No.165 RANKING

鬼滅の刃

鬼滅の刃の画像・ジャケット写真

鬼滅の刃

全体の平均評価点:(5点満点)

20

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

「鬼滅の刃」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

「週刊少年ジャンプ」で連載中の吾峠呼世晴による剣戟冒険譚をアニメ化した第11巻。蝶屋敷で機能回復訓練中の炭治郎は、全集中の呼吸を1日中続けられるよう修行に励み、カナヲとの訓練を重ねていた。第25話と最終第26話を収録。※5月27日より発売日変更

「鬼滅の刃」 の作品情報

作品情報

製作年: 2019年
製作国: 日本

「鬼滅の刃」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督: 外崎春雄

関連作品

関連作品

OVA テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION テセアラ編

OVA テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION 世界統合編

【追加入荷分】劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス

ユーザーレビュー:20件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全20件

とても良い作品に仕上がっています。 ネタバレ

投稿日:2020/01/04 レビュアー:静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジャンプ連載時、なんでこんな時代劇?をって思って読んでいましたが、その後の展開が素晴らしく、吾峠呼世晴先生を見出したジャンプ編集部には脱帽です。

アニメも原作に沿って進行していきますが、私的には非常に良い出来で満足しています。
超個性的なキャラクターが作品に上手くマッチングしています。
声優さんも善逸のキンキン声がやや耳障りですが(ファンの方すみません)、キャラにマッチしていてとても良いです。

かなり厳しい描写が多いので、お子様には要注意です。

第二期も確定していますので、期待しています。

なかなか見ごたえのある作品です。
おススメです。

このレビューは気に入りましたか? 20人の会員が気に入ったと投稿しています

魅力的な登場人物たち。誰も欠けることなく完走して欲しい!

投稿日:2020/03/29 レビュアー:コタロウ(!)

人喰い鬼を倒す集団「鬼殺隊」の隊士・竈門炭治郎の活躍を描いたアニメ作品。
躍動感ある戦闘シーンが素敵。
「全集中!水の呼吸!」の後、技名を叫んで攻撃を繰り出す。
すげー、カッコいいわー…
呼吸法と言えば、ロングブレス・ダイエットしか思い当たらぬw

母や弟妹を殺害され、妹・禰󠄀豆子を鬼に変えられてしまった炭治郎は、
彼女を変異させた鬼を追うため、厳しい修行を経て鬼殺隊に入隊した。
優しく、賢く、強い炭治郎。鍛錬を怠らない努力家でもある。
倒した鬼を悼む心も持っている。いい子だ。涙…

鬼殺隊の偉い人たちが、華やかでキラキラしていて興味深い。
だが、名前が難しくて覚えられない。
肩に白蛇を乗せている人が好き。
どんな技を出すのか見たい!
炭治郎の同期で、鬼討伐にあたり「いやあぁー」と怯える(本当は強い)善逸も好き。

大正時代が舞台というだけに、炭治郎たちの和洋折衷な服装が魅力的。
(常に上半身裸の人もいるけど…)
流血や暴力も描かれるが、炭治郎のまっすぐな心や仲間の活躍がそれを緩和させる。
笑わせるシーンも多い。
このまま誰も欠けることなく完走して欲しい…

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

優しさが心地よい

投稿日:2020/05/10 レビュアー:ポッシュ

巷で話題なので、どんなもんかと鑑賞。

身内を鬼に殺された主人公が、鬼退治の戦士となって活躍するオハナシ。

膨大な説明セリフがちょっと気になったけど、終盤は慣れたので見逃します。^^
たぶん“心の声”なんでしょうね、映像を見れば十分に理解できるよって事まで
イチイチ言葉にするのは、まぁ、漫画の文法ということか。

