ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の画像・ジャケット写真
ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦 / キリアン・マーフィー
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

14

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」 の解説・あらすじ・ストーリー

ショーン・エリス監督が第2次世界大戦中の凄惨な暗殺事件「エンスラポイド作戦」を映画化。第2次大戦中期。イギリス政府とチェコスロバキアの亡命政府は、ナチスNo.3のラインハルト・ハイドリヒの暴走を止めるため、ふたりの軍人を送り込む。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: チェコ/イギリス/フランス
原題: Anthropoid

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日・吹 英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 PCBE75829 2018年02月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
29枚 3人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全14件

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦ネタバレ

投稿日:2018/03/05 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ナチスナンバー3の高官を暗殺を計画実行する人たちの話。

 ナチスに立ち向かった決死部隊の人たちの活躍を描いていてクライマックスの銃撃戦の迫力も緊迫感いっぱいで凄かったです。ハイドリヒを暗殺しようとする計画やその実行、またその後の非情な運命など歴史の勉強としても良い映画だったと思いました。

 映画自体はやたらと静かで暗い作風なのと主人公2人くらいしか判別できずにクライマックスで1人また1人とやられていっても正直誰が誰だかわからず、エンタメ映画としての面白さがイマイチ感じられなかったです。クライマックスの銃撃戦も重装備のナチスがばかの一つ覚えのバンザイアタックの繰り返しで、わらわらと撃たれていくだけでナチスってこんな特攻精神の持ち主なのかなと疑問に感じてしまう銃撃戦でした。あとは、目的であるハイドリヒ自体が最初のテロップだけで全くと言っていいほど描かれないので歴史的背景がわからないとどれだけ大変でどれだけ憎むべき人物なのかがわからないのもカタルシスが得られにくいのも個人的には乗り切れなかったです。

 1人の高官を暗殺することがはたして正しいことなのかというのを映画の後半を見て考えてしまう映画で勉強になりました。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

生還なるか!!・・・暗殺遂行後のナチスの報復

投稿日:2018/02/26 レビュアー:カマンベール

2016年(チェコ=イギリス=フランス)

ナチス・No.3といわれ「ナチスの野獣または、金髪の野獣」と呼ばれた
ハイドリヒ暗殺事件の実行とその後を描いた映画です。

ナチスものの映画はただただ本当に怖い。
身の毛がよだつ・・とはこのことです。
暗殺実行前がちょっと長く感じましたが、その後の実行・・・
現代においては至極単純な方法で、ハイドリヒの日常行動を調査して、
送り迎えの車を襲撃するだけなのです。
物陰に身を隠しキリアン・マーフィが長筒銃を発砲しようと引き金を引くと弾丸が出ない!!
もうひとりが手榴弾を投げる、ハイドリヒ負傷。
そしてナチスと暗殺部隊の銃撃戦・・・と、この辺りからジワジワと怖くなるのです。
その後のナチスの報復は、フリッツ・ラング監督作
『死刑執行人もまた死す』と重なる部分も多々あります。
報復はチェコの一般市民を巻き込んで壮絶です。

匿った家族はもとより、噂ひとつで、関係ない村の男全員が殺されたくらいです。

ハイドリヒ暗殺計画はイギリス政府とチェコ亡命政府の精鋭7名の暗殺部隊がパラシュートによってチェコに送りこまれたのです。
そしてチェコの反ナチ地下組織の協力も有り、暗殺は結果的に成功します。
しかしナチスは血眼で彼らを探します。高額の懸賞金まで掛けて、匿った家族を探します。
暗殺部隊の7人は味方の救出を心待ちに、教会に立てこもるのですが・・・。
「助かれ!助かれ!逃げのびろ!」と心から思いました。

最後まで観て、凄く辛いし、疲れて、
これだけ恨まれるドイツ人って、どういう気持ちなんだろう?
見ないように、聞かないようにしてるのかな?
「ナチス・ドイツは過去のこと」ってスタンスなのでしょうか?
聞いてみたいですね。

それから当時のチェコを再現したセピア色の色調や、大聖堂や路面電車などの美しい映像や、女性の服装、帽子など、時代考証が見事でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ナチの報復

