する、シビアなプロパガンダも垣間見える。そこで配給元がユダヤ系のWarnerと思い出す・・・相変わらず思慮深いスタジオだ(笑)。
それでも私は本作を見て、このヴィジュアルを使った「風林火山」を見たくなった・・・その意味でハリウッドは少し復権したと思う。

このレビューは気に入りましたか? はい 21人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ふんどし姿は、ラヴァ様の方が似合うでしょうネタバレ

投稿日:2007/10/24 レビュアー:こんちゃん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 いや、ついこの間ロードショーをやっていたような気がするのですが・・・
 最近、DVDになるのが早いですなあ・・・DVD化して欲しい物に限って一向にリリースされないのに。ロードショー公開されて、興行的にいまいちだった物は、早めにDVDリリースして、元取らなきゃって言う制作元の打算がからんでくるんでしょうね。

 最近、学校で英語を習っている6才の娘が、パッケージを見て
「さんびゃく?」
と聞くので、
「スリー・ハンドレッド。300を英語でそう言うんだ」
と教えると、
「300、すごい沢山だよね?」
「うん。でも相手は100万なんだよ」
「・・・・」
100万という数字がピンとこないようです。
「100が100個で1万だろ?その1万が100個で100万だよ」
「げっ、そんな沢山?で、どっちがいい者?」
「う〜ん、この物語では、300の方がいい者かな・・・」
「でも、絶対勝てないよね」
「うん、1人で3,333人倒さなきゃいけないからね」
「・・・・」
「けいちゃんと、パパとママで、けいちゃんの学校にいって、幼稚部、小学部、中等部、高等部、大学の人を全部やっつけなきゃいけないくらいの数なんだよ」
「あ、それ無理!だって、ラグビー部とか柔道部のお兄ちゃん達は、すんごく強いから」

 そういう問題じゃないんだけどね(笑)
 

 作品としては、可もなく不可もなし。勝王さんがおっしゃっているように、おバカ映画として楽しんでしまうのなら、これもありです。「シン・シティ」に雰囲気が似ているので、多くの方が対比していらっしゃいますが、私としてはこちらの方が、楽しめました。中途半端にストーリーに変化を付けると、映像だけを純粋に楽しめないので、この
「ストーリーはどうでもいいのさ。この絵を見てくれ」
というような感覚は嫌いではありません。もっと、突き抜けるようなキレ感があれば、そしてストップモーションをこれほど多用せず、80〜90分くらいにまとめれば、痛快歴史絵巻物語り(ただし、時代・歴史考証なし)として、良い線いったのになと思います。

 ザック・スナイダー監督は、おそらく映像というか、幻想的な絵の羅列を見せたかったんじゃないかと思います。全編CGだらけで、アニメでいいじゃんと思うような作りも、背景が書き割りようで、舞台劇でも可能だと思わせるところも、ある種確信犯的なところがあるんじゃないでしょうか。現代のCG技術であれば、もっとリアルに描くことは充分可能なのに、あえてこんな作りをしているのは、一瞬一瞬を切り取って、絵として見せたかったような気がするのです。
 であれば、余計なドラマは逆効果です。自由のために立ち上がった精鋭300人!とか、留守を守る王妃のエピソードとか・・・。
 本来は、劇場で観るべきであろう作品です。ストーリーとか気にせずに、絵巻物として楽しむつもりなら、レンタルしても損ではないです。

このレビューは気に入りましたか? はい 19人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

シャイニング・ウィザ〜〜ドネタバレ

投稿日:2007/09/09 レビュアー:裸足のラヴァース

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「ドーン・オブジャ・デッド」のザック・スナイダーの二作目は歴史残酷劇とのことで いそいそと映画館へ行きました こんちゃんがふんどし姿で300人も出てくる 思わず三百台減じゃないよ<<変換 三百代言なんてふるい言葉を思い浮かべたりします とんでも映画です

史実に基ずくとすれば ペルシア帝国の進出に対して ギリシャ思想・精神を体現して 初めてヨーロッパが自覚的に世界史に登場した 強烈な戦争であり その正統的なギリシアのありようは 今様のアメリカの対テロ戦争思想に 巧妙にすり替え利用されますが それはマサやんや 勝王さんが述べてますのでそちらを読んでください

まあバカ映画の一種 大量人殺し映画をさらりとやってくれていて いまのアメリカン・ホラー 「ホステル」などの変形ヴァージョンと思えばいいんじゃないでしょうか ばかばかしさを楽しまないとおもろないでしょう 降ってきた矢は5万本どころか 300万本です それにしても あんな対岸の遠いとこから とどくわけはにゃいですね さすがCGの矢じゃ 全体に意外に狭い範囲の戦いにして CGでごまかしてまして この距離感がマサやんが言うように うまいんですね 渓谷の狭い道に敵を誘い込んで ここで反撃 上から岩とか落とすんだろうと思ったら さあ行くぞと正面戦になってしまって 誘いこんだ意味がないじゃんみたいな変な作戦 なんですが それが映画的にはうまい戦闘場面になるわけです

これは作戦としてはバカ司令官なわけですが 市川歌右衛門か松尾スズキみたいな とても「オペラ座の怪人」のジェラルド・バトラーとは思えないバトラーが いちいち太い眉毛の下の目をかっと 見開いて見栄を切ると 納得したりしちゃいます すごく背の高いおかまみたいな ペルシア軍の大将も 一万人くらい連続投入すれば楽勝なのに びびっちゃって変なんですけど まあそこが映画ですからね いいんじゃないでしょうか  

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全378件

300<スリーハンドレッド>