散り椿

散り椿の画像・ジャケット写真
散り椿 / 岡田准一
全体の平均評価点:
(5点満点)

13

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「散り椿」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「散り椿」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: 日本

「散り椿」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

散り椿の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
112分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV29058R 2019年04月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
204枚 5人 8人

【Blu-ray】散り椿(ブルーレイ)の詳細

  • 準新作
収録時間: 字幕: 音声:
112分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR29057R 2019年04月10日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
89枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

散り椿ネタバレ

投稿日:2019/02/27 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 藩の不正に立ち向かう侍が悪い家老さんと戦う話。

 さすがの木村大作御大の映像で日本っていいところだなと思える神社仏閣だったりお城だったり風景だったりと映像が綺麗でよかったです。

 ただ映像だけでお話や人間ドラマにはあまり興味がないのか、登場人物のほとんどが棒立ちだったり座った状態での説明台詞のオンパレードで恐ろしく退屈な作劇でした。しかも固有名詞がバンバン出てくるので誰が何をしているのかついて行くのが必死でした。それでも平坦なストーリーで盛り上がりに欠けるという時代劇でした。

 チャンバラが見せ場になるのかと思いきや、これも肝心の部分が大雨だったり大雪だったりで見えにくく殺陣も平坦になってしまって残念でした。四天王しか使えないという「ガゲロウギリ」なる必殺技みたいなのが出てくるのかと思いきや、どこ行っちゃったのかわからなかったです。クライマックスも悪い家老さんも何がしたいのかわからず、物凄い少ない人数で主人公に挑むので小者感いっぱいでした。人質をとったときに部下が主人公を斬ろうとしますが、「おぬしらではかなわぬ」とかいってたのに、クライマックスではこれといった対策を練らずに普通にやられていくという。何がしたかったのだろうかというカタキ役でした。弓矢隊も2人だけでしかもめちゃ近いところにいるとかも謎の演出でした。

 主人公とかつての親友とのブロマンスなのか、藩の不正と戦うサスペンスなのか、淡い恋愛ものなのかすべてが中途半端で主人公が一体何をしたいのかが最初から最後までわからないためエンタメ映画としては残念な映画だったと思いました。

このレビューは気に入りましたか? はい 18人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

残る椿よ、耐えて永らえよ

投稿日:2019/06/17 レビュアー:なんの因果

かつて一刀流道場の四天王と謳われた瓜生新兵衛(岡田准一)は、扇野藩上役の不正を訴え藩を追われた。
18年後、亡き妻の願いを秘めて新兵衛は藩に戻る。
そこは依然として不正が蔓延っており、かつての親友、榊原采女(西島秀俊)は、是正しようと尽力していた。
新兵衛が帰ってきたことにより藩内は再び抗争が巻き起こる。

亡き妻の願いとは何だったのか。
庭先で洗髪する妻(麻生久美子)を優しく手伝う新兵衛。妻は実は榊原采女と結婚寸前だった。
采女をまだ慕っているのではないかと一抹の不安がある新兵衛。
妻は、自分の代わりに散り椿を観てほしいという。そして、采女様の手助けをしてほしいと。
「散り椿」というのは花ごとポトリと落ちるのじゃなく、花びらが一片一片落ちてゆく種類なのだそうです。
それを観てほしい。ここは素直に原作者・葉室麟の言葉をお借りしよう。
「散る椿は、残る椿があると思えばこそ、見事に散っていけるもの―たとえこの世を去ろうとも、ひとの想いは深く生き続ける。」
親友同士で一人の女性を好きになり、女性の本当の気持ちは死後に判る。うまく描かれすぎだと思うのだが、貴重だからこそ物語になるのか。
義妹・黒木華が見え見えの片思いで可愛すぎた。
さて、ラヴストーリィ編はそこまでにして凄みを感じる殺陣シーン。重心を低くしてスピード感たっぷりの岡田准一の殺陣。
なんと彼は格闘技や武術の師範資格を所有しているそうなんですね。そのため映画『散り椿』にもキャストとしてだけでなく「殺陣」のスタッフとしてエンドロールにクレジットされている。
監督の木村大作と相当練り上げたそうだ。
木村大作、言わずとしれた「キャメラマン」こだわり派。情緒豊かな日本の四季を魅せる。
雪や雨のシーンも多いが、晴れ渡る遠景もなお印象深い。日本の美と美意識を堪能しよう。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

