No.77 RANKING

キューブ:ホワイト

キューブ:ホワイトの画像・ジャケット写真
キューブ:ホワイト / オデット・フェール
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
ジャンル:

「キューブ:ホワイト」 の解説・あらすじ・ストーリー

出口のない空間で、様々な“死の仕掛け”に襲われるシチュエーションスリラー。ルースが目を覚ますと、そこは真っ白な立方体の中だった。すると突然謎の声が響き、難解な質問が繰り返される。ルースが答えられないでいると、室温が急上昇し…。

「キューブ:ホワイト」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: イギリス
原題: WHITE CHAMBER

「キューブ:ホワイト」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キューブ:ホワイトの詳細

  • 新作
収録時間: 字幕: 音声:
89分 日・吹 英:ドルビーデジタルステレオ、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TMSD469 2019年07月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
168枚 14人 16人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

死のゲーム・・拷問は「平和」への化学実験!!

投稿日:2019/07/14 レビュアー:カマンベール

2018年(イギリス)
目新しい仕掛けもありました。
ラストの尻つぼみが惜しいです。
世界各国のインディペンデント系の賞を多数受賞した作品です。

目覚めると出口のない《白い立方体》
“ようこそ、白い部屋へ”
すると突然室温が急上昇、次の瞬間マイナス15度に急降下。
一体誰が何のために・・・。
床を流れる電流。充満してくるガス。
そして天井から垂れ落ちる硫酸。
ここは究極の拷問部屋。

SF仕掛けの映画です。
拷問部屋(ホワイト・キューブ)は、大掛かりな研究施設で科学者たちが
モニターを見ながら、電流を流したり、硫酸を垂らしたり、
食べ物にドラッグを混ぜたりして人体実験をしているのです。
コントロールルームの機械でスイッチひとつで作動します。

イギリスの近未来です。
研究施設の外では、国家安全保証会議という反乱軍と政府軍が、死闘を繰り広げている。
反乱軍の将はザカリア将軍。
政府軍の研究施設のクライスラー博士(父親のクライスラー博士と娘のエレノア・クライスラー博士たち。)

博士、特にエレノア・クライスラー博士の野望は、戦争を終結させる薬品(ドラッグ)の開発なのです。

拷問の場面はかなりエグい。拷問が見せ場の映画です。
開発中の薬品(アルゴ)は非常に危険です。
人間を破壊してゾンビ化することも・・・。
新趣向の『キューブ』ですね。
それに革命や平和を守る・・・それも薬品(ドラッグ)を悪用して・・なんて・・・ケミストリー・ホラーです。
白、グレー、黒の無機質な映像が多く、役者も上手くて、そこそこ面白かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

タイトルのキューブはネタバレ

投稿日:2019/07/09 レビュアー:げろんぱ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

タイトルのキューブなんちゃらは過去のキューブ系とは全くの無関係です。(邦題インチキあるある)
評価は星0,5です。
見たい方はどうぞw

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

キューブ:ホワイト

月額課金で借りる

都度課金で借りる