設定として面白いのは、鬼になってしまった妹を主人公がずっと連れ歩いている・・・ってとこ。
本来、鬼は人間を食らって生きながらえていくのだけど、炭治郎の妹ねずこは
決して人を襲わない。ギリギリ理性を保っている。
炭治郎は妹を人間に戻せると信じ、その方法を求めて鬼殺隊(きさつたい)に入隊し、
鬼退治の旅は、妹の治療のための旅でもある。

とにかく、この炭治郎って子の「素直さ」「優しさ」がとても心地よい。
キラッキラしてオシャレな作画に、血しぶきドッピャアな残虐ホラー描写も頻出する
“今どき”の作品なのに、主人公のマインドは「世界名作劇場」並のピュアさ。
周囲がドン引きするくらい物事を肯定的にとらえる炭治郎の姿が笑えるのは、
お笑いコンビ「ぺこぱ」の絶対に否定しないツッコミにも通ずる・・・?
うーん、みんな優しさに飢えてるのかもね。やたらと炎上だとか自己責任とか、
今の世の中イヂワルですもん・・・。

炭治郎の優しさは、家族や隊の仲間に対してだけではない。
殺す相手の鬼にすら情けをかけ、思いをくみ取り、同情を寄せる。
鬼はもともと人間、人間時代の辛い思い出を抱えていたりするので、
死ぬ刹那に鬼の想念にそんな哀しみが浮かぶ。
それを嗅ぎ取った炭治郎(彼は鼻が利く)は、相手を成敗するけれども
臨終のひととき、鬼に寄り添うのだ。
手を握ってあげたり、背中に手を置いてあげたり・・・。(涙)
そう、鬼たちは皆、ただの殺人鬼ではなく、どうしようもなく悲しい存在なのだ。
そこにはパワハラやDVなど、現代社会の病理が照射されていたりもする。

鬼殺隊の隊士はそれぞれ戦法のスタイルを持っていて、炭治郎は「水の型」を使う剣士。
普通なら、訓練の中で1の型、2の型って順番に会得していく様子を見せるだろうに、
この物語では一切ない。いきなり実践で繰り出されるので「おぉっ!」っと意表を突かれるのだが、
これが後半で効いてくるのですね。なるほど、最初から手の内見せないのはこういう事ね、と。
1シリーズ終盤のクライマックス、那田蜘蛛山の戦いは白眉です。
ここで炭治郎が繰り出す技に、オバサンは泣きました。
こんな優しい鬼退治ってあるか?

ビジュアルの美しさは他レビューにもある通りなのですが、この那田蜘蛛山に出てくる鬼たちは
中でもスタイリッシュでキモ怖くて良いです。
チェコのアーティスト、ヤン・シュバンクマイエルみたいな世界観。

こういう物語が子ども達の間で流行るのは良いことではないかと、
頭の固い昭和のオバサンも唸ってしまう作品でありました。
それぞれのキャラの立ち具合も素晴らしいし。善逸クンのヘタレっぷりが好き!

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

劇場版を観る前に

投稿日:2021/01/04 レビュアー:oyoyo

劇場版はテレビ版の続きだというので、
映画を観る前にテレビ版を観ました。

みんなが騒いでる程じゃないような・・・
面白い事は面白いと思うんだけど。

映画クオリティの作画は素晴らしい。
特に終盤2話くらいの映像は、テレビアニメのレベルを
遥かに超えている。

しかし、残酷シーンが多く、子供に見せても大丈夫かと思う。
いや、ちゃんと死ぬから逆にいいのかも?
最近は殴られて吹っ飛んでもすぐ立ち上がったり、
死んでも生き返ったりするので、
子供が「手加減」を知らなかったり、
命を軽くみる傾向が強いという。
それと比べれば、刀で切られれば死ぬ。
そんなアニメの方がいいかも?