武士たるもの、男は黙って剣を抜く

投稿日:2020/01/04 レビュアー:飛べない魔女

しかし、今も昔もお役人は。。。トホホですなぁ。
私腹を肥やし、罪は他人に被せ、
人の命を軽々しく扱う老中は憎たらしいったらありゃしない。
その憎たらしい老中を演じるのは奥田瑛二さん。
憎たらしい役どころを演じさせたら
今では右に出る人はいません(笑)
岡田くん演じる瓜生新兵衛がいつこの老中に天罰を下してくれるのか
ワクワクしながらも、静かに待ちました。
ついにその時が来たときは、もうゾクゾクしました。
あまりの岡田くんの気迫に息を止めて見てしまったほど。

ああ、本当に岡田君は美しい。
寡黙な悩める武士が似合い過ぎます。
無精ひげ姿も美しすぎる!
そして何より剣さばき、殺陣姿が本当に様になっています。
溜息が出るほどの美しさ。
カッコいいという軽率な表現はしてはいけないほどの芸術性を感じさせます。
美しい日本の風景と美しい岡田くんの殺陣姿を存分に堪能しました。
ストーリーは静かに淡々と進みます。
時代劇ならではの勧善懲悪型なので落ち着いてみていられます。

ところで、西島秀俊 さんはここでも笑みを浮かべている演技(;^_^A
やっぱりあの方、口元がそういう口なんですかね?
なんでここで微笑んでるの?ってところでニンマリしているように見えるのは
そういうお顔なんだろうと、思い始めた今日この頃です(笑)

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

たすき

投稿日:2019/05/09 レビュアー:ビンス

はぁ〜こんな日本に住んでみたい
いや!こんな日本に住んでるじゃん!
この美しさ!
この風光明媚な日本の美しさ
邦画の時代劇を観る楽しみのひとつとして
その自然の美しさ
古き良き日本の景観の素晴らしさがあります。


草木


それら全ての流れ
ひっくるめて四季
これだけで観た甲斐があるってもんです。
今回の日本の美しさは
他の時代劇より一段上の極上さ加減でした。
心洗われるというか
背筋がちゃんりんしゃんで
魂が凛とするというか
とにかく素晴らしいのです。
こんな美しき日本が
まだこの現代に残されているという幸福
この幸福を減らしてはいけません。
少しずつでも増やしていけるように
我々現代の日本人は努めなければいけないと思います。
これは使命ですらあると思うのです。

そんな自然に囲まれて
描かれるのは人間の強欲と業
そしてそれに抗う侍たちの生き様の貫き方
清流と濁流
濁りがあからさまに
わかりやすく清流を侵していく憤り
命を賭すことを常に厭わなかった
その思いが
誰かに託され
託された思いをまた誰かにつなげる
それはまるでたすきのように
侍たちのその姿が
美しき自然と同等の価値に思える作品でした。

時代劇でも五指に入る満足感。
大好きです。

それにしても
時代劇を観る度に
ほぼ毎回思うことですが
昔の人たちは寒さに強い!
強すぎる!!
あんな服装で冬に稽古!
あんな服装で引き戸も障子も全開!
冬でもその縁側に佇む様!
一体皮膚感覚どうなってるのか
それすらも律せられるのでしょうかね
尊敬に値します。

岡田くんはやはり格闘技をやっているだけあって
毎回のように身のこなしが素晴らしく
その動きに無駄がない
そういう役がことごとく似合います。
その他のキャストもバッチリとハマっていてお見事でした。
特に麻生久美子♪
愛おしさが溢れるだろう!

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

妻との約束

投稿日:2019/12/29 レビュアー:こうさま

本作の舞台となっている扇野藩は架空の地らしいが、亡き妻との約束を果たすため一度捨てた故郷へ戻る瓜生新兵衛の侍としての凛とした生き様、愛する女性のために命がげで戦う男を詩情豊かに描いたラブストーリーとも言える時代劇の秀作である。
主演の岡田准一には時代劇がよく似合う、冒頭の雪中での立ち回りシーンもなかなか切れがあってよかった。
藩勘定方の不正を暴いたことに端を発して藩を捨てた新兵衛、その後に起こった藩内での権力闘争、家老と対立する新藩主のお側用人となった榊原采女とは昔の親友でもあり恋敵、新兵衛が戻って来たことにより権力抗争にますます拍車がかかってしまう。
全てが終わり亡き妻との約束を果たした新兵衛、改めて妻からの想いを胸に抱いて、義妹からの慕情も断ち切って一人去ってゆく男の背中にすがすがしさといさぎよさを見ることができる。
映像の美しさも見逃せない要素のひとつ、雪、散り椿、木々、水等々に日本ならではの四季の美しさがこめられている。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全13件

散り椿

月額課金で借りる

都度課金で借りる