No.29 RANKING

ザ・スパイ ゴースト・エージェント

ザ・スパイ ゴースト・エージェントの画像・ジャケット写真
ザ・スパイ ゴースト・エージェント / アレクサンドル・ペトロフ
全体の平均評価点:
(5点満点)

4

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ザ・スパイ ゴースト・エージェント」 の解説・あらすじ・ストーリー

『T-34/レジェンド・オブ・ウォー』のアレクサンドル・ペトロフ主演によるスパイアクション。亡くなった父・ロダン大佐が育てたエージェントたちが何者かに狙われていることを知った元スパイのアンドレイは、敵の襲撃をかわし、反撃を始めるが…。※一般告知解禁日:7月1日

「ザ・スパイ ゴースト・エージェント」 の作品情報

製作年: 2019年
製作国:
原題: GEROY/THE HERO

「ザ・スパイ ゴースト・エージェント」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ザ・スパイ ゴースト・エージェントの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
121分 日・日(大字幕)・吹 露:ドルビーデジタルステレオ、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
ALBD10350 2020年09月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
206枚 30人 37人

関連作品

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

軟弱で甘いスパイ映画、そこが良かったりして?

投稿日:2020/09/05 レビュアー:くまげらの森

(2019年制作・ロシア)
みなさん!お待たせしました。「T-34 レジェンド・オブ・ウォー」のアレクサンドル・ペトロフ主演のスパイアクションです!
銃撃戦はあるが、残酷な場面はまったく無く、スリル感も少な目。
やたら、ニコニコするペトロフの青い瞳が心臓バッキュン♪で、戦車に乗らなくても、牛乳をゴクゴク飲むだけで女性はウットリするのでした。(ホントかよ)
しかし、本作ではどこかダメなヤツです(笑)ホントです!

スパイ養成学校でペトロフと共に育ち、久し振りに再会した女性スパイ、マーシャ。
ペトロフよりスパイスキルはあり、気の強さも相当!そのうえペトロフより背が高い!
それなのに、ペトロフてば、簡単に惚れちゃうんだもん。

「死んだはずの『オヤジ』から逃げろと電話がきた、逃げようぜ!」
手に手をとって、高層強化ガラスをブチ破り、地上に降り立つ。
彼らが今いるのはヨーロッパ。ペトロフの父親であるロダン大佐が、ロシア対外情報庁が創設したスパイ養成学校「ユース」。
潜入スパイの育成計画が進められるが、ロダン大佐の死によってストップする。
15年間「ゴースト・エージェント」として目覚めの時を待っていた彼ら。
爆破テロを計画する敵を巡り、ヨーロッパを戦場に壮絶なスパイ戦がはじまった。

フライボード(水圧で空を飛ぶヤツ)は、初めて見たが、クネクネしてなんか面白そう!
舞台がロシアではなく、ヨーロッパ各地なので、美しい風景が続く。
子供にまで自分の死を偽っていた父、父と息子の和解のドラマでもある。
そして、なんとマーシャと驚きの〇〇〇〇で幕を下ろすなど、こんなん、あり?
スパイのくせに顔を赤らめちゃったりして、マーシャ、計画性はある方だったよね?。
(刑務所で産んだら俺が育てる)あ、ネタバレしちゃった・・。男前なペトロフ様じゃ。
もう一方のラストは、ロダン大佐と旧友カターエフ将軍のおじさま同士の友情。
こーんなあったかい気持ちで終わるスパイ映画も珍しいと思いましたー。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ロシアが「007」とか、「ミッション・インポッシブル」を・・・

投稿日:2020/09/06 レビュアー:カマンベール

真似して作っちゃいました・・・みたいな映画です。
最近ロシア映画が熱い・・・そう思いませんか?
2019年のロシア映画です。
主演は「Tー34」の戦車で、世界を驚かせた男・アレクサンドロ・ペドロフ。
ロシア人らしくもなく軟弱に見えて可愛い・・小柄でキュートです。

話は15年前に遡ります。
アンドレイ(アレクサンドロ・ペドロフ)のお父さんのロダン大佐が創設した
スパイ学校「ユース」の存在。
ロダン大佐はとっくの昔に死んだ筈。
なのに電話が来る。
そしてアンドレイと相棒の美女マーシャはロシア当局から命を狙われるのだった。

