ドリーム

ドリームの画像・ジャケット写真
ドリーム / タラジ・P・ヘンソン
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

3

  • DVD
  • Blu-ray
  • 動画配信
  • 動画ポイント利用可

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2018年02月21日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「ドリーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「ドリーム」 の作品情報

製作年: 2016年
原題: HIDDEN FIGURES

「ドリーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ドリームの詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
126分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXCB69541 2018年02月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
112人 103人

【Blu-ray】ドリーム(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
126分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXXB69541 2018年02月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
45人 66人

ドリーム<字幕/吹替パック>の詳細

  • 新作
再生可能機器: 再生時間: 字幕:
TV 、PC 、Android 、iOs
音声: レイティング: 視聴制限:
日本語(ステレオ) 購入:無期限
レンタル:初回再生から48時間
購入期限:
購入:2019年02月01日 23:59
レンタル:2018年02月01日 23:59

関連作品

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

黒人女性の「能力と努力」が報われる感動の実話

投稿日:2017/12/27 レビュアー:カマンベール

1961年。
アメリカのNASAはソ連に人類初の有人宇宙飛行の先を越され、
非常に焦っていた。
当時のNASAのラングレー研究所では多くの専門職の黒人女性が
働いていた。
その中の3人の女性、計算手のキャサリンを中心に、
エンジニアを目指すメアリー、
計算部でスーパーバイザーを目指すドロシー。
彼女たちは白人男性の偏見と差別と戦い、
自らの努力と能力で、「黒人初○○」「女性初の○○」と呼ばれる
地位を勝ち取って行く。

キャサリン、メアリー、ドロシーの3人が明るく前向きで、
しかも凜として自信に満ちているのが素敵でした。
天才数学者のキャサリンは特別研究本部に抜擢されるものの、
コーヒーカップは白人用を黒人が使うことは許されません。
何より黒人用のトイレが、はるか遠い別棟にあり、雨の中走って
駆け込む様子は、惨めなものでした。
しかしキャサリンの実力を認めるSTG(宇宙特別研究本部)の責任者
アル(ケヴィン・コスナー)が、白人用トイレの看板をハンマーで
叩き壊すシーンは痛快でした。
そしてキャサリンの働きは1962年の宇宙飛行士ジョン・グレンの
アメリカ初の有人地球周回の成功に繋がるのです。

能力が有って認められる・・・その当たり前のことが、
当たり前になる。
たとえ黒人でも女性でも。
この映画はとても明るく気持ちよくユーモア溢れる内容です。
ラストで紹介される3人の女性の写真も(存命の方もいらっしゃる)
良かったですし、本当に素晴らしい能力の持ち主なのだと感心しました。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ドリームネタバレ

投稿日:2017/12/27 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 天才の黒人さんたちが良い上司にフックアップされて職場で働き甲斐を見つけていく話。

 冒頭で主人公の少女時代で飛び級して先生たちのカンパもあったりして、いかに主人公が天才で期待の星なのかがわかって、現在になってNASAに出勤する主人公たちという出だしは面白く見ることができました。合理主義の集まりかと思いきや普通に差別が横行しているのに驚きでした。

 ただ主人公が天才で黒板に計算をしたらそれだけで無条件で認められてステップアップしていくだけなので、映画としての面白さはほとんど感じられなかったです。計算したのを上司のケビン・コスナーにフックアップしてもらって重要な計算を任せられる。「会議に出たい」と言ったのを聞いてたらまたケビン・コスナーに認められて会議に参加できる。とかケビン・コスナーがそばにいてくれたら簡単に次のステップにいっちゃうので、差別に苦しむとか悩むとかはトイレが遠いとかコーヒーがわけられるとかぐらいでそれも簡単に解決しちゃうので、天才が良い生活をしているのを見せられているだけでした。同僚の黒人であるがゆえに管理職を任せられない悩みがあった女性も機械に強いので重要な計算機を簡単にプログラミングをしたら簡単に認められて成長しちゃうし、白人の中で勉強する女性もすぐに入学して卒業してというのがダイジェストで描かれるので、天才はレベルが違うなというのを紹介しているだけにしか見えなかったです。

 彼女たちよりも彼女たちが来たことによって自分のポジションが脅かされるという悩みを持っているであろうカタキ役として登場する白人たちのほうが興味がありました。彼ら彼女らがいかにして黒人さんたちを認めていったのかを見たかったです。天才たちにおびかされるサリエリの気持ちを知りたかったです。最後にコーヒーを手渡すぐらいの描かれ方をしていた上司とかどういう気持ちだったのか、悔しくないのか能力を認めて一緒に働くことに誇りに思うのかとか描いてほしかったです。

 NASAですら差別が行われたのがわかって、そんなことをしていたらソ連に抜かれるわなと勉強になるのはわかるのはよかった映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

女性であり黒人であるハンディを乗り越えて

投稿日:2018/01/03 レビュアー:飛べない魔女

3人の知性ある優秀な黒人女性キャサリン、ドロシー、メアリーが
有人宇宙船計画において、縁の下の力持ちで活躍したという事実に基づくお話。
公の場には名は残されていない彼女たちですが
最終的にアポロが月に行くことができたのも
彼女たちのような女性たちの頑張りがあったからこそです。

計算の天才
技術の天才
コンピューター言語の天才
男性優位主義及び白人と有色人種の差別制度があるNASAで
女性であり、なおかつ黒人であるというハンディをも乗り越えさせる3人の天才女性たち。
女性に対する決められた規則も厳しく
(ネックレスは真珠以外は不可、ハイヒール靴着用、スカート丈は膝下何センチとか
いろいろあったようです)
トイレだって白人用は使えない。
そのため、黒人用トイレのない建物で働くキャサリンは
800メートル離れた黒人用のトイレに走らねばならず
ハイヒールで書類の束を抱えながら走るその姿が何ともかわいらしくて印象的でした。
キャサリンの計算チーム責任者(ケビン・コスナー)が理解ある人道的な人でよかった。

難しい計算根拠は全く判りませんが(そりゃそうだ!)、なかなか興味深く面白かったです。
そもそも計算する人のことを『コンピューター』ということを再認識しました。
まだコンピューター(機械の方)を動かす技術を持った人が少なく
人間の手で計算したほうがより正確だったこの時代。
宇宙飛行士に、『彼女が割り出した数字なら信頼できる』と言わせしめたキャサリンの数学力は
超がつくほどの天才だったわけです。

脚色されている部分は多々あるでしょうけど
こういう女性たちの活躍があったことを
アメリカ人ならず日本人である私たちも理解することが出来たことは
この映画が成功したといえるでしょう。

星3.4

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 3件 / 全3件

ドリーム

月額課金で借りる

都度課金で借りる

視聴期限(購入):
無制限
視聴期限(レンタル):
48時間

再生対応機器 TV配信のみとは

  • TV
  • PC
  • Android
  • iOS
  • HD版の再生はTVのみとなります。
    他のデバイスではSD版として再生されます。

TV配信のみとは?

テレビのみで視聴できます。
PC、Android、iOSでは視聴出来ません。

HD/SDとは?

HD(High definition video):高画質ビデオ

  • スマートフォン/タブレットではSD(標準画質)で再生されます。

SD(Standard definition video):標準画質ビデオ

購入/レンタルとは?

購入:視聴時間が無制限
レンタル:視聴時間に制限がございます。制限時間は作品ごとに異なりますのでご注意ください。