お嬢さん

お嬢さんの画像・ジャケット写真
お嬢さん / キム・ミニ
全体の平均評価点:
(5点満点)

12

  • DVD
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「お嬢さん」 の解説・あらすじ・ストーリー

『オールド・ボーイ』のパク・チャヌク監督による大胆で過激なサスペンス。1939年、日本統治下の朝鮮半島。孤児の少女・スッキ、莫大な遺産の相続権を持つ令嬢・秀子、秀子の財産を狙う詐欺師らの思惑が入り乱れ、騙し合いと復讐が繰り広げられる。※R18+※一般告知解禁日:4月28日

「お嬢さん」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 韓国
原題: THE HANDMAIDEN

「お嬢さん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

お嬢さんの詳細

  • まだまだ話題作
収録時間: 字幕: 音声:
145分 日(劇場版)・日(全字幕) 韓:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-18 TCED3576 2017年07月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
69枚 9人 8人

関連作品

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

遺産争いの主導権を握るのは?

投稿日:2017/07/18 レビュアー:ミルクチョコ

パク・チャヌク監督が、イギリスのミステリー作家サラ・ウォーターズの「荊の城」を原案に、舞台を日本統治下の韓国に置き換えて描いたサスペンスドラマ。
日本人華族の令嬢秀子(キム・ミニ)のもとに侍女としてやって来たスッキ(キム・テリ)。実は彼女は秀子が相続する財産を狙う詐欺師”伯爵”(ハ・ジョンウ)の手先でした。秀子が伯爵と結婚するように仕向けるはずのスッキでしたが、純粋な秀子に心奪われていきます。

遺産相続の物語かと思いきや、スッキと秀子が激しく絡み合う女性同士の恋愛も展開。官能小説を読んでいるかの如く艶っぽく、サスペンス小説を読んでいるかの如く濃密で、エロスとバイオレンスも登場するのに、エンタメ感が凄いです。また秀子がたどたどしい日本語で淫らな朗読もあったりなのに、倒錯したエロスと容赦ないバイオレンスが全開でした。

秀子に近づいたのはあくまでも伯爵の命令。けれども、スッキは秀子の純粋さに心打たれ、彼女を伯爵から守ろうとします。そして驚きのどんでん返し。裏の裏に入る構成は流石です。
騙したつもりが騙されて、騙したふりをして騙されつつ自分たちの欲望を満たしていく姿が面白いです。

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お嬢さんネタバレ

投稿日:2017/05/11 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 日韓併合時代の華族に詐欺師たちが紛れ込んで、財産を狙うけども変態な男たちに女性たちが鉄槌を下そうと話。

 シンメトリーな構図や美術に横移動など印象的な映像がさすがのパク・チャヌク作品でした。話も最初に侍女目線で起こった出来事が、お嬢さん目線で全く同じことを描いているのに意味が変わって別の意味に見えてくるという面白さが楽しかったです。叔父さんの前で官能小説を読むときなど第2部のお嬢さんの幼少時代が爆笑必至でコメディ映画としての面白さを堪能できました。

 最初で描かれたことがひっくりかえって、なぜそうなったのかをまた時間軸が戻って描かれて真実がわかっていくという第2部が1番面白かったです。そのため話が大きく動き始める第1部がちょっと退屈に感じてしまいました。第3部で詐欺師目線の話になって、主人公の女性たちの復讐劇で男たちがハメられていくカタルシスも得ることができました。

 最初に詐欺師のセリフで人間関係を一気に説明されるため、人間関係を理解するのに大変だったりしましたが。笑えて復讐劇として楽しい140分でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

変態にサドに、エロ満載にグッタリしたが、傑作です。

投稿日:2017/07/23 レビュアー:カマンベール

R-18。当世、ここまでのヌードシーンは見られません。
○○○同士とはいえ、グッタリしました。
「オールドボーイ」のパク・チャヌク監督が、
ハリウッドで撮った「イノセント・ガーデン」から7年。
力作、問題作、衝撃作であることは、間違いありません。
朝鮮半島に住む日本人華族令嬢の秀子さま。
その財産を狙う、詐欺師と片棒を担がされるメイドのスッキ。
詐欺師はお嬢様と結婚して、その後、お嬢様を精神病院に隠遁させる計画でした。
ここから、秀子さまの叔父、詐欺師、メイドにお嬢様の四つ巴の騙し合いが、二転三転して行くのです。
日本語が70%のセリフです。
すべて出演者は韓国人。
春画、春本収集家の叔父さんがエグいです。
金持ち紳士を客に、秀子さまに春本の、あからさまな言葉を読ませます。これがエロいです。
日本家屋と西洋建築が折衷した邸宅の様式美。
お嬢様の着物姿、洋装の美しさ。
まあ、パク・チャヌク監督の力量をこれでもか、と見せつけられました。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

Seet Dceiver

投稿日:2017/08/04 レビュアー:裸足のラヴァース 2.0

愛の詐欺師の物語 先ずは皿魚の原作の文脈からは外れているのだろう
ファントムフィルムが絡んでいるが まさに全体ファントムな印象
おフランス物でなく 日活ロマンポルノ ずばり神代辰巳「濡れた森」
だ ああ この予算で神代に撮ってもらいたいな

冒頭のうざい説明 混み入っていて わしゃ わからん 主演の二人は
可愛ゆくて見ていられる しかしどうもフェイク 芝居掛かっていて
30分では乗れない 「コクソン」的長さに耐えれば 映画的驚きが
待ってはいるのか 日本人の日本語が怪しくてもへいちゃら 指落ち
拷問もさして痛そうじゃない 物語を越えて 嘘っぱちOKなのね

それぞれの人物はダブル人格の主題 40分経っても 話を追うだけ
つか 演出に冴えがない いや見せないのか 1アワー経って二部と
なると お話の裏が逆転して見えて来る しかしそれって平凡!?
お嬢の子供の頃からのエロ情操教育 ろくでなし子もびっつらの
淫語が子供の口からひょいこら出て来る 明瞭に発声されて気持ちE
w エロ本を成長したお嬢が 講釈師の様にして朗読される 隠微な
秘密倶楽部!

こうして 倒錯したデシプリンによって育てられたお嬢さんは 愛の
覚醒と 拘束からのエクソダスを計るわけだが これはいかなる例え
なのだろうか? 日本統治下の朝鮮なのか 或いはその後の戦後日本
そのものなのか?

そのフェイクな二項対立から ロシアへの逃避行 まるでスノーデン
世界はますます cold blue smoke に霞んで行く 「コクソン」共
映画的強度には欠けるのだが 先の見えぬ世界の曖昧な現代性を
訴える 何かがある映画だ

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

見応え有り

投稿日:2019/02/18 レビュアー:ファンファン

145分という超大作。
原作「荊の城」(こちらも上・下巻の大作)は前に読んでとても面白かったので、期待して観ました。
原作の内容とは多少違い(精神病院の場面、結末など)があるものの、よくぞここまで創ったと感心しました。また原作とは違った雰囲気を醸し出していると思います。

主演の女優さん達が可愛らしく、たどたどしい日本語が妙に色っぽくて、更にエロティックな効果を生んでいるように感じました。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全12件

お嬢さん

月額課金で借りる

都度課金で借りる