僕も子供の頃は永井豪の残酷なマンガをたくさん読んだがまとも?に育った。
って自分で言うな(笑)

80点 

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

鬼滅の刃●実写版キャスティング考えてみた‼

投稿日:2020/06/02 レビュアー:ボビーデアフィールド

アニメ版1〜26話をドラマ化する仮定でキャスティングしてみました。物語内での年齢は炭治郎、禰豆子は14,5歳だが、その年齢でキャスティングしてしまうと、無名の子役ばかりで集客的に無理なので利益が見込めるオールスターキャストで勝手に構成しちゃいました、テヘペロ 最初は2時間スペシャル→2クールぶち抜きでドラマ化お願いします。

竈門炭治郎➡(菅田将暉、竹内涼真、山崎賢人)
竈門禰豆子➡(清原果耶、浜辺美波)
我妻善逸➡(志尊淳)
嘴平伊之助➡(神尾楓珠)
冨岡義勇➡(佐藤健)

珠世➡(木村文乃、中村ゆり)
愈史郎➡(高杉真宙)

お館様➡(松坂桃李)

黒髪➡(小川紗良) 白髪➡(山田杏奈)

胡蝶しのぶ➡(吉岡里帆)
栗花落カナヲ➡(芦田愛菜、本田望結)
煉󠄁獄杏寿郎➡(間宮祥太朗)
宇髄天元➡(工藤阿須加)
甘露寺蜜璃➡(今田美桜、小芝風花)
時透無一郎➡(板垣李光人)
悲鳴嶼行冥➡(鈴木伸之)
伊黒小芭内➡(横浜流星)
不死川実弥➡(山田裕貴)

鬼舞辻󠄀無惨➡(吉沢亮)

お堂の鬼➡(白濱亜嵐) 響凱➡(柳楽優弥) 
沼の鬼➡(白石準也) 
矢琶羽➡(中尾明慶) 朱紗丸➡(仲里依紗)

累➡(道枝駿佑) 蜘蛛の鬼(母)➡(松本まりか)
蜘蛛の鬼(兄)➡(本郷奏多) 蜘蛛の鬼(姉)➡(奈緒)

神崎アオイ➡(福本莉子) 村田➡(重岡大毅)
善逸の師匠➡(笹野高史) 鋼鐡塚➡(滝藤賢一)

錆兎➡(平野紫耀) 真菰➡(与田祐希)

鱗滝左近次➡(松重豊、遠藤憲一) 胡蝶カナエ➡(石原さとみ)

竈門炭治郎の父➡(向井理) 竈門炭治郎の母➡(深田恭子)



このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全20件

鬼滅の刃

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:20件

とても良い作品に仕上がっています。

投稿日

2020/01/04

レビュアー

静かなる海

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジャンプ連載時、なんでこんな時代劇?をって思って読んでいましたが、その後の展開が素晴らしく、吾峠呼世晴先生を見出したジャンプ編集部には脱帽です。

アニメも原作に沿って進行していきますが、私的には非常に良い出来で満足しています。
超個性的なキャラクターが作品に上手くマッチングしています。
声優さんも善逸のキンキン声がやや耳障りですが(ファンの方すみません)、キャラにマッチしていてとても良いです。

かなり厳しい描写が多いので、お子様には要注意です。

第二期も確定していますので、期待しています。

なかなか見ごたえのある作品です。
おススメです。

魅力的な登場人物たち。誰も欠けることなく完走して欲しい!

投稿日

2020/03/29

レビュアー

コタロウ(!)

