追憶

追憶の画像・ジャケット写真
追憶 / 岡田准一
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

2

  • DVD
  • Blu-ray

定額リスト 事前登録OK!

レンタル開始日:2017年11月03日

事前登録いただいた作品は、レンタル開始日以降、「発送確定ルール」に基づき発送がスタートします。

ジャンル:

「追憶」 の解説・あらすじ・ストーリー

監督・降旗康男、撮影・木村大作の黄金コンビが手掛けたヒューマンサスペンス。ひとつの殺人事件をきっかけに刑事、被害者、容疑者として再会を果たした幼馴染みの3人。25年の時を経て、彼らの運命の歯車が再び動き始める。主演は岡田准一。

「追憶」 の作品情報

製作年: 2017年
製作国: 日本

「追憶」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督: 降旗康男
出演: 岡田准一小栗旬柄本佑長澤まさみ

追憶の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
99分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルドルビーサラウンド、日(音声ガイド):ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV27318R 2017年11月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
753人 693人

【Blu-ray】追憶(ブルーレイ)の詳細

  • 近日リリース
収録時間: 字幕: 音声:
99分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR27317R 2017年11月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
233人 225人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

追憶ネタバレ

投稿日:2017/09/02 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 殺人事件が起こって、刑事さん、被害者、容疑者の男たちに不幸な女性たちの話。

 日本海どーん! 夕日どーん! 遠くに連峰どーん! という木村大作先生の撮影がいきなり全開で木村大作感いっぱいで、もうコメディとして見てしまうのが悲しいです。

 25年前で物語のキーとなる事件が発生して、その後成長して刑事と被害者と容疑者の関係になってしまって…。という物語ですが、回想での子役たちと大人になった姿が誰が誰だかわからなかったです。そして、犯人は誰だ? というサスペンスとしての魅力はあまりなくて、主人公の刑事はほとんど捜査らしい捜査はしてないです。

 メインの話となるのは、25年前の事件から現在に至るまでの哀しい関係みたいなものが描かれますが。正直、この映画を見て何を思えばいいのか理解できないまま終わってしまいました。主人公の刑事の別れそうな奥さんやお金を無心してくる母親なんかも描かれますが、何のために描いていたのかよくわからず。25年前の事件をきっかけに「赤の他人」という約束だったと思いきや、結構みなさん街ですれ違ったら話しかけてるし。

 少年時代と彼らをお世話する安藤サクラさんと吉岡秀隆さんの関係をもっと深く描かないとその後に成長して、昔はよかったけど今はどうしてこんなことになったのだろう。という哀しみみたいなものは感じられないと思いました。

 そしてなんかいい感じに全部が解決して終わり的になっていますが、最初に退場する渋川清彦さんに対する罪はうやむやされている印象で何とも飲み込みにくい映画でした。そして刑事の高橋努さんのアフレコがまるであってなくて、そういった技術的なところが至っていなくて残念な気持ちになりました。それか夢か幻想のシーンで口があっていなかったのか。

 千住明さんの仰々しい音楽がよかったと思える映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

冒頭からネタバレな映画

投稿日:2017/09/24 レビュアー:じゃじゃまる

監督降旗康男、主演岡田准一、共演小栗旬、柄本佑、吉岡秀隆、安藤サクラ、長澤まさみです。
先日亡くなったりりぃも出てます。

富山県で殺人事件が起きる。この事件で、かつて幼馴染だった3人が、刑事、被害者、容疑者として再会する。
ある事件をきっかけに会わなくなった(会えなくなった)3人。

彼らにはそれぞれ守るべきものがった。。

予告編で結構見ちゃってて、その会えなくなった”ある事件”って何だろうと思ってたらいきなり冒頭でやっちゃうんですよね。
サスペンスというより、秘密を抱えて生きてきた25年のそれぞれの人生を描いているんですね。

秘密が大きいせいか、一番うじうじしてるのが刑事になったあっちゃん(岡田准一)で、あとの2人(小栗旬、柄本佑)は”なかったこと”にして、生きている感じがしたんですよ。幸せになるのが贖罪になると思って生きている感じがしました。守り切れなかった女性の代わりに、自分は今度こそ大切な人を守って生きていくという思い。

あっちゃんの人生の描き方が尻切れトンボになっちゃって、あとは想像してくださいという、降旗さんらしい終わり方にしてます。

私的には、キーになる女性涼子(安藤サクラ、うまいな〜〜)とともに生きている光男(吉岡秀隆、彼もいいなぁ)の生き方が一番すっきりしました。
「大切なことだけ、誰かが覚えていればいい。君たちは忘れていいんだよ」
という、すべてを許しすべてを受け入れたあの生き方があったから、あの3人はそれぞれを背負って生きていけたんだろうな〜と思いました。

教訓:あんまり映画館で同じ映画の予告編は見ないほうが楽しめますねぇ。。。
でもついつい映画館で見ちゃうからにゃーーーー(笑)




このレビューは気に入りましたか? はい 0人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

追憶

月額課金で借りる

都度課金で借りる