四月は君の嘘

四月は君の嘘の画像・ジャケット写真
四月は君の嘘 / 広瀬すず
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

19

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「四月は君の嘘」 の解説・あらすじ・ストーリー

新川直司の人気コミックを映画化した青春ラブストーリー。天才ピアニスト・有馬公生は、母の死を境にピアノが弾けなくなってしまう。高校2年生になった4月のある日、公生は幼馴染みの澤部椿と渡亮太に誘われ、ヴァイオリニスト・宮園かをりと出会う。

「四月は君の嘘」 の作品情報

製作年: 2016年
製作国: 日本

「四月は君の嘘」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

四月は君の嘘の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
122分 日:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV27113R 2017年04月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
422枚 6人 1人

【Blu-ray】四月は君の嘘(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
122分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR27112R 2017年04月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
161枚 0人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:19件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全19件

四月は君の嘘ネタバレ

投稿日:2017/11/21 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 元天才ピアニストとバイオリニストを目指すヒロインが好き好きになって行く話。

 友達が好きな人が好きになってしまう三角関係や母親との関係でトラウマがあったり最後には難病ものになったりとこれでもかとティーン向けの青春映画の王道の要素が詰め込まれていて、音楽をモチーフにしながらそちらの要素は薄くて主人公2人の恋愛要素を全面に押し出していて見ていて恥ずかしくなる映画でした。ロケーションは見ていて気持ちよくてよかったです。桜並木や海辺でのシーンは綺麗でした。

 ヒロインがある嘘をついていますが、そう考えると前半でのヒロインの行動が元気すぎてまるでその素振りがないため何でもありなのではないかと苦笑してしまう設定でした。演奏シーンも重要な要素で主人公たちが演奏を始めると聴いてる人たちが全員感動してしまうというものですが、見ていてそのような感動を得られるものではなく差し替えられてるのかな? とか余計なことを考えてしまう演奏シーンでした。

 もう少し音楽映画としての魅力も見てみたかった映画でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

雑念を払拭できれば

投稿日:2018/03/28 レビュアー:kazupon

ずっと見逃していたが、先日TV放映されたので観ることができた。
この物語のように、実際に楽器を弾くシーンがある作品は大変だと思う。
ピアノ演奏のシーンを不自然ではなく、天才らしく見せられるか?
自由奔放にヴァイオリンを奏でているようにみせられるか?
賢人君、手首がそんなに下がっていてもいいのかなあ。
そんな心配ばかりが雑念となって鑑賞の邪魔をした。
しかし、それ以外の部分では、王道の恋物語。
幼い頃のトラウマに悩む有馬公正(山崎賢人)と、病気と闘う宮園かをり(広瀬すず)。
二人の内面の葛藤や前に進もうとする秘めた力が伝わってくる。
幼馴染の椿(石井杏奈)の揺れる乙女心や、同じく幼馴染でモテモテのイケメン・渡(中川大志)の明るい笑顔が、画面を爽やかにしていた。
こういう悪意の人物が登場しない作品を観るのも良いものだと思った。

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

本当に演奏しているみたいですごいなと思いました。

投稿日:2018/01/21 レビュアー:スヌーピー

原作は知らなかったので見ていて引きこまれ良かったです。青春だなと思う部分とそれだけじゃなくて夢や挫折もあって素敵な映画だなと思いました。

広瀬すずさんのロングヘアもかわいかったし、今まで見たことのないくらい明るい役でかわいかったです。
山崎賢人さんはテレビドラマの役と全然違うしけっこういろいろな役柄を見てきてるのでそのたびに演技力あるなと思いました。実際に演奏してるわけではないのだけど演奏しているように見せる二人の姿もすごいなと思いました。こうせいくんのダメな部分が少しだけのび太に見えました。
友人二人もすごい素敵な二人で良かったです。ラストは想像ついたけど手紙に感動しました。

エンディングのいきものがかりの曲もすごく合っていて良かったです。桜の映像もきれいでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ピアノとヴァイオリンのセッションが見もの!!音楽好きにgood!

投稿日:2017/10/04 レビュアー:カマンベール

広瀬すずちゃんのヴァイオリンの弾き真似、すごく上手いですね!!
身体のダイナミックな使い方(腕の振りやしなり方、プロ顔負け。
変なところで演技者の素質を感じました。
対するピアノの山崎賢君も健闘してました。
手指の動きはピアニスト顔負けです。
ただ身体が硬くてダイナミックな上半身のうねりや反動が物足りなかった。
でも音楽好きには充分に嬉しい映画でした。
天才ピアニストで母親の死に際の一言を悔いて、ピアノの音が消えてしまう公生(山崎賢人)がかをり(広瀬すず)に励まされて、ピアノへの情熱を取り戻します。
でもせっかくの二人のセッションがかをりの難病で叶わなくなるのは、
本当に悲しい切ないラブストーリーでした。
ハンカチ必須ですよ。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

低い評価に騙されないで

投稿日:2017/05/17 レビュアー:colonpan博士

予告のすずの絶叫だけで泣けたので、かなり期待して観た。
涙が止まらない、いい映画でした。
叩いているのは原作アニメのファンだと思うが、原作を知らないこちらにとっては、かなり完成度の高い邦画だと断言してもいい。
特に、音楽映画としては大成功していると思う。
楽曲的にはカプリチオーサ、愛の悲しみなどが使用されていたが、わざと楽譜を無視(音だけは正しい)して派手に演奏したり、ヴァイオリンとピアノのテンポをわざとずらすなど、高度で面白かった。
すずの存在感がファンタジーなので、何の病気か明かさなかったのも良い選択ではないかな。
すずと山崎賢人のあてぶりも相当練習したようで、さまになっていた。
音楽の判る大人なら演奏の大変さが理解出来るので、絶対感動できる筈です。
逆に、クラシックに興味がない人にはまったく響かないかも知れないね。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全19件

四月は君の嘘