だいたいにゴースト・エージェントって何?
「ユース」で養成されて世界に散ってるスパイのスリーパーのことらしい。
元「ユース」のアンドレイとマーシャは「007」やトム・クルーズ張りのアクションシーンを見せて、ヨーロッパ各地を転々としては、狙われる。
次々と当局に襲われ、空中ダイビングから、水中バイクのチェイスに爆破&銃撃戦と、
息つく間もないアクション・シーン。
結構、見応えありますよ。
ただ、死んだ筈の父親・ロダン大佐との親子の情・・・みたいのに重点が置かれてて、
肝心の「ユース」出身の潜入スパイが世界に散らばってて、極秘パスワードを発令すると、
世界中でテロが起こる・・・
これって大風呂敷で、実際には、次作に続くってことみたい・・・なんですよ。
スパイアクションの雰囲気はあるけれど、おっかけっこばかりで、中身が薄い。

ハリウッド映画並みに美女が多くて、スタイリッシュな仕上がりでした。
なので、そこそこ楽しめました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

楽しめないこともないが眠かった

投稿日:2020/09/11 レビュアー:勇光

カッコイイ服装のモデルさんみたいな美女がたくさん出てきて、カッコイイ顔の兄さんとアクションやります。そうそう自動車もスゴイ高級スポーツカーばかり。
しかし、終盤まで皆が何をやっているのかさっぱりわからない。敵は何をねらっているのか、主役の兄さんとその同級生の美人さんはだれと戦っているのか、ロシアのCIAみたいなのは何をどうしたいのか、死んだはずの親父さんはなんで死んだふりしてたのか、なんで突然出てきたのか、電話が来たので動きだしたのに、電話してないとか言ってたけど、それじゃあだれが電話したのか・・そのあたりがさっぱりわからないままストーリーがどんどん進みます。ので、会話がつまらない。で、アクションが途切れると何回もぐーぐー眠っちゃいました。終盤になってカラクリの説明があるのですが、へー・・それがどうしたの? って感じ。裏切り者がだれなのかわかっても、まあ、オレには関係ねーなって気分になっちゃいました。
ミッションインポッシブルだと犯人が世界平和を破壊するような凶悪なことをたくらんでいたりしていて、大変だーってなるんですけど、それがないんですなあ・・。
でも、スヴェトラーナ・コドチェンコワっていうロシア女性はホントに美人でしたわ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

予想外に面白い、スマートなスパイ映画

投稿日:2020/09/10 レビュアー:hinakksk

 ロシアのスパイ映画ですが、イデオロギー色はほとんどなく、エンタテインメントに徹していて、二転三転する展開がとても面白い。どこかの国を標的にしていない、というのもいいです。アクションシーンはスピーディで切れ味鋭く、それなりにオリジナリティもあって、なかなかの迫力。

 ロダン大佐によって創設されたスパイ学校「ユース」で養成された精鋭のロシアスパイたちが欧米各地に密かに潜入して、15年が経過している。彼らゴーストエージェントたちにアクセスするには起動パスワードが必要で、そのパスワードがあれば、彼らはどんな命令にも従う。そのスパイ網を手に入れて悪用しようと暗躍する謎の組織との攻防が描かれる。

 オーストリアに住むロダン大佐の息子アンドレイに、死亡したはずの父親から危険を知らせる電話がかかってくる。正体不明の敵の襲撃を受けたアンドレイは、ユースを卒業し、今はドイツのケルンに住むマーシャ・ラフマノフに連絡をとり、ふたりで真相を究明しようとする。

 主演のふたりは美男美女、一見スパイらしからぬ爽やかさ(けれど、次第に陰謀が明らかになって…)。何者かの襲撃を受けながらふたりでヨーロッパの美しい町並みを疾走し、やがて舞台はロシアへ。そして次々と、とんでもない驚きの展開に! 後半がちょっとくどくて長いのが少し残念。もっとあっさり終ってもよかったのでは、という気がしないでも。

 スパイアクションを中心に、ロマンスあり、友情あり、父と息子の和解ありと、盛りだくさん。落ちこぼれのスパイが成長して、独り立ちするストーリーでもあります。気楽に楽しむにはピッタリ。お薦めです。 

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

ザ・スパイ ゴースト・エージェント

月額課金で借りる

都度課金で借りる