人喰い鬼を倒す集団「鬼殺隊」の隊士・竈門炭治郎の活躍を描いたアニメ作品。
躍動感ある戦闘シーンが素敵。
「全集中!水の呼吸!」の後、技名を叫んで攻撃を繰り出す。
すげー、カッコいいわー…
呼吸法と言えば、ロングブレス・ダイエットしか思い当たらぬw

母や弟妹を殺害され、妹・禰󠄀豆子を鬼に変えられてしまった炭治郎は、
彼女を変異させた鬼を追うため、厳しい修行を経て鬼殺隊に入隊した。
優しく、賢く、強い炭治郎。鍛錬を怠らない努力家でもある。
倒した鬼を悼む心も持っている。いい子だ。涙…

鬼殺隊の偉い人たちが、華やかでキラキラしていて興味深い。
だが、名前が難しくて覚えられない。
肩に白蛇を乗せている人が好き。
どんな技を出すのか見たい!
炭治郎の同期で、鬼討伐にあたり「いやあぁー」と怯える(本当は強い)善逸も好き。

大正時代が舞台というだけに、炭治郎たちの和洋折衷な服装が魅力的。
(常に上半身裸の人もいるけど…)
流血や暴力も描かれるが、炭治郎のまっすぐな心や仲間の活躍がそれを緩和させる。
笑わせるシーンも多い。
このまま誰も欠けることなく完走して欲しい…

優しさが心地よい

投稿日

2020/05/10

レビュアー

ポッシュ

巷で話題なので、どんなもんかと鑑賞。

身内を鬼に殺された主人公が、鬼退治の戦士となって活躍するオハナシ。

膨大な説明セリフがちょっと気になったけど、終盤は慣れたので見逃します。^^
たぶん“心の声”なんでしょうね、映像を見れば十分に理解できるよって事まで
イチイチ言葉にするのは、まぁ、漫画の文法ということか。

設定として面白いのは、鬼になってしまった妹を主人公がずっと連れ歩いている・・・ってとこ。
本来、鬼は人間を食らって生きながらえていくのだけど、炭治郎の妹ねずこは
決して人を襲わない。ギリギリ理性を保っている。
炭治郎は妹を人間に戻せると信じ、その方法を求めて鬼殺隊(きさつたい)に入隊し、
鬼退治の旅は、妹の治療のための旅でもある。

とにかく、この炭治郎って子の「素直さ」「優しさ」がとても心地よい。
キラッキラしてオシャレな作画に、血しぶきドッピャアな残虐ホラー描写も頻出する
“今どき”の作品なのに、主人公のマインドは「世界名作劇場」並のピュアさ。
周囲がドン引きするくらい物事を肯定的にとらえる炭治郎の姿が笑えるのは、
お笑いコンビ「ぺこぱ」の絶対に否定しないツッコミにも通ずる・・・?
うーん、みんな優しさに飢えてるのかもね。やたらと炎上だとか自己責任とか、
今の世の中イヂワルですもん・・・。

炭治郎の優しさは、家族や隊の仲間に対してだけではない。
殺す相手の鬼にすら情けをかけ、思いをくみ取り、同情を寄せる。
鬼はもともと人間、人間時代の辛い思い出を抱えていたりするので、
死ぬ刹那に鬼の想念にそんな哀しみが浮かぶ。
それを嗅ぎ取った炭治郎(彼は鼻が利く)は、相手を成敗するけれども
臨終のひととき、鬼に寄り添うのだ。
手を握ってあげたり、背中に手を置いてあげたり・・・。(涙)
そう、鬼たちは皆、ただの殺人鬼ではなく、どうしようもなく悲しい存在なのだ。
そこにはパワハラやDVなど、現代社会の病理が照射されていたりもする。

鬼殺隊の隊士はそれぞれ戦法のスタイルを持っていて、炭治郎は「水の型」を使う剣士。
普通なら、訓練の中で1の型、2の型って順番に会得していく様子を見せるだろうに、
この物語では一切ない。いきなり実践で繰り出されるので「おぉっ!」っと意表を突かれるのだが、
これが後半で効いてくるのですね。なるほど、最初から手の内見せないのはこういう事ね、と。
1シリーズ終盤のクライマックス、那田蜘蛛山の戦いは白眉です。
ここで炭治郎が繰り出す技に、オバサンは泣きました。
こんな優しい鬼退治ってあるか?

