ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館

ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館の画像・ジャケット写真
ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館 / ヴァネッサ・エンジェル
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

5

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館」 の解説・あらすじ・ストーリー

人間を飲み込む“家”を舞台に新たなる恐怖が繰り広げられるホラー。DV夫から逃れるため、古い一軒家に引っ越して来たキャシーと3人の子どもたち。心機一転、新しい生活を始めた家族だったが、引っ越して以来、家の中で不吉な出来事に襲われ出す。

「ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館」 の作品情報

製作年: 2018年
製作国: アメリカ
原題: BEHIND THE WALLS

「ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
91分 日・日(大字幕) 英:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GADR1791 2018年09月15日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
4枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

摂り方を工夫していました。でも、怖くないです…

投稿日:2018/10/08 レビュアー:コタロウ(!)

夫のDVから逃れたキャシーは、長男・マイケル、次男・デリー、長女・カリーと共に新生活を始めた。
就職がかなったキャシーは、上司を自宅に招待し、昇進のチャンスを得ようとする。
しかし、キャシー宅を訪れた上司を思いもよらない不幸が襲う。
このことがきっかけで、失職してしまうキャシー。
マイケルは大学への復学がかなわず失望の日々。
そんな一家を、壁の裏に潜む何者かが見つめるのだった…

ダリオ・アルジェント監督を思わせる、鍵穴や排水口、蛇口などの無意味なアップ。
暗闇に浮かび上がった男の拳がガラスを打ち砕く。
壁の中に溶け込んでいく女性。
余計なセットを排し、登場人物だけで構成されたシーン。

ちょっと実験映画風の撮影方法が面白かったです。
しかし、これらの映像が、触手のようなクリーチャー登場シーンと噛みあっていなくて驚く!
怖くないし!
なんですか、ジャケ写…
口からフックみたいなのが突き出していて、めちゃくちゃ怖いじゃないですか…
嘘じゃないですか…貴重な新作枠なのに…休日を返して…涙…

夫との過去に囚われるキャシー、大学を休学せざるを得ないマイケル、
父との交流を禁じられたカリーとデリー、登場人物の閉塞感ばかりが目につき、
終盤に見られた家族愛はとってつけたようだった。
不条理劇好きな方にはアピールするかも?

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

う〜ん

投稿日:2018/09/20 レビュアー:トミー

流れはある呪縛から逃れられないでいる家族
夢か現実か一瞬分かりづらいシーンもあるが、何だかSFのような化け物が家族を襲うのが、どう捉えて良いのか分からない。
女性の霊は必要だったのか?
何か煮え切らない感じで終わった。少しの恐怖感は味わえたので星2つ

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

自業自得のネタバレ

投稿日:2020/03/21 レビュアー:塩胡椒

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

呪縛かな?
館が人を襲って喰うパニックものかと思いきや、おあずけ長くてちょっとシラケてしまった。
残念作。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

凄っ

投稿日:2019/01/02 レビュアー:タカ

驚異のモンスターパニックホラーw
でも割かし面白かったです!
自分的には好きですよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お預け長すぎるネタバレ

投稿日:2018/10/18 レビュアー:Jigsawkiller

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

はい、クソ枠の新作でした。

ジャケ写借りすると完全に裏切られるお約束の展開。
ストーリーはディスカスさんが書いて下さってる通り。古びた家で怪現象がこの一家を襲い始めます。

とにかく出し惜しみが酷すぎる。「来るか、来るかっ?」と予兆を示すが来ない。それの繰り返しが多すぎて飽き飽きしてきます。
その割には恐怖感も無い。
この手の作品を観るとつくづく「死霊館」の完成度の高さを思い知らされます。

クライマックス、急にドタバタと「あるモノ」が姿を現し、一気に展開していきます。物体Xの出来損ないみたいな感じ。ジャケ写は過剰描写。全く怖くない。
「ふーん」みたいな。

ラストに少し家族愛がエッセンス的に添えられますが、全く活かされてない。


観なくて正解。ねむ。



このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全5件

ビハインド・ザ・ウォール 呪縛館

月額課金で借りる

都度課金で借りる