フィッシュマンの涙

フィッシュマンの涙の画像・ジャケット写真
フィッシュマンの涙 / イ・グァンス
全体の平均評価点:
(5点満点)

2

  • DVD
ジャンル:

「フィッシュマンの涙」 の解説・あらすじ・ストーリー

個性派俳優、イ・グァンス主演による社会派サスペンスコメディ。製薬会社の新薬治験に参加した青年・パクは、謎の副作用で魚人間に突然変異してしまう。製薬会社の非道な実態を知った国民の怒りが爆発する一方で、パクは若者たちのヒーローとなるが…。

「フィッシュマンの涙」 の作品情報

製作年: 2015年
製作国: 韓国
原題: COLLECTIVE INVENTION

「フィッシュマンの涙」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

フィッシュマンの涙の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
92分 韓:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
KWX1892 2017年05月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
13枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

魚男が直面する現代社会の闇

投稿日:2017/05/08 レビュアー:ミルクチョコ

ネットの掲示板を介し、魚人間のフリーターパク・グ(イ・グァンス)に出会った新人記者サンウォン(イ・チョニ)。彼は、魚人間のパク・グが高額報酬につられて新薬治療の治験者となり、その副作用で不運にも肉体が魚化してしまったと知り、匿名で事件を公表します。
この衝撃的な事件はマスコミの格好の餌食となり、SNSの拡散も手伝って、就職難に苦しむ若者の象徴に仕立てあげられます。

実際には人間が魚になる事はないでしょうが、同じような状況は安易に想像できます。
「大学を卒業しても一流大学でなければ正社員にはなれない」魚男の言葉は、韓国社会への不満を代弁しているように思えました。

そして、「魚男の極秘取材に成功すれば、正社員にしてやるから」と。サンウォンもまた餌に釣られた一匹の魚だったのですね。
彼自身が魚男になっていたかもしれないという現実を思い知ることになります。
最後に魚男がとった決断が、なんとも切ない気がしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

主人公はフィッシュマンじゃない

投稿日:2019/01/24 レビュアー:サランヘ

「人間が魚に」というとホラーっぽいですが、ある意味「金持ちは無罪の国」韓国を風刺したコメディタッチのヒューマン映画ではないかと思います。
普通のホラー映画ですと、えげつなく変態していく過程を見せたりするのですが、本作では最初から「半魚人」は登場します。ただし、その半魚人は主人公とはならず、彼を取材するジャーナリストの卵サンウォン(イ・チョニssi)を中心に、半魚人となった青年を取り巻く社会を描く形で、現代韓国が抱える富裕層と貧困層の格差問題、学歴重視の就職難問題など、様々な社会問題に異を唱えていくという手法がとられています。コミカルに描くことによって笑いながら社会問題に触れさせてくれる佳作だと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 2件 / 全2件

フィッシュマンの涙

月額課金で借りる

都度課金で借りる