ビジュアルの美しさは他レビューにもある通りなのですが、この那田蜘蛛山に出てくる鬼たちは
中でもスタイリッシュでキモ怖くて良いです。
チェコのアーティスト、ヤン・シュバンクマイエルみたいな世界観。

こういう物語が子ども達の間で流行るのは良いことではないかと、
頭の固い昭和のオバサンも唸ってしまう作品でありました。
それぞれのキャラの立ち具合も素晴らしいし。善逸クンのヘタレっぷりが好き!

劇場版を観る前に

投稿日

2021/01/04

レビュアー

oyoyo

劇場版はテレビ版の続きだというので、
映画を観る前にテレビ版を観ました。

みんなが騒いでる程じゃないような・・・
面白い事は面白いと思うんだけど。

映画クオリティの作画は素晴らしい。
特に終盤2話くらいの映像は、テレビアニメのレベルを
遥かに超えている。

しかし、残酷シーンが多く、子供に見せても大丈夫かと思う。
いや、ちゃんと死ぬから逆にいいのかも?
最近は殴られて吹っ飛んでもすぐ立ち上がったり、
死んでも生き返ったりするので、
子供が「手加減」を知らなかったり、
命を軽くみる傾向が強いという。
それと比べれば、刀で切られれば死ぬ。
そんなアニメの方がいいかも?

僕も子供の頃は永井豪の残酷なマンガをたくさん読んだがまとも?に育った。
って自分で言うな(笑)

80点 

鬼滅の刃●実写版キャスティング考えてみた‼

投稿日

2020/06/02

レビュアー

ボビーデアフィールド

アニメ版1〜26話をドラマ化する仮定でキャスティングしてみました。物語内での年齢は炭治郎、禰豆子は14,5歳だが、その年齢でキャスティングしてしまうと、無名の子役ばかりで集客的に無理なので利益が見込めるオールスターキャストで勝手に構成しちゃいました、テヘペロ 最初は2時間スペシャル→2クールぶち抜きでドラマ化お願いします。

竈門炭治郎➡(菅田将暉、竹内涼真、山崎賢人)
竈門禰豆子➡(清原果耶、浜辺美波)
我妻善逸➡(志尊淳)
嘴平伊之助➡(神尾楓珠)
冨岡義勇➡(佐藤健)

珠世➡(木村文乃、中村ゆり)
愈史郎➡(高杉真宙)

お館様➡(松坂桃李)

黒髪➡(小川紗良) 白髪➡(山田杏奈)

胡蝶しのぶ➡(吉岡里帆)
栗花落カナヲ➡(芦田愛菜、本田望結)
煉󠄁獄杏寿郎➡(間宮祥太朗)
宇髄天元➡(工藤阿須加)
甘露寺蜜璃➡(今田美桜、小芝風花)
時透無一郎➡(板垣李光人)
悲鳴嶼行冥➡(鈴木伸之)
伊黒小芭内➡(横浜流星)
不死川実弥➡(山田裕貴)

鬼舞辻󠄀無惨➡(吉沢亮)

お堂の鬼➡(白濱亜嵐) 響凱➡(柳楽優弥) 
沼の鬼➡(白石準也) 
矢琶羽➡(中尾明慶) 朱紗丸➡(仲里依紗)

累➡(道枝駿佑) 蜘蛛の鬼(母)➡(松本まりか)
蜘蛛の鬼(兄)➡(本郷奏多) 蜘蛛の鬼(姉)➡(奈緒)

神崎アオイ➡(福本莉子) 村田➡(重岡大毅)
善逸の師匠➡(笹野高史) 鋼鐡塚➡(滝藤賢一)

錆兎➡(平野紫耀) 真菰➡(与田祐希)

鱗滝左近次➡(松重豊、遠藤憲一) 胡蝶カナエ➡(石原さとみ)

竈門炭治郎の父➡(向井理) 竈門炭治郎の母➡(深田恭子)



1〜 5件 / 全20件