投稿日:2019/04/18 レビュアー:こうさま

史実に基づいた戦争作品で舞台は第二次世界大戦中期、ナチスドイツの占領下にあったチェコスロバキアで実行された「エンスラポイド作戦」を描いている。
ナチスドイツがチェコスロバキアに侵攻しチェコスロバキアの亡命政府はイギリス政府の協力を得て7人の決死隊を現地に送りこむ。
標的はナチス親衛隊の大幹部で現地を統治するラインハルト・ハイドリヒ、別名「金髪の野獣」「プラハの屠殺者」として恐れられた男である。
市民を好きなように蹂躙するナチスドイツ、その暴走を止めるべく計画された作戦ではあるが、送り込まれた7人、その詳細な暗殺実行計画もなく、ましてや計画成功後の脱出計画もない。
ともかく自分たちで考えて現地で実行するのみ、まさしく決死隊なのである。
勿論現地には地下で活躍するレジスタンス組織があり、彼らはその協力を得るのだが、組織の中にはナチスの報復を恐れて反対を唱える声もあった。
一人のリーダーを葬ったところでナチスドイツの蛮行がなくなるわけではなかろう。
でも彼らは作戦を実行、ハイドリヒの死亡が伝えられる。
ナチスドイツの犯人捜しは容赦がない、情報を提供した者には莫大な報奨金を用意し、犯人に協力した者、情報を隠した者には容赦のない拷問と死が与えられる。
犯人を匿ったという噂だけで一つの村が消滅、16歳以上の男は皆殺しにあい女子供は収容所に送られると言う非道ぶり、戦争の狂気と言ってしまえばそれまでだが、ナチスドイツの非道さは近代史に類を見ない酷さであったことはいうまでもない。
決死隊は教会で700人のドイツ兵と一週間近く戦い、その勇気は今でも讃えられているという。
結果として大幹部一人の暗殺で殺害されたチェコスロバキア人は5000人にもなるという恐ろしさ、この作戦が正しい判断だったかどうかは今でも議論のあるところである。
でも勇気ある7人がナチスドイツの蛮行に一石を投じたのは間違いのない事実である。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

胸が痛くなるほどの辛い話

投稿日:2019/04/14 レビュアー:飛べない魔女

辛い話ですが、それでも歴史を知る上で
とても重要な出来事だと思います。
日本軍も占領軍として勝手きままに酷いことをやっていたけど
これを見るとドイツ軍はもっと酷いことをしていたと実感します。
狂気の時代、狂気が支配する暗黒の時代。
何故人はここまで残酷になれるのか?

あなたも家族がいるでしょう?
あなたにも守りたい人がいるでしょう?
あなたにも愛する人がいるでしょう?

人は戦争という狂気に駆られる前に
そのことを改めて思い起こしてほしいです。

結局ハイドリヒ暗殺は成功したわけですが
一人の死の代償があまりにも大きく
全く関係ないチェコ市民が5000人以上も虐殺されたという歴史の事実。
これに目を背けてはいけないのです。
自分たちの命を捨ててもヒトラーの手から祖国を守りぬこうとした若者たちの
その生きざまに、ハラハラドキドキして
最後は涙失くしては見れませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

リディツェ」の検証

投稿日:2018/04/15 レビュアー:ちゅく

ラインハルト・ハイドリヒ(1904〜1942)は、ナチス・ドイツの序列三番だった。

ヒトラー、ヒムラー、その次だった。ユダヤの民の虐殺の系列である。

彼の暗殺については、詳しいことは、分かっていなかった。

大英帝国政府と、英国のチェコスロバキア亡命政府が送りこんだチェコ人部隊により暗殺された。

爆弾による即死ではなく、銃撃による致命死であるということが、この映画の主張である。

この映画の主張の最も重要な点は、「リディツェ」である。

ナチス・ドイツは、ハイドリヒが暗殺された直後に、このチェコの小さな村を葬った。
男は殺され、女、子供は収容所へ送られ、村は焼かれ、地図から消された。
これは、ハイドリヒ暗殺に参加した青年が、この村の出身だったということから、報復されたということと思っていた。

この映画では、ハイドリヒ暗殺に関係した人物の実戦部隊では、「リディツェには行ったこともない」という会話がある。

これが、この映画の最も重要な主張である。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全14件

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

月額課金で借りる

都度課金で借りる