ピープル・ライク・アス

ピープル・ライク・アスの画像・ジャケット写真
ピープル・ライク・アス / クリス・パイン
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

4

  • DVD
  • TSUTAYA TV
ジャンル:

「ピープル・ライク・アス」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ピープル・ライク・アス」 の作品情報

製作年: 2012年
原題: PEOPLE LIKE US

「ピープル・ライク・アス」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ピープル・ライク・アスの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
114分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDP6695 2018年06月20日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
5枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

かなわぬ思いを死後に託して

投稿日:2018/07/25 レビュアー:hinakksk

 成り行きのままにふたつの家庭を持ち、どちらの家庭も不幸にするという、実に勝手気ままな音楽プロデューサーの男。亡くなった後も遺言で、長年疎遠になっていた息子に、もうひとつの家庭の娘と孫の将来を託すという、さらなる身勝手さ。さらに、誰も彼のことを悪くは言わないという不思議さ。死んでしまっては、もはや文句も言えないし、問いただすこともできない。

 身勝手ではあっても悪い人ではなかったのだろう。別々の家庭にいる息子と娘について、彼なりに心を痛め、気遣っていたのだろう。そしてふたつの家庭の和解が、彼のかなわぬ思いだったのだろう。

 父の遺言で突然姉と甥の存在を知った息子のサムは、戸惑いつつも、姉フランキーと彼女の息子ジョシュに心を寄せていく。家族の和解は、彼自身のこれまでの生き方を見直す契機ともなる。

 男の子の成長には、母親の愛情だけではなく、父親的な存在が不可欠なのだろうなあ、と感じた。羅針盤のない状態でもがいているジョシュの姿に、サムはかつての自分自身を重ねたのかもしれない。ジョシュに、頼りにできる叔父さんが現れて本当によかったなあと思う。

 地味だけれど、温かい視線でしみじみと家族の再生を描いた佳作。サムの母親、異母姉、恋人、3人を演じた女優さんたちが、三者三様に素敵です。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

亡き父に娘が・・・血のつながりは素敵!!

投稿日:2018/07/13 レビュアー:カマンベール

2012作品です。
………………主演は「スター・トレックシリーズ」のクリス・パイン。

監督のアレックス・カーツマンの実体験から出来た映画です。
カーツマンさんが30歳の時に、父親の【別の家族の存在と姉】を
知り、はじめて出会った経験があるそうです。

この映画はクリス・パイン演じる詐欺まがいのビジネスマンの父親が
亡くなった知らせが来る。
葬式に遅れたパインは、父の弁護士から、遺言と15万ドルを手渡される。
そこには【腹違いの姉とその子供ジェジュに渡して、彼らの面倒を見てくれ!】との添え書きがあった。

借金のあるパインは15万ドルにも未練がある。
遠目からホテルのバーでバーテンをする姉を見る。
なんとも言えない親しみを覚えるのです。
(私も昔、15歳ではじめて父方の従兄弟に会いました。他人とは思えないのですね。すぐに打ち解けてしまう。血の繋がりって本当に不思議)

姉を美人のエリザベス・バンクス。
クリス・パインの母親をミシェル・ファイファーが演じています。
2人のゴージャス美女を見るのも、それだけでお値打ちです。

とても心に響くファミリー・ドラマです。
DVD化に6年もかかった不幸より6年後にDVD化された幸運を喜びましょう!!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ハートウォーミングな良作

投稿日:2018/07/05 レビュアー:飛べない魔女

疎遠となっていた音楽プロデューサーである父親の死をきっかけに
実家に帰ったサム(クリス・パイン)に残された父からの遺言。
そこには自分の見知らぬ名前と15万ドルの現金が入っていて
『このお金をジョシュへ渡してほしい、彼らの世話を頼む』とメモが。
メモに書いてある住所に行き、ある女性の後をつけてみるサム。
どうやらそれは母親以外の女性との間に出来た娘・フランキー(エリザベス・バンクス)の息子がジョシュ(11歳)らしいということが判る。
自分は借金を抱えてがけっぷちなサムはその15万ドルを自分のものにすることを画策するが
弟であることを隠して、フランキーとジョシュに近づき、次第に仲良くなるにつれ
血の繋がりの絆を意識するようになるサム。

アレックス・カーツマン監督が自身の体験をベースに脚本を書いたそうです。
サムと母親(ミッシェル・ファイファー)、
フランキーとジョシュ
二組の親子の絆を取り戻すための再生の物語でもあります。
ラストの映像は、亡き父親の愛を感じて、思わず涙がホロリ。
心温まるいいお話でした。

2012年の作品ですが、ようやくDVDになったようで新作ですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

feel good movie

投稿日:2018/06/21 レビュアー:QWERTY

インチキセールスマンの主人公が父の死をきっかけに里帰り
ところが死んだ父がある人に多額の遺産を残していたのを知り・・・
という内容

簡単に先の展開が読める話だけど
ハートウォーミングでなかなか面白い映画だった。

あんなインチキ野郎がそんな簡単にいい人になるかよ!!
とツッコみたくもなるが
そこはまあ映画だからさww

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 4件 / 全4件

ピープル・ライク・アス

月額課金で借りる

都度課金で借りる